結婚して15年、一児の母です。
夫婦の営みもマンネリとなり、主人と二人でエッチな体験談で刺激を受け、レスにならぬよう頑張っていました。
そんなある夜、主人が「僕たちも実行してみないか」と囁き、私もクリをなぶられていたので思わず頷きました。

PCMAX

私は『戯言』として聞いていましたのに、主人は本気でした。
私に他の男性とのセックスプレイを求めて、アクメの寸前に腰を止めては、再度の確認を求めます。
理性より体の方がコントロールが利きません。

「わかったわ、なんでもいいからもっと突いて!」

主人に言った、この言葉が現実になりました。
前々から子供の担任の先生からPTAの会合でそれとなくお誘いを受けていましたので、家庭訪問日を利用することにしました。
先生には、「週末の3時頃」と、お願いしました。
共働きのご夫婦もおりますから、週末の指定はよくあるとの話でした。
主人と子供は実家に行き、私一人であることも伝えました。

当日、子供は実家に預け、主人と二人で用意をして待ちました。
午前中から心臓がドキドキバクバクして落ち着きません。
先生との進行を想像すると秘部が濡れて何度もトイレに入りました。

主人は、「僕のことは考えずに思いっきり楽しめ」と言います。

予定では応接間で先生のお話をお聞きして、それからお座敷で軽くお酒をお出しして、後は成り行き次第ということでお風呂も用意しました。
主人は座敷の1間巾の戸棚の下段に隠れていることにしました。

3時に先生がおいでになり、子供のお話しやPTAの打ち合わせをしたりしましたが、二人ともぎこちなく、私は声が上ずり平静を装うのに必死でした。

「お座敷にお酒をご用意を致しましたのでこちらへ」と早々とお誘いしました。

ウイスキーの水割りがお好きと伺っていましたので、席を外すこともなくリラックスした雰囲気になれました。

「本当に奥さん一人?」

先生がそうお聞きになったので、俯き加減で「はい、ごゆっくりなさって」と小さな声で言いました。

先生がすうっと傍に寄り、手に手を重ね、じーっと見つめられ、思わず体がビクッと反応し熱くなりました。
逃げなかったのが合図になってしまったのか、先生は大胆にも手を肩に回し、顔を寄せてきました。
私は形だけ逃げ、手で先生のお顔を軽く遮りましたが、先生は手に力を込めてお顔を寄せ、唇を重ねてきました。
後は、主人との約束ですから先生にリードされ、仕方なく崩れるようになりました。

ねっとりしたキッスから乳房から乳首に至る愛撫で、「あっは、うっう」と声が漏れ、先生の指がパンティの脇からクリへ触れてきました。

「先生、お先にお風呂に入って」

そう言って、私は一旦離れました。
私はシャワーを済ませていましたので、先生の入浴中にお座敷を片付け、お布団の用意をして待つことにしました。
主人たら戸棚の中で、おちんちんをピンピンにしておりました。
苦しそうなお顔で、「おい、ちょっと触らせろ」ですって。

「今はダメ、先生の後」と言って、わざと拒みました。

そうです、主人の望みで不倫するのですもの。

お風呂場から先生が戻って参りました。
お布団の用意がされていましたので、自然な態度で唇を重ねつつ衣類を脱がされ横になりました。
先生の舌が私のお口の中で踊ります。
それを捉えて、私も吸います。
先生の手が乳房から敏感な乳首を捻り、「うっうっはぁ」と声が出ます。
腰が浮き、足がよじれます。
先生のお口が乳首を軽く噛み、秘所にズキンと刺激が走ります。
先生が私の手をペニスに触れさせ、耳に息を吹き込みながら、「握って」と催促です。
喜んで扱きました。
先生もビラをかき分け微妙に擦ります。
クリを抓んで転がすようにします。

「あっああっ、あぅっうー」

お部屋に響く声だったと後で主人に言われました。
最後のトドメは、「先生入れて」って言わされたことです。
散々指で奥まで擦られ、Gスポットを責められ落ちました。

「先生、いい・・・先生いい」

何回も叫び、夫以外の男性とのセックスで、こんなに深いアクメを得られることに正直驚きました。
皆さまの体験談を興奮して読んでいましたが、面白く書いているのかなとの思いでこれまで読んでいました。

<事後談>
先生がお帰りになった後、主人は興奮して朝まで、私を離しませんでした。
新婚時代以来の元気なおちんちんに立ち返り、それはそれは励んでくれました。
あれほど奔放に乱れたので嫉妬で逆上しているかと恐れていましたが、私が先生に虐められ、主人は途中から可哀想でならなくなり愛おしく感じたそうです。
ばっちりマンネリ解消となり、先生とのご縁も一度で終わりました。
拙い告白文を読んで頂き、有難うございました。