一般に、非処女と結婚した場合でも奥さんの元彼を知らない場合が多いものです。
だから、奥さんが元彼に乳房を揉まれて乳首吸われて、オマンコ舐められて喘いでいる姿を想像しても、元彼はどこの誰か知らない男に過ぎないのが普通です。
でも私の場合は、妻が身体を許した元彼2人を知っています。

PCMAX

妻は、就職先の同期です。
私は大卒、妻は高卒で入社したので、年齢は4歳違います。
高校時代に学園のアイドルだった妻はとても可愛くて、入社当時から大人気でした。
私も妻がお気に入りでしたが、群がる男性社員の中に割り込む勇気がありませんでした。

私は同期で飲みに行った後に、大卒の同期の女子社員と飲み歩き、その時に終電を逃してラブホで一夜を過ごしました。
そんな流れで関係し、しばらくの間は、その女子社員と付き合っていました。
しかし、そんな関係は長続きせず、お互い他に好きな人ができて別れ、他の人と付き合ったりしていました。
その間、妻は大卒同期で一番チャラかった男とくっついて処女を奪われました。
他の同期や妻に惚れていた独身社員は、「よりによってあんな奴に処女をあげたなんて・・・」と意気消沈していました。

翌年、そのチャラい同期は新年度の新入社員に密かに乗り換え、二股をかけていたのがバレて妻と破局しました。
妻がフリーになっても、チャラ男にハメ倒された過去から、以前ほどの人気はありませんでした。
それでも言い寄る社員もいて、今度はチャラ男と真逆の大卒の真面目男と付き合い始めました。

しかし翌年、同期の飲みの席で、真面目男がチャラ男に・・・。

「俺が処女から仕込んだ女の味はどうだい?お前さんで満足させてくれてるかい?」

そう言われてブチ切れて殴り合いになり、二人とも懲戒処分を食らい、真面目男と妻は破局したのです。
妻と付き合った男が後にロクな目に遭わないというイメージがついて、二度目のフリー状態には誰も名乗りをあげませんでした。

私と妻が接近したのはその一年後、私26歳、妻22歳の時でした。
技術部の私と広報部の妻が二人でサンプルを持って出張することになり、このとき初めて会話を交わしました。
出張の帰り道、「そういえば同期だったよね?」となって、当時、私も妻もフリーだったからそのまま飲みに出かけたのが始まりでした。

「君の元彼二人、飛ばされちゃったね」

「もうその話は思い出したくないな。私、男運が無いのかも」

「そうかもね。今は同期なのに、今回初めて話した男と飲んでるんだもんね」

「私と付き合うとロクなことないって思ってるでしょ?」

「それは同期のアイドルと付き合えるレベルの男が思うことでしょ。俺は対象外だろ」

「そんなことないわよ」

「じゃあ、いきなりラブホに誘ったらついてくる?」

「えっ?・・・」

この日、酒のせいもありましたが、流れでラブホに入りました。
ほろ酔いの妻は薄っすらと頬が赤く、目が虚ろで、まるで未成年のように可愛いかったです。

「君は入社当時と変わらないね。まだ高校生みたいに純情に見えるよ」

「そんなことないわ。もう、汚れちゃってるし・・・」

抱き寄せて唇を重ね、舌を絡ませながら、(この唇と舌でアイツらのチンポを舐め回していたんだな・・・)と思ってしまいました。

シャワーを浴びた後に初めて妻の裸を見ましたが、線が細く、身体も高校生のように幼さを感じました。
小ぶりのオッパイを揉み、そして舐めながら、(この可愛らしいオッパイもアイツらが揉んで舐め回してしたんだな・・・)と思いました。
そしていよいよ、同期のアイドルの足を開かせるときが来たのです。

(アイツらにハメ倒されて、オマンコがドドメ色になってたりするのかな?)

不安でしたが、恐る恐る両足を広げてオマンコの色と形を確かめたら、なんとも綺麗なサーモンピンクでした。

(あのチャラ男のチンポが初めてここに入って、痛がる可愛い同期のアイドルを眺めながら、処女膜を切り裂いて血させたのか・・・)

22歳のオマンコを舐めながら、そう思ったら切なくなりました。
そして、私のチンポを舐める妻を見て、(この舌を上手に使うフェラのやり方をあのチャラ男が教え込んだんだ・・・)と思ったら、哀しくなりました。

いよいよ挿入という時・・・。

「コンドームはしてね。そのままはダメよ」

そう言われて、残念な気持ちと共に、(アイツらも生ではさせなかったんだな!)と安心しました。
でも、私のチンポが出し入れされるたびに身をくねらせて感じる姿を見て・・・。

(セックスの快楽をあのチャラ男が仕込んで、チャラ男もこの可愛いオマンコで快楽を貪ったのか!)

そう思ったら、嫉妬で痛いほど勃起してきました。
その時、妻が・・・。

「えっ!あっああーーーっ!や、やばいかも・・・そ、そこはっ!ああああ~~~」

細身の体を仰け反らせて、ジュワジュワと愛液を噴きながら痙攣していました。
射精を終えたコンドームを処理していると、妻が精液だらけのチンポを握ってきました。

「流れで抱かれちゃったけど、これ、凄かったな・・・。痒い所に手が届く感じなの・・・」

そう言いながら可愛い顔でニギニギされたら、またムクムクしてきて、新しいコンドームを被せて二回戦に挑みました。

初めて男女の関係になって1年後、私27歳、妻23歳で結婚しました。
妻の処女膜を破って捨てた男、それを拾って楽しんだ男、どちらも面識があります。

「一度抱かれたら離れられなくなるって、本当にあるのね」

女子高生みたいに可愛い同期のアイドルにそんなこと言われたら、結婚したくなります。
妻は私が三人目ですが、顔も身体も可愛くて、飯が美味くて、気立てが良くて、私のチンポが大好きで、子供の面倒もよく見るし、言うことありません。
結婚して7年、30歳になった妻ですが、今でも可愛い未成年顔です。
ハメすぎたせいで、オマンコは紫色になってしまいましたけどね。