夏休みになると毎年、田舎にあるお婆ちゃんお爺ちゃんの家に家族全員で遊びに行っていました。
お婆さんの家は昔からの農家で、トイレが離れにあるんです。
ちょっと薄暗い場所に離れがあって、当時、子供の僕はとても怖かったのを覚えています。

PCMAX
小学生低学年の頃は、トイレに行くのが物凄く怖くてお母さんに連いて行ってもらっていて、幼い僕には田舎の家のトイレは恐怖スポットの一つでしたww

そんな僕でしたが、中学生の時、夏休みに一人で祖母の家に遊びに行くことになりました。
父はその年は単身赴任で、小学生の妹は習っているバレエの発表会があるとかで母が付き添い、後で母と妹が来ることになったんです。
そんなわけで初めて新幹線に一人で乗って祖母の家まで行くことになりました。
当時、もうお爺ちゃんは亡くなっていて、お婆ちゃん一人で生活していました。
ちょっと不安を感じながらも一人で新幹線に乗り、電車を乗り継いでようやくお婆ちゃんの家に昼過ぎに到着しました。
家に入ると、近所に住むミサキ叔母さんが来ていました。

「一人でよく来たねー、一年見ないだけでこんなに大きくなってー」

笑顔で迎えてくれる叔母。
叔母夫婦は40代でしたが、子供がいなくて、昔から僕を実の息子のように可愛がってくれました。
それで一年ぶりにお婆ちゃんとも再会して、居間で冷たい麦茶を飲みながら、僕、叔母、祖母と三人で話をしました。
学校のことや僕の両親、妹のことや、色んな話をしてふと庭を見ると少し荒れていたんです。
お爺ちゃんが生きていた頃は庭も手入れしていたんですが、やはり年老いた祖母だけになると手入れも行き届かなくなり、草が生えていて、小学生の時に遊んだ庭にある小さい池にも水が張っていませんでした。
大好きな祖父母の家の庭が荒れていることを僕は寂しく思い、「お婆ちゃん、庭を綺麗にしてあげるよ」と立ち上がり手入れしてあげることにしたんです。

「来たばかったりなのにー。いいわよー、そんなこと」

お婆ちゃんはそう言っていましたが、「いいから、いいから。僕に任せて!」と庭に出て、伸びた雑草を抜き、納屋にあるブラシとホースを持ってきて枯れた池を水を出しながら洗ったんです。
炎天下の中、一時間ほどそんな作業をしていると汗だくになってきて、喉が渇いてきたんです。

(ちょっと小休憩するかな)

そう思っていると、ミサキ叔母さんがお盆の上に氷と冷たい麦茶が入った透明のグラスを持ってきてくれました。

「すっかりたくましくなっちゃってー。昔はトイレに行くのにもお母さんに連れて行ってもらってたのにねー」

ミサキ叔母さんが笑いながら言ってきました。

「そんなの昔の話だろー」

「ほんとそうねー。あっという間にこんなに大きくなっちゃってー」

僕を眩しそうに見るミサキ叔母さんが下に落ちているゴミを拾おうとして屈んだ瞬間、叔母さんのTシャツから胸元がモロ見えしたんです。
ほんの一瞬のことでしたが、叔母の胸チラ、ブラチラに釘付けになってしまい、あっという間に勃起してしまいました。
その時の僕は、庭作業するのに短パンに着替えていたので、勃起しているのが丸わかりで・・・。
隠す暇もなく、顔をあげた叔母の目の前に思いっきりテントが張っていました。

「わっ!」

びっくりした声をあげた叔母。
そして、「私の胸で?」と聞いてきたんです。
隠すにも隠せない状況で・・・。

「う、うん・・ごめん・・・」

超気まずいと思いながら返事すると・・・。

「うふふふ、そうねー。もうそんな年よねー。私みたいなおばさんの胸でも、こんなに大きくなってくれるんだー」

って、叔母は優しく短パンの上からテントを張った股間を握ってくるんです。
そして、ゆっくりとマッサージするように揉んできて、「どう?気持ちいい?」って聞いてくる。

中学生で童貞の僕は、初めて女性に肉棒を触られた気持ちよさにうっとりとしていました。
そして、叔母の手コキに酔いしれていると、叔母は手を一旦離して、僕の腕を掴んで離れの方に連れて行くんです。
そして、離れにあるトイレの近くに行くと・・・。

「ここなら見られないわね」

そう言いながら、叔母は屈むと僕のズボンを脱がして勃起したペニスをツンツンするんです。

「すごい立派なおちんちんになっちゃってー」

楽しそうに言いながらしゃぶってきました。

「あっ、おっ、叔母さん・・・」

「どう?気持ちいい?いいわよ。好きな時にイッちゃって」

そう言うと叔母は激しくフェラチオしてきて、僕はあっという間に口内射精をしたんです。
叔母は僕の精子を飲んでくれて・・・。
でも僕はまだ勃起が収まらずにいると、叔母は僕の手を掴んで自分の胸に置いてきました。

「触ってみて」

僕は緊張しながら叔母の豊満なおっぱいをTシャツの上から揉み、柔らかく弾力のあるおっぱいに興奮しました。
Tシャツの中に手を入れると叔母は自らブラを取ってくれたので、僕は生乳を揉み始めました。
手から零れ落ちそうなほどの大きなおっぱいで、僕は叔母のTシャツを捲り、勃起した茶色い乳首に吸い付きました。
叔母は僕の頭をギュッと掴んで、「んっんっ」と喘ぎ声が漏れないように口を手で押さえていました。
僕は夢中になって叔母の巨乳おっぱいに吸い付きました。
そして、スカートの中に手を入れてショーツを触るとお股の辺りが濡れているんです。

(あぁ~、叔母さん!ミサキ叔母さ~ん!)

僕は心の中で叫んでしまいました。
スカートを捲りあげて白いショーツを脱がすと、僕が舐めやすいように足を広げてくれました。
初めて見るおまんこ・・・。
それも親戚の昔から可愛がってくれている叔母のおまんこ。
僕は吸い寄せられるように腰を屈め、おまんこに顔を近づけました。
汗とマン汁で蒸れた物凄くエロい匂いが鼻孔を突き刺すように漂ってきました。

(叔母さんのオマンコだぁ~)

顔中がマン汁だらけになる勢いで必死にクンニしました。
当時、僕は『クリトリス』という言葉も存在も知らなかったんですが、膣口の上にある小さい蕾を舐めると叔母がビクンって痙攣するのがわかり、クリトリスを思いっきり舐めてあげたんです。

「あっ、やっ、あぁ~ん」

喘ぎ声を我慢しながらも卑猥な声が漏れてしまう叔母。
そして叔母は僕を立ち上がらせると、激しくキスをしてきたんです。
舌と舌を絡め合うような激しいディープキスで、僕も叔母の唾液を吸うように激しくベロチュウしました。
すると叔母は壁に手をつき、お尻を突き出してくるんです。

(叔母と近親相姦しちゃう・・・)

背徳感と興奮で僕は挿入しようとしましたが、立ちバックでの挿入は童貞の僕には難しくて上手く入りません。
焦っていると叔母が後手で僕のペニスを掴み、さらにお尻を突き出しておまんこまで導いてくれました。
初めて入るおまんこは物凄く気持ちよく、僕はただがむしゃらに叔母の腰を掴んで犯すようにピストンしました。
本能のままに腰をふり、叔母から漏れる喘ぎ声に酔いしれながら、そのまま叔母に中出ししました。

射精した直後・・・。

(妊娠したらどうしよう・・・)

物凄く不安になりましたが、そんな僕を見た叔母は「大丈夫よ」と言ってくれました。
後で叔母から言われたんですが、どうやら不妊症で妊娠しにくい体質らしいです。

それから僕と叔母は夏休み中、祖母の目を盗んで離れでこっそりセックスするようになったんです。
毎回中出しで近親相姦・・・。
幼い時は怖かった場所だった離れが叔母との密会の場所になり、今では田舎のトイレを思い出すと叔母とのセックスを思い出すんです。