数ヶ月前・・・。

「これで、乳首いじめて・・・」

枕元のポーチの中にある細い鎖の付いた洗濯バサミを初めて彼に見せる。
私も彼も心臓のドキドキがわかる。
PCMAX
嫌われるかもと思って、なかなか言えずにいた。

『エッチな所に痛くて酷い拷問をされる』

SMという言葉すら知らない中学時代からそんなことを考えながら自分を癒していた日々。
小学校時代の養父からの暴力体験がそうさせるのか・・・自分自身でも判らない。

でも・・・。

『酷いことをされたい』

抑えようもない感情が行き先のない泉のように湧き出てくる。

高校の頃に女友達と見た雑誌。
女性が全裸で、しかも胸が絞られるように根元から縛られて鬱血している。
心の中に稲妻が走る。

「SM・・・」

(いつか自分も・・・。)

この数ヶ月は、いつ、言いだそうか迷っていた。

「痛いのに、いいの・・・」

「私の大事なところ、ねじって、引っ張って・・・滅茶苦茶にして」

彼に思いの丈を話した。
知らず知らずのうちに私は泣いていた。
そして、彼の眼にも涙・・・。
乳首がいやらしく伸びる。

“パチン!”

初めて彼にしてもらった洗濯ばさみが音を立てて外れる。
乳首の薄皮が剥けて、軽く出血する。
でも、構わない。
思いが一つ叶った。

そして、今、ポーチの洗濯バサミ達は私の股間にあることが多い。
異常に興奮すると自分から「踏んで、蹴って」と自分でせがんでしまう。
足を開いてバンザイの恰好で床に仰向けに寝かせられる。
両手首は一緒にひもで縛り、近くにあるベッドの脚に括りつけられている。
両足はフリーの状態で固定はされない。
そして、股間全体を靴を履いた彼の大きな足で嬲られる。

最初は、軽く踏み付ける程度。
徐々に力が入って、踏み付けられ、踵で煙草を消すように滅茶苦茶に嬲られる。
求めていた酷いこと。
30分も続けられると陰唇が腫れてくるのが分かる。

最後につま先で蹴りが入る。
堪らず両足を閉じてしまう。
けど、すぐに自分自身で開く。
再び蹴りが入る。
10数回繰り返す。

「もっと、もっと、強くして欲しい。もっと蹴って・・・」

酷いことをされているのに、一生懸命それに耐えている自分に興奮する。

彼が言うには、「眼は美しいほどに潤み、唇は何か物欲しそうに憂いをためている」らしい。

机の椅子の背もたれが体の前に来る様に脚を開いて座らされる。
座面と背もたれの間の隙間から、細い鎖の付いた洗濯バサミを、腫れあがった大陰唇の左右に2個ずつ付けられる。
腫れて少しブヨブヨになり、はみ出し気味の小陰唇にも左右1個ずつ。
腫れてフードが捲れなくなったクリトリスにも1個。
あまりの苦痛に、呻きながら必死に耐える。
脚は椅子の背もたれを両端で支えている2本の支柱に邪魔されて閉じることができない。

彼が、ゆっくりと、一つ一つの鎖を引いていく。
大陰唇の洗濯バサミは皮膚を伸ばし、やがて、弾けて外れる。
外れた後の皮膚が更に無残に腫れあがる。
腫れてブヨブヨになっている小陰唇は、無残に引き伸ばされる。
やがて限界がきて、私のくぐもった悲鳴と共に弾けとれる。

「クリトリスの洗濯バサミは、意外にも簡単に弾けとれる・・・」

後から彼に聞いた。
この頃には意識が飛んでいて、あまり記憶に残らない。
ただ、後から鏡で視るとフードは赤黒く内出血している。

小休止の後、椅子に全裸で座らされる。
両腕は体の後ろで背もたれと共に縛られ、両足も開いている。

彼に『Wクリップ』と、『プライヤー』なるペンチのようなものを見せられる。

「どうして欲しい?」

彼が聞く。

「それで、おっぱい、いじめて。乳首摘んでねじって引っ張って。壊れてもいいの・・・」

口に、丸めた自分の下着が押し込まれる。

「望み通りしてやるよ」

彼は呟くと、Wクリップを右の乳首の中ほどに挟む。
苦痛に口が歪む。
彼はそのクリップを軽く引っ張って、乳首を芯にして右に左に捻る。
そう言うと彼は、Wクリップに単一乾電池3個を紐で結いてぶら下げた。
彼は、私の前に姿見を持ってきた。
乳首が無残にだらしなく下に伸びているのが判る。

「右の乳首、伸ばそうね。左の乳首を虐め終わるまでこのままでいてね」

彼が一言いう。
私は歯を食いしばりながら、頷くしかなかった。

今度はプライヤーで私の左の乳首を挟む。
左右の乳首の余りの痛さに目に涙が浮ぶ。
でも、必死に耐える。
そして、必死に自分の無残な胸を見る。
待っていたこの痛み。
この耐える感覚。

これがいいの・・・。

彼は、乳首を挟んだままプライヤーをゆっくり回す。
乳首から乳輪、乳房に向って肉の皺ができる。
挟んだ乳首と乳房は1回転と1/4で限界になる。
そこから、ゆっくりと引っ張られる。
ねじられたまま伸びる乳首、乳輪、そして乳房。
もう、痛みのため、正視できない。
歯を食いしばり声にならない声をあげることしかできない。

「ぇぐーーー」

股間が熱くなるとともに、意識が遠のいていく。