中学卒業間際の頃の話です。
当時、俺は友達の彼女のことが好きだった。
その友達カップルは、クラスで人気ナンバー1男子と人気ナンバー2女子という組み合わせだった。

PCMAX
そこに人気ナンバー2男子が横恋慕してきて、その男子二人は冷戦状態だった。

そしてある日、その友達カップルの彼女(裕美)が、彼氏以外の男子の中では一番仲良しだった俺のところに、相談というか、愚痴をこぼしに来た。
その時に、「俺も前はお前のこと、ちょっと好きだった(実は今でもすごく)」とか、裕美も「私も和弘のこと、いいと思ったことあるよ」なんて話をしていたら妙な雰囲気になってしまい、その場でセックスしてしまった。
しかしだからと言って、俺が友達から奪って裕美と付き合う勇気もなく、その時はその1回だけで卒業を迎えた。
その後、引越しした俺は裕美とは縁が切れてしまった。

しか~し、この話はまだ続く・・・。

地元大学を卒業し、東京の企業に就職した俺は、24歳の夏に2度目の引越しをし、初めて実家に帰省した。
その時に短大を卒業して前年就職した妹と仕事の話をしていたら、「うちの会社にお兄ちゃんの同級生らしい人がいるよ」と言う。

「え~、なんて奴?」

そう聞いたらなんと裕美だった!
しかも今はうちの近くで一人暮らししてるという。

俺「それ、思いっきり同級生だよ。うちにも2~3回来たことあるよ」

妹「え~!私、先輩の中で裕美さんが1番仲いいんだよ。今から呼ぶ?」

俺「う~ん・・・どうしようかな(微妙に気まずい)」

結局、妹が電話で裕美を呼んで、気まずいどころか大盛り上がり。
その後、正月休みに帰省して会った時に「遠距離恋愛しよう」ということになった。

それからしばらく付き合っていて、(もしかしたらこのまま裕美と結婚かな~)とか思っていた。

しかし俺が26歳の時、1番お気に入りの後輩女子(由子)が同じく後輩の彼氏とうまくいってないらしく、まだ別れてはいないものの俺になびく素振りを見せてきた。
そして、タイミングが良いのか悪いのか、もともと俺と同じ課だった後輩彼氏が別の課に異動、別の課だった由子は俺と同じ課になった。
しかしだからといって俺に彼女を奪う勇気はまたしても無かった。

そんな膠着状態が一ヶ月ほど続いた後、退社する先輩の送別会に、俺、後輩彼氏、由子の3人も参加した。
ほとんど全員参加した二次会の後、後輩彼氏は由子を置き去りにして、「何人かと一緒にラーメン食いに行く」と電車に乗って行ってしまった。

由子が俺の所に来て・・・。

由子「和さん。今日、何使って来たの?」

俺「チャリ」

由子「え~、チャリ?」

俺「何?送れってかい?その前にお前らどうなってんの?」

由子「もうずっと口も利いてない」

俺「そういうのは、ちゃんとはっきりさせた方がいいんじゃないの?」

由子「・・・」

俺「まぁ今日のところは送ってやるよ、チャリでwその前に俺、ラーメン食う」

後輩彼氏たちとは別の、すぐ近くにあるラーメン屋に行った。
ラーメンを食べ終わった俺たちは、チャリ2ケツで由子の自宅に向かった。
地理的位置関係を説明すると、ラーメン屋からチャリで10分弱の所に俺のアパート。
更に5分くらいに会社、更に30分ほど行った所に由子の自宅がある。
そして俺のアパートまであと数十メートルの所で、ラーメンを食い終わってから会社に戻って車に乗って自宅に向かっていた後輩彼氏とバッタリ会ってしまい、由子と2ケツしてるところを見られてしまった。

俺「ヤバイな」

由子「関係ないよ」

俺「関係なくないよ。お前らちゃんと別れたわけじゃないんだろ」

由子「・・・」

俺「でも俺も覚悟決めたよ」

由子「えっ?」

俺「ウチ寄ってけよ」

由子「あ、あぁ」

俺「嫌ならいいけど」

由子「嫌じゃない」

俺「よし」

正直俺は、由子の小柄でロリロリだが胸だけは大きい身体に以前からそそられていた。
由子をオカズにオナニーしたことも何度もあった。

部屋に入るなり襲いかかるように由子をベッドに押し倒し、下だけ脱がし、シャツを捲り上げた状態でセックスした。
普段よりもずっと早くイッた。
勢いで中出ししたが1発では俺のモノが収まらず、そのまま抜かずの2発目に突入。
2発目は二人とも全裸になってじっくり時間をかけてイッた。

俺「もう後には引けないな」

由子「そうだね」

その時、俺は遠距離恋愛中の裕美のことなどすっかり頭から消えていた。
俺の気持ちは完全に由子に傾いていた。
顔は地元彼女の裕美の方が美しかったが、身体は後輩彼女の由子の方がずっと魅力的だった。
セックスに対しても由子の方がずっと積極的だった。

そうなると裕美とはきちんとケジメをつけなきゃならない。
そして次の長期連休の時、一緒に来たがる由子を説き伏せて別れ話をする決意で一人帰省した。
しかし結局、裕美に別れ話は出来なかった。
やっぱり裕美は綺麗だった。
身体は胴長短足貧乳だが、顔はアイドルや女優と比較しても劣らない美人だった。
そんな女との繋がりを自ら断ち切るなんて、特にモテるわけではない俺には出来なかった。
その時の、後ろめたさを持ちつつするセックスは最高の快感だった。

果たして俺は地元彼女の裕美と、会社後輩の由子との二股恋愛を続けることとなった。
それは一方に片寄ることなく続き、あっという間に俺は30歳になる。
さすがの俺も結婚を意識するようになり、(どうにかしなきゃならないな・・・)と思い始める。

由子とはローターやバイブ使ったり、アナルセックスまでしていた。

(アナルまでやった女と結婚していいものか?)とか、(家柄は裕美の方が圧倒的に上だな)とか、打算的な考えが頭をもたげてくる。

しかしそこに第3の女が現れる。
その頃、会社ではある仕事を別の部署と共同で進める話が持ち上がっていた。
担当者と顔合わせの日、俺は通常なら全く縁のない場所である小さな会議室に赴いた。
そこにいたのが入社2年目の有希だ。
顔もスタイルも俺好みで、なんとも言えない少女っぽさを持っていた。

「今まで一目惚れはない」と断言出来るが、「もしかしてこれが一目惚れってやつ?」と心でつぶやいた。

話をしてみるとその思いは更に膨らんだ。
どちらかと言うと男に媚びたり甘えたりが上手な裕美や由子と違い、クールな有希はとても魅力的だった。
出会ったばかりの頃、有希はなかなか俺に心を開いてくれなかったが、同郷人だということが判明してからは急速に親しくなった。
意外なことに社会人になってからは彼氏無し、こっちの暮らしにはイマイチ馴染めないらしい。
それもそのはず、彼女の実家は同郷とは言ってもはずれもはずれの超ド田舎。
私服のセンスもダサかった。
おしゃれなデートスポットみたいな所に一度も行ったことがない。
それで同郷人の俺に心を開いたわけだ。

(風は俺に向かって吹いている!)

裕美のことも由子のこともすっかり心の中で棚上げして、俺は有希に告白する決意を固めていた。
実は俺が女性に「付き合ってくれ」と言うのはこれが初めてだった。
由子も大学時代の彼女もまず勢いでセックスで、そのままなし崩し的に付き合う感じだった。
裕美と再会して付き合った時も妹にくっつけられたようなものだった。

有希をおしゃれなデートスポットに誘い、帰りの車の中で告白すると、答えは「OK」だった。

これでいよいよ裕美と由子のことをなんとかしなきゃならない。
しかしまたしても俺はきちんとケジメをつけることが出来なかった。
アナル、バイブ、イラマチオ、なんでも出来る由子とのセックスは気持ち良かった。
そんな女を手離すのが嫌だった。
裕美に対しては距離の遠さが、“まぁそのうち”みたいな甘い考えを俺に抱かせていた。

実際、この三股生活は充実していた。
タイプの違う3人の女とは、会話もセックスもいつも新鮮だった。
この生活がずっと続けばいいと思っていた。

しかし、そうは問屋が卸さない。
有希に由子のことがバレたのだ。
なぜか有希はセックスの後に話を切り出してきた。

「彼女(由子)とはいつから付き合ってるの?」

俺は顔面蒼白になった。
頭をフル回転して言い訳をした。
有希は全く俺の話を受け付けなかったが・・・。

「由子とは同じ職場で別れて気まずくなるのが恐かった」
「由子とは絶対に別れる、今日これから話をしに行ってもいい」

有希は少し納得したような顔をした。
しかし、「少し時間が欲しい」と言う。

『一ヶ月』

それが有希の要求した時間だった。
その間、頭を冷やして考えたいと言う。
こうなるともう他の2人は切るしかなかった。
俺は有希のことが1番好きだったのだ。

由子との別れは最悪だった。
どうしてももう1回由子とやりたかった俺は、セックスの後に別れ話を切り出した。

「毒喰わば皿まで」の心境だ(ちょっと違うか?)。

由子は激しく逆上し、俺を罵り、拳で俺の顔を殴った。
小柄な由子の拳は全く痛くなかった。
由子は涙で顔をグチャグチャにして出ていった。
駐車場の俺の車のドアはベコベコにへこんでいた。
へこんだドアの写メと共に有希に報告のメールを出したが、有希からの返信は無かった。
残るは裕美だが、ここでまた甘い考えが浮かんでくる。

(有希が戻ってくれなかったらどうする?)
(どうせ裕美のことはバレてない・・・)

そんな事を考えているうちに約束の一ヶ月は目前に迫っていた。
一ヶ月まであと2~3日というところで有希から電話が来た。

「小島さんと付き合うことにした」

小島とは関連会社から3年の予定で出向してきている、向こうでは出世頭らしい、俺の2歳下の男だ。
小島とは趣味が同じなので、うちの会社に来て1番最初に親しくなったのが俺だ。
小島は、俺と有希のことは知らなかったので、以前から「付き合ってくれ」と言われていたらしい。
俺は小島に対して一瞬怒りの感情も覚えたが、同時に“小島ならいいか”とも思った。
小島はいい奴だった。
俺は、裕美と別れなくて本当に良かったと思った。

(もう俺には裕美しかいない。これからは裕美を大事にしていこう・・・)

長い付き合いでもうとっくに結婚していてもおかしくない俺と裕美だったが、結婚に踏み切れなかったのには理由がある。
裕美の父親が創業社長で、彼女は3姉妹の長女。
結婚したら父親の会社の跡を継ぐという話が必ず出てくると思ったからだ。
そうこうしているうちに由子や有希が俺の前に現れた。
でも今はそんな話が出たら受けてもいいとさえ思っていた。

(今度の3連休は実家に帰ろう、帰って裕美に会おう!)

しかしその考えは打ち砕かれる。

突然裕美から電話が来た。
見合い結婚するという。
30歳を過ぎて結婚の『ケ』の字も出さない俺に、父上が愛想を尽かしているらしい。
裕美は多くを語らなかったが、恐らく相手もそれなりの家柄の男だろう。
裕美は泣いて謝っていたが、それが俺には辛かった。
俺は最後まで優しい男を演じて電話を切った。

落ち込んだのはもちろんだが、出てきた言葉は、「こりゃ和美(妹)に怒られるなぁ~」だった。

ついに俺は独りになった。
現在38歳、彼女無し、仕事順調、趣味充実!
でも最近セックスしてないなぁ~w