幼小中高校と一緒だったA子の話。

A子はとにかく手癖の悪い子だった。
まさに、「お前のものはアタシのもの、アタシのものはアタシのもの」のジャイアニズムをポリシーとして生きており、自分がいいな、欲しいなと思ったものは何でも他人から奪う。

PCMAX
文房具でもカバンでもリボンでも、図工の時間に書いた絵でさえも、片っ端から腕力で奪う。
給食も好きな物だけ他人から奪いまくって食う。
当然のことながらA子は肥満を超えた巨体で、巨体から繰り出すパンチやキックは男性教諭すらたじろがせた。

親に苦情は山ほど行ったが、親も典型的なモンペだった。
苦情を言った教師や親に逆に食ってかかり、学校に呼び出しを食らっても、その帰りに備品のスリッパやら他人の傘をごっそりパクって帰る豪傑ぶり。
その母親とA子は顔も巨体も性格もそっくりだった。
父親は見たことないから知らん。

小学校まではクラスメイトの物品を強奪するだけで済んでいたが、中学になると万引き(というか堂々とした窃盗)にエスカレートした。
でもモンペの母親が暴れて店に嫌がらせして終わり。
警察沙汰にして少年院にぶち込んでくれんかと俺らは願っていたが、なかなかそんな朗報は入ってこなかった。
A母子が出入り禁止になる店がやたら増えまくっただけだった。
学校も評判が落ちるのを恐れてか表沙汰にしたくないようで、その弱腰をA母子に付け込まれていたようだ。

だがそんな肉弾A子にも思春期が訪れる。
A子のターゲットとなった男はなぜか2人いた。

1人はサッカー部のエースで、爽やかイケメンなB男。
学校一番のモテ野郎だった。
ちなみに彼女なし。

もう1人は、なんでだか俺だった。
俺は小中と足が速いだけの真っ黒いチビだったが、高校に入る直前から背がガンガン伸びて、気がついたら185センチにまで届き、顔はフツメンだが陸上部とバスケ部の掛け持ちでどっちもレギュラーになった辺りから女子にちょっぴりモテ始めた。
いわゆるモテ期だった。

俺には彼女はいなかったが好きな子はいた。
同じ陸上部のボーイッシュでキリっとした、スレンダー美少女のC子である。
C子は男子人気こそ高かったが、あまりにキリっとしてて近づきがたい雰囲気があり、なかなか告れる雰囲気ではなかった。
だから表立ってはむしろ女子人気の方が高かった。
宝塚的なキャーキャーって感じで、女子の下級生がよく騒いでいた。

さて、手癖が悪く性格も悪いA子は、高校の時点で体重が100キロ近くなっていた。
冬でもシャツが汗びっしょりでブラが透けていた。
見たくねえ!
おまけに歯をめったに磨かないらしく、虫歯だらけで口を開けると真っ黒。
口臭も半端ねえ。
髪も、いつ洗ったんだ?ってくらい脂ぎってる。

そんなのにいきなり腕を掴まれ、体を押し付けられ、顔を寄せられ、肘に乳だかなんだかわからん脂肪を押し付けられ・・・。

「彼女になったげてもいいよ♪」

などと言われた俺は、ただパニックだった。
大体俺は小学生の頃、A子に買ったばかりのシャーペンを奪われ、抗議したらぶん殴られ、吹っ飛んでゲロを吐き、保健室に運ばれたトラウマがあるのである。
工作の時間に彫刻刀を投げられたこともある。

「チビにこんなものいらないよね~」と、わざと給食の牛乳を蹴り倒されたことも一度や二度じゃない。

なんでそんな妖怪を彼女にしたいはずがあるだろうか。
でも情けないことに俺はA子に対するトラウマが強すぎて、「ふざけんな!鏡見て出直せ!!」の一言がどうしても言えず、無言で逃げることしか出来なかった。

A子はイケメンB男にも積極的なアプローチを始めた。
俺にやったのと同じく巨体を密着させ、口臭攻撃を繰り出し、万引き品を貢ごうとした。
もちろん逃げるB男。
なによりモテ男のB男には、“ファンの女子生徒”という強力な盾があった。
B男に近づくA子を、その女子生徒たちは数に物を言わせてケチョンケチョンに貶し、ぶっ潰したらしい。
取り囲まれて、「ブス」「ブタ」「バイキン」「不細工」「泥棒」「嫌われ者」「バケモノ」とさんざん罵られて、A子は生まれて初めて泣きながら敗走したという。
恐らくA子の人生初の敗北であり、初の挫折。

他の女子なら同情もするし庇いもするが、さすがにA子だけは庇う気が起きなかった。
他のみんなもそうらしかった。
誰も止めなかった。

泣きながら家に帰って来たA子を見て、「いじめだ!」とモンペ親が学校に乗り込んできたが、小学生の頃じゃあるまいし、悪口言われて泣いただけで学校が真面目に取り合うはずもない。
世間も、万引きや窃盗に対して弱腰な姿勢ではなかった。
色々追求されてボロが出た母親は、捨て台詞とともに泣きながら敗走。
長くこの一帯に君臨してきたA母子の独裁に亀裂が入った瞬間だった。

母親が負けて帰って来たこと、自分がリンチ同然に一方的に罵倒されまくったこと。
その事実は、かなりA子の自信を砕いたようだ。
B男の周囲には相変わらず親衛隊がいて近づけず、俺はと言えば、そんなファンの女の子はいなかったが同じ陸上部とバスケ部のやつらが守ってくれ、A子が近づいてくると見るや、情報を素早く流して逃がしてくれたりした。
その逃走劇の過程において俺はC子と親しくなることもできて、メル友に昇格した。

A子は生まれて初めて手に入らないもの(恋人)ができて、改めて自分に友達がいないこと、それどころか嫌われていることを自覚したらしい。
そこで反省して改心するならいいんだが、A子は開き直った。
以前は、横暴でもジャイアンのような明るさがあったが、A子は陰気になった。
より太り、より不潔になり、人とすれ違っただけで睨み、下を向いてブツブツブツブツ1日中誰かの悪口を言っていた。
はっきり言って病んでた。
怖かった。

授業中に、「どいつもこいつも!!!アーーー!!!」って奇声をあげたり、体の小さい1年生を意味なく全速力で追いかけ回したりした。
教科書が破られたり、机に『死ね』と落書きがしてあったりしてたからイジメかと思いきや、A子の自作自演だったりもした。

そんなある日、A子がついにキレた。
部活が終わって帰ろうとしたら、サッカー部の方がなんかうるさい。
というか騒ぎになってる。
A子の悲鳴というか怒号と、サッカー部顧問の声と、B男も混じったサッカー部員の怒鳴り声がする。
他の教師も駆けつけてきて、「生徒は入るな!」と突き飛ばされた。

後から聞いたところによると、A子はB男にレイプされたという狂言を仕組もうとしたらしく、授業をさぼってサッカー部室で裸になって待ってたらしい。
B男はエースだけあって一番熱心で、だいたいいつも部室に一番乗りするから、B男が来たところで押さえつけてナニして、「レイプされた!責任とって結婚して!」とかやるつもりだったらしい。
完全に頭がおかしい。

しかしその日、B男は一番乗りは一番乗りでも、他のやつらと連れ立って入ってきた。
そこには薄暗い部室のベンチに座る、ほとんど素っ裸の、臭気を放つA子。

B男ら悲鳴。
B男は逃げたが、逃げ遅れたやつがA子に捕まる。
イケメンだけに友を見捨てられず、助けに入ろうとする。
しかし、他のやつらが止める。
騒ぎを聞きつけて顧問が来る。
顧問も悲鳴。
騒ぎが大きくなる。

・・・こんな流れだったようだ。

ちなみにそのレイプ狂言のくだりはなんかの少女漫画を参考にしたそうだ。
A子はなおもレイプを主張したが、当然ながら誰も信じなかった。
そしてA子は停学になった。
俺的には退学にして欲しかった。
モンペ母はまた来たが、追い返された。

停学明け、なぜかA子は、「真実の愛に目覚めた。男なんか不潔で汚い」と言ってC子に告った。
しかしC子ファンの女子生徒、隠れC子ラブの男子、そして俺にコテンコテンにされて再度敗走。
やつは俺とC子がいい感じになりかけているのを鋭い嗅覚で気づいたらしく、俺たち2人の悪い噂(妊娠中絶とか、クスリとか、すごいのになると銀行強盗とか)を流そうとしたが、もちろん誰も信じなかった。
むしろ俺とC子は共通の被害者ってことでさらに親密になれた。

A子はその後、「あんたたちのどっちでもいいからアタシと付き合え!」と主張して校内で殴りかかってきたので、俺がC子を庇ってわざと殴られた。
そしてわざと派手に吹っ飛んでやった。
このことで過去のトラウマも克服できた。

殴ったことでまた問題になって、やっとA子は自主退学。
モンペ母は来なかった。
そして学校に平和が戻った。
めでたしめでたし。

俺はその後、C子と付き合えました。
告ろうとチャンスを窺ってるうちに、なんか事実上付き合ってるみたいな雰囲気になって、「俺たち付き合ってるよね?」って聞いたら、「え、違うの?私だけがそう思ってるんだったらショックなんだけど」って言われた。
こっちが本当の、めでたしめでたし。