俺が35歳で、母が63歳。
今年の初め、俺が正式に離婚したと母に連絡すると、すぐに母は慰めに俺の所に来てくれた。
未亡人の母で、優しく俺を励まそうとしてくれて有難く感じた。

PCMAX
遅くまで話をし、俺を可哀想に思って涙を流す母に特別な感情が湧いた。

「母さん、今日は泊まっていってよ。俺、母さんに一緒にいて欲しい」

そう言うと、「大丈夫よ。今日は私がついててあげるから安心して」と言ってくれた。

母が「布団ある?」と聞いてきたが、「ベッドで一緒に寝たい」と言うと、母は何かを感じたようだったが了承してくれた。

ベッドに入ると母は、「これから頑張らないとね。私が応援するから」と優しく頭を撫でてくれた。
俺はたまらず母に擦り寄り、「今日だけ甘えさせて」と言うと、母は俺を抱き締め背中をさすってくれた。
俺は母の頬に自分の頬を擦り寄せて甘えるようにしたが、母はすべてを受け止めてくれる感じがした。

口をじょじょに母の口元に近づけ、唇と唇が触れ合うと、母は「寂しかったのね」と言って唇を重ね舌を入れてきた。
夢中で母と濃厚なキスが始まり、母の胸に手をやった。
豊満な柔らかい母の胸を揉み、ブラの中に手を入れて乳首を摘んだ。
母が少し悶えるような感じだったので服とブラを脱がせ、乳首を舐めた。

「あぁー」

微かに母が声を出し反応した。
両方の乳首を代わる代わる舐め、母のスカートの中を弄った。
母の喘ぎ声がじょじょに大きくなると、“母もしたかったんだ”と思えた。
母を全裸にしてオマンコを触ると、既に濡らしていた。

「母さん、気持ちいい?」と聞くと、母は「あぁー気持ちいい」と答えた。

母の両足を広げ、オマンコに舌を這わした。

「ダメよ」

嫌なのかなと思ったが、すぐに喘ぎ声を上げ感じているのがわかった。
母の反応が大きくなり、「健二、イキそう」と囁いた。

「母さん、イッていいよ」

俺がそう言うと母の声が大きくなり、「ダメ、イクッ」とイッてくれた。

「私にも健二のモノ舐めさせて」

そう言うと母は俺の股間に顔を埋めた。
想像より上手い母のフェラに驚いた。
大切なモノを扱うように母は丁寧に舐めてくれた。

「母さん、気持ちいい。母さんの中に入れたい」

そう言うと母は俺の上に乗り、ペニスを握って挿入した。
そして前後に腰を振り出した。

「あぁー母さんの中、気持ちいい」と言うと、「私もいい」と言ってくれた。

母の腰の動きが早くなり我慢の限界に近く・・・。

「母さん、イッていい?」

「いいよ、私もイキそう」

「あぁぁー!イクッ!」

俺は母の中でイッた。
今は母と2人で暮らしている。
毎日のように母に口と手でイカせてもらい、週に2日はエッチしている。