僕は中2のときに一度だけ母とセックスしました。

母は同級会であまり飲めないのに深酒して帰ってきました。
父さんが出張中で、羽根を伸ばしたんだろうと思います。
タクシーの支払いもできないほど酔っていました。

PCMAX

僕がふとんに寝かせると母はすぐ深い眠りに陥りました。
ふとんを掛けようとすると、スカートの中から色っぽい足がのぞいていました。
僕は恐る恐る手をスカートの中に忍ばせました。
でもなかなかおまんこに触ることができませんでした。

意を決してパンティの上から触りました。
起きるのが心配でしたが、全然感じてないようでした。
パンティの上から割れ目に沿って指をなぞったりしてました。
僕はそのままオナニーしました。
そしてすぐイキました。

ティッシュで精液の処理をして部屋を出ようとしましたが、またチンチンが大きくなってきました。
僕も大胆になって、母のパンティの中に手を入れておまんこを弄り回しました。
母は起きませんでしたが、苦しそうな声を発しました。
そしておまんこが湿っぽくなってきました。
僕がどんどん弄り回すと、もう、おまんこはグチョグチョになりました。
気づいた時には、僕はパンティを引き下ろしてしまいました。
そして穴が空くほどおまんこを観察し、夢中で舐め回しました。
母の荒い息遣いと僕が愛液をすする音が部屋に響きました。

僕は指を入れたりするだけではなく、ペニスをおまんこに入れたくなりました。
もちろん、母とセックスしてはいけないと思いましたが・・・。

(中に射精しなければいい)

自分にそう言い聞かせ、おまんこの入り口に大きくなったペニスを宛てがいました。
そしてもう一度考えましたが、そのまま入れることにしました。

難なく入れることができました。
母のおまんこはとても温かく、僕のペニスを締め付けました。
5回ほど突いた時イキそうになりました。
こらえてもう一擦りと突いた時、僕は激しい射精感に襲われ、そのまま母の中に放出してしまいました。
このままずっと出しっぱなしになるのではと思うほど、ドクドク放出しました。

僕は溢れた精液を処理し、パンティを穿かせて部屋を出ました。
でも、次の日から僕は罪悪感でしばらく母の顔を見れませんでした・・・。

(もし母が妊娠したらどうしよう)と心配だったのですが、大丈夫だったようです。

10年以上経った今、あの晩のことを時々思い出します。
本当にもし母が妊娠していたらと思うとゾッとするのですが、あの温かい母のおまんこを思い出すと激しく興奮してしまいます。
でも、あのとき母は本当に寝ていたのかな?
どうなんだろう・・・。