高校3年の時。
家にいるときは大体部屋にこもってた。

ある日、同じ学校に行ってる1コ下の妹が、隣の部屋で友達と話してた。

PCMAX
ぼそぼそしてよく聞こえないが、たぶんいつものAちゃんだろう。
ちなみに2人ともモッサイタイプで全く萌えない。
この話とは無関係。

その日、ツレが貸してくれた写真集で抜きたいんだが集中できない。
ちなみに広末の『H』ってやつだ。
見てみたら全然Hじゃなくてへこんだが、まあ可愛いからぺらぺら捲りながらチンコを弄ってた。

隣の部屋から妹たちが出てくる音と、「駅まで送ってく」とかなんとか聞こえて出ていった。
推定往復時間30分だな。
おやじは仕事、この日はかーちゃんは遅番。
これでうちには俺1人だから落ち着いてオナニーできる。
広末もいいが、いまいちエロが足りん。
そのうち立ち上がってドアに貼ってある雛形と向かい合いながらシコシコした。
俺は立ってオナニーするとなぜか乗ってくる。
イキそうになってきてティッシュを取ったら、1枚しかねーじゃん!
1枚じゃ押さえ切れん。
気分は乗ってきてたが、撒き散らすわけには・・・。

(そうだ、トイレで撒き散らそう!)

そのときの格好はTシャツで下丸出し。
チンコを出して握って、イク寸前でトイレにGO!
ガチャってドア開けて即座にどぴゅ!

(え、何?この子、誰?)

どぴゅ、どぴゅ。

目が合ったまま時間は止まったが、その子のおしっこはまだちょっと出ていたみたいだ。
おしっこ出しながら、「何?ひ、ひ、ひー」って引き攣っていた。
俺もわけがわからない状態でトイレットペーパーでチンコを拭いて、その子の足の間から便器に紙を捨てた。
どぴゅがスカートと足に少しかかったのはまだ許せるとして、問題はその子のパンツの内側にそこそこの量がかかっていた。

誰もいないと思ってた家で突然知らない人に遭遇する恐怖。
その瞬間は萌えるとかエロとかそんなの関係ねえ!
ただただ心臓がドキドキ。

パニクったまま、「とにかくこっち来てー」と手を引っ張って、俺はチンコを出したまま、その子はまんこを拭く余裕もなくてパンツは膝くらいまで下ろしたまま、そのまま居間まで連れてった。
泣きそうになりながら精子がついたパンツを上げようとするから慌てて止めた。

(そんなことしたら妊娠するかも!)

って、童貞ならではの心配をして、彼女もパンツに精子がついてることを知って青ざめた。

「わー、わー、ごめん、洗って返す」

彼女も放心状態のまま「ハイヒ」とか言って脱いで、パンツを俺に渡した。
とりあえず預かった。
お互いに冷静だったら、こんなやりとりにはならない。

俺はやっと短パンを穿いた。
時間が経つと案外と落ち着いてくるもんで、よく見たら割と可愛い。
学校で見たことがある。
割と人気あった気がする。
でも妹の友達とは知らなかった。

「すまん、誰かいるって知らんかった」

とりあえず謝った。

彼女(S子)から見た状況はこうだった。
3人で部屋にいて、S子はマンガを読んでいた。
Aちゃんが、「帰る」と言った。
妹は駅まで一緒に行ったが、マンガがいいところだったのでS子は妹の部屋に残った。
兄貴の俺がいるとは知らなかった。
妹は何も言わなかったみたいだし、俺はオナニーがしたいから気配を消していた。

で、トイレに入ったら鍵がかからない。
ドアはガタがきてて、じつは鍵を掛けるのにはちょっとしたコツがいる。
でもまあ誰もいないからいいかと思っておしっこをしてたら足音が聞こえてきた。

いきなりガチャ。
いきなりチンコ。
いきなりどぴゅ。
で、放心状態。

話はしどろもどろだったが、まあこういうことだった。
苦笑いだか照れ笑いだかわからないが笑ってて、死ぬほどびっくりはしたものの怒ってはいないらしい・・・。
そう分かってほっとしてたら妹が帰ってきた。

「あれ、アニキいたんかー。あれ、S子も一緒。話してたの?ひょっとして前から知ってたっけ?」

ついさっき知り合い以上の関係になった。

成り行きでその場で少し3人で話したが、意外と活発系で結構可愛い。
しかも今はノーパン。
しばらくして妹が「送るよ」と言ったのを断って1人で帰っていったがノーパンだ、どうする?
俺は妹に見られないように、自分の白ブリーフを持ってこっそり追いかけた。
ノーパンを気にして歩いてたせいか、すぐに追いついた。

「ないよりマシだから」って渡したら、ユーズドブリーフなのにすごい嬉しそうに、「よかったー」と言った。

よほど不安だったんだな。

高架下の目立たないところに行って穿かせた。
白ブリーフ界広しと言えど、女子高生をここまで喜ばせ、役に立ったのはお前1枚だけだろう。

「本当にすまんかった。返さんでいいから」

もう一度真剣に謝った。

「あたしのも返さんでいいから、アニキさんお願い、見ないで捨てといて!お願い!」

(すまん、今、穿いてるー!)

<後日談>
高校時分に、好きな女子から生パンツをもらったやつがどれだけいるか?
いや、逆だ。
生パンツをもらったのがきっかけで好きになったやつがどれだけいるか?
少なくとも1人いる。
それがこの俺だ。

なんてロマンチンコな出会いだろう。
お互いに下半身丸出しで見つめ合いながらどぴゅ。
嫌われるどころか妹が登場してくれたおかげで普通に話せた。
そこから1時間足らずでパンツ交換。
これを運命的と言わないなら、ちんこ的と言うしかない。

モッサイ割にはするどい妹が、何かを勘ぐってるようだ。
パンツ交換までは見抜けないだろうが、追いかけたのはバレてた?

「S子、今彼氏はいないけど、どーするー?」

「ななな、な、何言っとんだ!そんなんじゃねー」

「なんだ、違うんか、ほーん」

とか言いながら、またS子を家に連れてきてくれた。
妹よ!お前いいやつだ、モッサイけど。
幸せになれよ、モッサイけど。
(ちなみに今は金持ちと結婚してやがる。子供は4人)

俺は考えた。
これは、今まで女をエロの対象としてしか見れなかった俺の初恋じゃないのか!
やりたいとかオカズにすることはあっても、「好きか?」と言われたらピンと来なかったし、相手を喜ばせる喜びというものは、S子に白ブリーフを穿かせるまで気づかなかった!
俺のせいだというのに、S子は白ブリーフを穿いて感謝してくれた!
俺は嬉しかった!
そうか、これが・・・恋か。

そのS子が家に来た。
どうする?
まずはS子のパンツに穿き替えて挨拶だ、これ基本。
あれ、Aちゃんもいるのかよ、チッ、まあいいか。
この間からの気まずさでお互い苦笑いだけだが、今日はこれで勘弁してやる。

と、思ってたんだが、またこのモッサイ妹が変に気を利かしてかたまたまか、前回と同じ状況を作りやがった!
つまりS子と2人きり。
お前、ほんといいやつだな、モッサイけど。
だが妹よ、お前はあの事件を知らないからキューピッド気取りなんだろうが、こっちは相当に気まずいのだ!
でも、あれ、待て。
S子も気まずいなら一緒に出ていくはず。
俺と2人になるってわかって残ったってことは、満更でもないのか?
期待していいのか?

1人で部屋にいたんだが、ドアから音がコンコン。

「アニキさん、ちょっと話さん?」

来た!

ドキドキした。
ちょっと悩んだが、部屋じゃなく居間で話すことにした。
S子は割とさっぱりした性格なので結構腹を割って話せた。

S子「あたしノーパンで、アニキさんちんこ丸出し!けど何もせんかったもん。パニクり終わって考えたら、この人はいい人だなって」

S子は処女じゃなかった。
前彼はやりたがりで強引でちょっと嫌だったんだと。

俺「あれな、ほんとすまんかった!出したあとだからまだ冷静になれただけかも知れん。それに童貞だから何もできんし」

S子「それでも白ブリーフを持って追いかけてきてくれるしー!ホント助かった!ちゃんとお礼を言っときたくて2人になるようにしたんだよ。ありがとね」

俺「2人きりて、妹に怪しまれるかも知れんよ。あいつ、なんか勘ぐってるしな」

S子「あたし、いいよ、それで。アニキさんは?」

(うーわー!まじかー!)

俺「俺、俺、S子ちゃん好き!俺なんかの白ブリーフで喜んでくれてまじで嬉しかった!もっと何か喜んでくれたらもっと嬉しいんだけど!」

人生初の告白は挙動不審だった。
でもS子は笑って頷いてくれた。

S子「白ブリーフ、結構いいよ。穿き心地っていうより、穿くとあのときの『助かった!』って気持ちを思い出してほっとする」

俺「は?あのときだけじゃないんか?」

S子「今日、アニキさんに会うと思ったから、穿いてきてみた、ほら」

チラリ!

俺「まじかよ!俺も今、S子ちゃんのパンツ穿いてる!!ほら!」

彼女ができたと思ったら、5分で破局した。

<続く>