僕の住んでるアパートの二つ隣に住むおばさんの話です。
ブスですが中肉中背で、少し長めのタイトスカートで引きしまった硬そうな尻にいつも興奮しています。

ある日の夜、おばさんが部屋の前でしゃがみ込んでいました。

PCMAX
「どうしたのですか?」と聞くと、泥酔してるようで頷くだけでした。
僕はラッキーと思い、おばさんのかばんから部屋の鍵を探しだし、部屋を開けておばさんを部屋の中まで運びました。

(これはチャンス!)

何度も何度もエロい尻を撫で回していると、おばさんの携帯が鳴り、娘か友人かわからないですが今からこちらへ来るということで残念ながらここで終わり。
僕はパンパンになって苦しむ息子をどうにかしたくて仕方がありませんでした。

(まだ時間あるしな・・・)

ふと部屋の端を見ると洗濯かごがあり、おばさんの下着が・・・ベージュのガードルが入っていました。

(これでとにかく抜いて帰ろう・・・)

ガードルを手に取り広げると、まっ黄色のオリモノがべっとり・・・。

(くっさああああああ!!)

淫臭とおしっこの強烈な匂い。
最高の香りだよおおおおお!おばさん臭いよおおおおおお!
おばさんが寝ているうちに、パンパンの息子を取り出し、しごきはじめました。
とてつもなく臭くて、何日も穿いていたのかと思うほどの匂いでした。
チンポの先っちょから我慢汁がどくどく出てきて、しごくたびにぷちゅぷちゅ音がしました。

(ああああ・・・おばさん・・・こんなエッチな匂いだったんだ・・・最高だよ・・・)

1分もしないで射精しそうでしたが、僕は勿体なくて何度も何度も我慢しました。
しかし時間が無い・・・。

そんなときにおばさんが立ち上がりました。
僕はびっくりして息子を隠しましたが、おばさんはトイレに行きたかっただけみたいで、トイレに駆けて行きました。
ほっとしてトイレの方向を見ると、おばさんはドアも閉めずにこちらに尻を向けながらパンティを下ろし始めました。
ぷるんと大きなお尻が現れ、シャーと勢いよく放尿・・・。
僕はたまらず、息子も最大膨張・・・痛いくらいに。
おばさんのアナルがくっきり見えました。
ドス黒くて大きなアナルと大きなびらびら、陰毛は白髪交じり。
おばさんは全然僕に気がつかず踏ん張っています。

僕はもう我慢できなくなり、真後ろから観察しながらおばさんのガードルの匂いを嗅ぎ、またしごき始めました。

(あああああああああ最高!!!)

するとアナルが盛り上がり、ぶっといウンチが・・・。

(太いよおおおお!臭いよ!!!)

ぶぱぶぱぶぱ!!

ウンチが沢山出て、湯気が上がりました。

もう僕は我慢の限界・・・。
ぴゅぴゅぴゅぴゅ!!!

(ああああ!出る出る!沢山でるううう!!)

その瞬間、玄関のドアが開き、そこに他のおばさんが呆然と立っていました。
僕はそのおばさんの前でぴゅぴゅぴと射精して、床にぼたぼたと精液が落ちました。
興奮のあまり、量といい、勢いといい、すごかった・・・。

「なにしてんの・・・」

僕はびっくりして部屋を飛び出して自分の部屋に入りました。

(どうしよう・・・このままじゃまずい・・・警察?・・・やば・・・)

動揺した僕は、とりあえずあやまらなきゃ・・・と思い、再びおばさんの部屋へ行きました。

「あの・・・すみません・・・」

さっきのおばさんがドアを開けました。

「とにかく入りなさい」

隣のおばさんは泥酔していて布団で寝ていました。

「あんた、なにしてたかわかってる?」

おばさんが言いました。

「とにかくここじゃあなんだから、あなたの部屋に行きましよう」

僕は「ハイ」と答え、急いで僕の部屋にそのおばさんを入れました・・・。
おばさんは、「あんなことしちゃだめでしょ」と言いながら、僕のチンポをズボンから引っ張り出し、しごき出しました。

「ほら、もうあんなことしたら駄目よ」

そう言いながらデブで馬鹿でかいお尻をこちらに向けて、スパッツとパンティを一気に下ろして僕の方に・・・。

そして、「早く入れなさい!」と言いました。

おそらく120センチ以上ある馬鹿でかい尻・・・。
あそことアナルはぬるぬると光っていました。
ツンとあそこの匂いがして、捲れ返ったおばさんのパンティの裏側のクロッチはベトベトに汚れていました。
きっとさっきのシーンを目撃して濡れたのでしょう。
僕のあそこはまたもやパンパンになり、一気にぶちこみピストン運動。
大きな尻にしがみつきながら、1分もしないうちに・・・。

「あああああ、すみません。もう出そうです!」

「いいわよ・・・中で出して!」

もう思いっきり膣内射精・・・それから僕はおばさんの奴隷になりました。
僕の弱みを握っているそのおばさんは、毎日のように家に出入りするようになりました。
おばさん同士は姉妹だそうです。
太った方が姉で年は56歳、隣のおばさんは妹で54歳。
毎日毎日家に来ては、酒盛りに付き合わされ、目の前でそのデブな姉の馬鹿でかいパンティの臭いを嗅ぎながらオナニーさせられます。
イキそうになると途中で止められて我慢させられます。

僕は自宅での仕事なのですが、最近は毎日来るというより同居に近くなり、24時間一緒にいて風呂も一緒、自分で好きに射精させてくれません。
いつも僕のチンポはパンパンな状態で、この前、おばさんが寝ている間にオナニーしていたらバレてこっぴどく怒られ、途中でやめたのですが夢精してしまいました。
毎日悶々とし、最近はおばさんにチンポを触られただけで5秒もしないで大放出。
ぴゅぴゅぴゅぴゅと止まりませんでした。

ある日、おばさん(妹)の部屋で3人で飲んだときがありました。
酔ってきたら姉が僕のちんぽを取り出し、「この子ってとてもいやらしいんだよ」と言いながら、妹の汚れたパンティを僕の鼻につけてちんぽをしごきだしました。

「あんたのパンツよ・・・」

姉がそう言うと、妹が「え??やめてよ!もう返して!」と・・・言ってる最中に僕は久々に嗅いだ妹の臭いで数回の刺激で大発射しました。

「あああああ・・・」

妹さんは呆気にとられ、僕の精子は飛び散りました。

どぴゅううううどぴゅううう・・・。

「ほら・・・やらしいだろこの子、あんたのパンツの臭いで出しちゃったよ」と・・・。

僕はもうすっかりM男になってしまいました。