54歳になります。
ずっと主婦でしたが昼間の時間にパートを始めました。
自宅近くのスーパーでレジや売り場のチェックで割と簡単に仕事は覚えられました。

PCMAX

先々週の土曜日でした。
午後5時で終わりだったのですが、バイトの大学生が遅れていて、6時になってやっと交代できて着替えに事務所に入ると主任がデスクで何かしていました。

「あ、あれ、美由紀さん5時あがりじゃなかったの?」

「あ、◯◯君が遅れて来たので今までいたんです」

「ああ、そうなんだ。うん、お疲れ様です」

何か落ち着かない様子でしたが、特に気にもせずにロッカー室に入りました。
制服の上着を脱いでスカートも脱ぎTシャツと下着だけになっていた時にドアが開いて、振り返ると主任が立っていました。

驚いて・・・。

「な、なんですか、出て行ってください」

そう言いましたが、主任はドアに鍵を掛けるとニタニタと笑いながら、「美由紀さんいい身体してますよね。ご主人一人じゃ物足りないでしょ?」と、異様な視線で近づいてきて抱きつこうとしてきました。
鍵を掛け忘れたわけではありません。
主任以上の人が外から開ける鍵を持っているのです。
ロッカー室は男女共用で、皆で使うので鍵は必ず閉めます。

「やめてください、大声で叫びますよ」

「誰も来ないよ、事務所のドアにも鍵を掛けたからね」

「な、何を、んんッ」

手の平で口を塞がれ、ロッカーに身体ごと押さえつけられて下着を引き裂かれるように下ろされ、主任はズボンとトランクスを膝まで下ろし、既に勃起していたモノをまだ濡れているはずもないアソコに押し付けてきたのです。

「へへへ、大丈夫ですよ。ほら、すぐに終わりますからね」

「んんッ、んッ、んッ、んッ」

片脚の膝裏を抱えるように掴まれてグリグリと押し付けられているうちに、なぜだか解りませんでしたが主任のモノはヌルヌルと滑り、突き刺さってきたのでした。

「今ね、パソコンでエッチなのを見ながらシコシコしてたんだよ、へへへ」

主任は事務所で自慰をしていて、そこには何か塗られていたのです。

「んッ、んんッ、んッ、んんッ、んッ」

「凄いでしょ、こんなの初めてでしょ。僕のね、玉が9個埋めてあるんだ」

亀頭が滑り込んできた後から異様な感触の何かが次々に挿し込まれて、それが襞を巻き込み痴壷の壁を掻き乱してきました。

「おお、おお、凄いな!締め付けてきますね、お、凄いですよ!」

片足の膝裏を抱えられ深く奥まで突き刺してきて、目を閉じて私の痴壷の感触を確かめ味わっているようでした。
腰をグラインドされているうちに、突き刺さる玉付きのチンポが暴れる初めての感覚に次第に耐えられなくなっていきました。

「おや、美由紀さん腰が動き始めましたね、感じてるんですか?」

ニタニタとした笑みで私を見つめながら返答を待つように腰を止めて聞かれ、私は自分から腰を振り、ウンウンと頷いてしまっていました。

「じゃあ、もうこの手は要らないですね、どうです、凄いでしょ、ほら」

「うッ、んんッ、あッ、はあッ、はううッ、す、凄いッ、ひッ」

塗られていたローションの滑りだけではなく、痴汁が溢れ始めているのがわかりました。
58歳の夫はすっかり弱くなって、ここ数年は愛撫と玩具だけのセックスでした。
生身の感触と武装された勃起に私は自ら腰を振り、感じるポイントが擦れるようにしていました。

「あ、感激だな、面接に来た時からいつかこうしたいと思っていたんですよ」

「ああッ、ひッ、はッ、んんッ、はッ、あううッ」

小柄なのに力持ちのようで、両膝を抱えるようにして私の背をロッカーに預けるようにして持ち上げる。
その格好でズルズルと抜かれるかと思えば、一気に突き刺されるような強いスライドを繰り返されて・・・。

「はッ、も、もうッ、駄目ッ、イクッ、イクッ、あッ、駄目ッ、んんッ、んッ」

恥ずかしいことに主任にしがみついて顎を跳ね上げて昇ってしまいました。

「おッ、おおッ、凄い凄い、締め付けてくる、凄い!」

普段から猥談も平気で言うし、何度か参加した飲み会でもエロ全開の主任でしたが、実際にもこんなに強いとは思ってもいませんでした。
39歳の独身一人暮らしで、脂ぎった最も嫌いなタイプの男性でしたが、額の汗すら気にもせずに頬を擦り合わせてキスをし、舌を絡めていました。
その時でした、主任のエプロンのポケットの館内PHSが鳴りました。

「はいはい、どうしました」

と片脚を離して主任はその電話を取り、話し始めたのでした。

「あ、ああ、そうか、うん、それで良いよ、うん。今ね、ちょっと本部と打ち合わせしてるから事務所は鍵掛けてるんだ、うん。はい、じゃあ、お願いしますね」

素知らぬフリで話しながらも腰は止まることはなく、私は必死に声を殺していました。
少しして館内に定時の特売開始の音楽が聞こえてきて、6時45分になったことがわかりました。

「ふう、焦ったね、急がないと時間が無くなっちゃうね」

「はッ、ひッ、あッ、ひッ、あッ」

突然、激しく強くグラインドされて再び昇り、そのまま昇り続けていると・・・。

「あ、うん、んッ、イクイクッ、うッ、んんッ、んッ、うん」

主任はそのまま奥深く突き刺して、熱く濃い精を子宮孔に噴きつけてきました。

「はッ、はッ、はッ、んんッ、はッ」

「んッ、うん、ふううん、ふう」

3、4度搾り出すように引き突きしてから身体を離すと、主任は私に軽くキスをして・・・。

「うん、美由紀さん、明日から特別手当て出すからさ、ね、良いでしょ」

そう言ってロッカー室から出ていってしまいました。
着替える為に床に敷かれたスノコの上で力無く崩れた私は、息を整えてから立ち上がり、溢れ流れ出してくる主任の精を慌てて手で押さえながらティッシュで拭き取りました。
シャワーもトイレも無いので流すことも出来ず、下着も剥ぎ取られ千切れていて、諦めてティッシュを数枚丸めて挿入して挟んで押さえて着替えを済ませてました。
ロッカー室から出ると主任は売り場に出ているようで誰もいなくて、小走りに事務所から出て店内を抜けて自宅までヌルヌルとした嫌な感触に耐えながら帰り、すぐに浴室に入ってシャワーで奥まで流しました。

翌日の日曜日は休みで、月曜日に出勤するとすぐに主任に呼ばれました。

「ちょっとね、◯◯店まで用事で行くから一緒に来てください」

事務所に行くと店長が居たので主任の話し方は丁寧でしたが、視線は違っていました。

「あ、あの、私がですか?」

「ああ、うん。主婦の視点で向こうの様子を見てもらいたいんだよね」

隣町店の売り上げに負けているのが何なのか一緒に行って意見を聞かせて欲しいと店長に言われて、仕方なく主任と一緒に車で出ることになりました。

走り出してすぐでした。

「へへ、どう、もう忘れられないでしょ、ほら、もうこんなだよ」

「な、何を・・・やめてください」

「いいじゃない、ね、しゃぶってよ」

「んッ、嫌ッ、んんッ」

本気で抵抗すれば出来たと思うのですが、髪を掴まれ股間に引かれると露わにされた勃起に唇を被せて舐め吸っていました。
信号停止の間に車の中で強引にパンティもブラも脱ぐように言われて脱がされると、舐め吸いしながら自分で触るように言われて痴核を撫で捏ねていました。
上着とスカートの下は何も着けていないまま隣町の店内の様子を見て回りながら、主任は時々、棚の下の方の商品を確認するフリをするように私をしゃがませて膝を開かせてスカートの奥を覗き込んだり、上着の上から胸を揉んだりしました。
20分ほど店内を見て回り、隣町店の店長さんと話をして車に戻り走り始めると、すぐに再び下半身を露わにしてしゃぶらされながら上着の前を開き、助手席のシートの上で四つん這いになり窓からお尻が見えるようにして隠すことを許されずに走り、店とは別の方向へと連れて行かれました。
街から離れた農村地区の林の中に車を停めるとシートを倒されて、移動してきた主任は、「へへ、帰る前にね、いいでしょ、ほら、欲しいでしょ」と言いながら突き刺しはせずに位置を合わせてヌルヌルと押し当ててきました。

「ん、欲しい?欲しくないなら良いけどどうする?」

「して、ほ、欲しい・・・」

「ん、なら自分から沈めて、ほら、ん?」

焦らされた私は、自ら腰を進めて主任の亀頭を飲み込んでいきました。

「あううッ、はあッ、ひッ、あッんんッ」

「お、凄い、昨日よりもいい、凄い!」

狭い車内でしたが小刻みなスライドで責められ、何度か昇ると主任も奥で果てました。
しばらく息を整えていると、抜く前に主任はバッグから何かを取り出しました。

「へへ、本当はアナルに使うんだけどね」

「い、嫌ッ、何、そんなの嫌ッ!」

「いやいや、アナルには使わないよ、大丈夫だから」

そう言いながらチンポを抜くと、入れ替わりに黒いゴム製の何かを挿し込みました。
ホースに繋がったポンプを数回握ると痴壷の中で風船のように膨らみ始め、それは奥へと膨らんで一杯になるとホースとポンプだけが外されました。

「これで抜けないから、今日はこのまま仕事してね、帰りに抜いてあげるからね」

「い、嫌、こんなの嫌よ、駄目・・・」

「駄目じゃないの、ね、そのまま」

笑いながら許してはくれず、走り出すと拭いていないモノを舐めさせられました。
そのまま午後5時までずっと抜けることもなく異物を感じながらパートを続け、事務室に入ると鍵を掛けてロッカー室に入り抜いてもらいました。

「お、凄い凄い、ほら、ダラダラと垂れてくるよ」

「あ、ああ、嫌ッ、嫌!」

ゴミ箱を跨いで栓を緩めて空気を抜くと同時に溜まっていた精と痴汁が滴り流れました。
全身の力が抜けるのと同時に強烈な尿意に襲われて、主任にそれを言うと・・・。

「このままゴミ箱にして見せて、ほら、出して出して!」

「嫌ッ、駄目ッ、あッ、あッ、あッ、あッ!」

指先で尿道孔を擦られると我慢できずに音を立てて出してしまいました。
サドなのかマゾなのかわかりませんが、主任はそこを綺麗に舐めてから立ったままで後ろから突き刺してきました。
手をついてお尻を突き出した格好で突かれるたびに、ギシギシとロッカーが軋みました。

火曜日、売り場で片付けをしているとバイトさんから、「倉庫で主任が呼んでいる」と言われ、行くと特売用の缶ジュースの箱が積み上げられた裏で主任が待っていました。
ダンボールを敷いた上に既に下半身だけズボンを下ろして勃起を露わにしていました。
前日の帰り際に、「制服の下は何も着けないように」と主任に言われていた私はそうしていて・・・。

「スカート捲くってみて、うん、うん、良いね、そのまま跨いで」

太ももまでのストッキングだけで何も着けていないのを確かめると、そのまま跨いで主任の顔の上にしゃがみました。
舌で弄られてヌルヌルにされると、自分で沈めるように言われてそうしました。
上になって最後まで動いたのなんて数年ぶりのことでした。
この日、痴核から尻孔までの痴毛を綺麗に処理するように言われ、帰宅して浴室で鏡に映しながら綺麗に剃りました。

水曜日、出勤するとすぐに事務室のデスクに座った主任のモノをしゃぶらされました。
綺麗に処理してきたのを確かめると、「ご褒美だ」と言って主任はゆで玉子を取り出し、殻を剥いて私の淫壷に挿し入れ、「帰りまでそのままで」と言いました。
内股も双尻も締め続けていなければ抜け落ちそうな気がして踏ん張り続けてフラフラになり、帰りに取り出すと目の前で食べてからいつものように私の奥で精を吐き出しました。

木曜日には倉庫とダンボールなどのゴミ置き場の建物の裏で。
金曜日には再び倉庫の積み上げられた特売品のトイレットペーパーの箱の陰で。
土曜日には裏の駐車場の主任のワンボックス車の中で精を受け止めて帰宅しました。

月曜日、出勤すると主任から玩具を渡されて装着するように言われました。
親指くらいの突起のある半透明の玩具の中に、丸いローターが見えていました。
突起を淫壷に沈めると主任が器用に紐で縛り落ちないようにしました。
それは遠隔操作式のバイブで、主任は売り場に出てきて私の様子を見ながら操作しました。
手の平のスイッチを見せつけながらオンにすると、ヴィィィィンッと振動します。
そのたびにビクッとなるのを愉しんでいる様子で、何度も繰り返され、レジ打ちの時などは「顔が赤いよ」とお客さんに言われてしまいました。

今日は主任はお休みで、私にもパートを休んで欲しいと言われて、急用と言って休み、午後から待ち合わせてホテルに行きました。
ホテル街の路肩に停めた車の中で全裸にされ、淫壷にバイブを挿入されたままで顔だけ隠してダッシュボードに脚を乗せて放置されました。
助手席側は通る人はいないはずの路肩でしたが、それでも足音が聞こえると心臓が破裂しそうなほどドキドキしました。

それからラブホテルの一室に入りました。
拘束椅子と、仕切りも何も無いトイレ。
そんな部屋で主任は色々と玩具を持ち込んで手足を縛られ、椅子に張り付けにされてバイブを挿入したまま、痴核には電マが固定された状態で放置されました。
2時間くらいそのまま放置されて狂いそうになったところで、初めて浣腸されてアナルに挿入されました。

「嫌ッ、そこは嫌ッ、お願い・・・」

懇願しても許してはもらえず、拘束されたまま浣腸液を流し込まれ、「我慢できない」と言うとバケツで受け止められて一度出しました。
二度目は縄を解かれてトイレにしゃがむ姿で出すところを見られ、それからベッドに移ると両脚を開いて持ち上げられて頭の方へと押さえられ、自分で足首を持つように言われ、主任の目の前で丸見えになったアソコを見せながら、はじめは指で少しずつ広げられて、次は細いバイブが挿入されて、電マもされてました。
でも私はお尻はあまり感じないので、主任は少しガッカリした様子でした。
そのまま淫壷に主任のボコボコしたチンポが沈められて狂わされて、それからアナルに突き刺されて放出されました。
夜まで何度も何度も昇らされ、主任も何度も私の奥深くに放出してボコボコの主任のチンポは少し腫れているようでした。

私の淫壷が堪らないと褒めながら何度もしてくれて、ホテルを出ても車の中でずっとしゃぶらされ、家の近くまで帰ってきたのに、「帰したくない」と言われて、また農村地区の林の中に走って今度はゆっくりと抱き合い、あまり動かないようにしたまま繋がっていました。
驚いたことに、それでも快感は凄くて何度も昇ってしまいました。
なんていうか、そこにあると感じるだけで昇り続けるような感じで、途中からは主任も「ずっとイキ続けて止まらない感じがする」と言って、いつの間にか深夜になってしまいました。

以前の私は平凡極まりない主婦で、しかも本当に何も無いままこんな歳に・・・。
『姥桜の狂い咲き』と笑われるかも知れませんが、今も身体中が熱く疼いていて溢れ流れるのが止まりません。
とっくに帰宅していて隣で寝入っている夫には許してもらえないかも知れません。
だからと言って主任が責任を負ってくれるわけもないことも分かっていますが、今しばらくこの快楽に溺れていたいと思います。
恥ずかしいけれど、どこかに残したくて書いてみました。
失礼しました。