大学に入って彼女らしきものができて、キスまではしていて、さらに進展を求めて部屋に連れ込んだ。

「裸が見たいなー」的なことを言ったら、「先に◯◯君の方を見せてよ」と言われた。

パンツ一丁までは割と簡単になったが、服を着た彼女の目前でパンツを下ろすのは悔しく、なかなか下ろせなかった。

PCMAX
僕は「やっぱり恥ずかしいよ」と言ったんだけど、彼女は「やっちゃえ、下ろしちゃえ」と乗り気で、やむを得ず観念して下ろした。
チンコを晒した僕を見て、彼女は「やだあ」と両手で顔を覆うも、すぐに手を放してニヤケ顔でまじまじと見つめ始めた。
彼女の視線にさらされたことでチンコは勃起して大きくなっていき、その様子を見た彼女は「大きくなってる!?」と言い、興味津々な様子。
視線に耐えられなくなった僕が両手でチンコを隠すと、「隠さないで見せてよ。今さら隠しても手遅れでしょ」と言われ、手をどけられた。

「刺激すると精子が出るんでしょ?」

そんな質問をされたので、摩擦を与えると気持ちよくなっていって、気持ちよさが頂点に達すると精子が出ることを答えた。
答えたところで嫌な予感がしていたが、「やってみて欲しい」と彼女に言われてしまった。

「射精するところなんてとても見せられないよ!」

必死に抵抗して、なんとか許してもらえたものの、「チンコを触ってみたい」と言われ、「触るだけならいいよ」と許した。
彼女はベッドで仰向けに寝た僕のお腹の上に後ろ向きに座り、チンコを好き放題触りはじめた。

「こうやると気持ちいいの?」

そう言って彼女がチンコをしごき始めたため、「そうだけど、あんまりやると精子が出ちゃうからダメ」と言った。
気持ち良いので少しだけ続けていいことにしたけど、やばくなってきたら「ストップ!」って言って止めるということで了解した。

「気持ちいい?」と聞かれ、「気持ちいいよ」と答えるも、早くも射精しそうになってきた。

「そろそろストップ。やばくなってきた」と言って彼女を止めた。

しかし、彼女からの返答はなく、手は止まらずチンコをしごき続けている。

「ちょっと、ストップだって。やばい、やばい!」

そう言っても、止めるどころかますます強くなる。
仰向けに寝ている僕から見て彼女は後ろ向きに座っているため、彼女の表情を窺うことはできない。
やめさせようと体を起こそうとしたものの手遅れで、もはや射精をストップできる段階を超えてしまったのを感じた。

「うわーっ、だめだめ。見ないで!目ぇ瞑って!目ぇ・・◯△☆□×!!」

言葉にならない奇声を発して射精してしまった。
彼女の手はぴたっと動きを止めた。

僕は恐る恐る、「目ぇ瞑ってるよね?そのまま、瞑ったままでいて。絶対に目を開けちゃダメだからね!!」と言い、飛び散っているであろう精子を彼女に目を瞑らせている間に処理しようとした。
しかし、僕の方を振り向いた彼女の目は開いていた。

「ごめん。見ちゃった・・・」

彼女の顔は真っ赤で、ニヤケを通り越して不気味な表情だった。
彼女が上からどいた後、僕は飛び散った精子を始末し始めたが、その様子を彼女は興味深く見ている様子だった。
パンツを穿いた僕は彼女に尋ねた。

「いつから目を開けてたの?まさか、出ちゃった瞬間は見なかったよね?」

「ごめんなさい・・・。全部見ちゃった」

その答えを聞いて一瞬放心状態になるも、続けて聞いた。

「なんで目を瞑らなかったの?目、瞑れって言ったよね!?」

それに対し彼女は、「いやあ、それは・・・、どんなふうになるのかな~とか、ちょっとね。ごめんねっ」と可愛げなポーズで曖昧なことを言う。
すごくムカつく感じだったので、僕は怒った。

「精子が出る瞬間は男子の最大の屈辱で、同性にも見せられない絶対の秘密なんだよ!それを女子が見ていいと思ってるのかよ!」

それに対して彼女は、またしても可愛い子ぶった仕草で曖昧な回答を続けている。
そこで僕は思い出した。
元はと言えば、彼女の裸を見ようとしたところ、「先に◯◯君の方が見せて」と言われたからこういうことになったんだ。

(じゃあ、次は彼女が見せる番のはずだ!)

そのことを彼女に伝え、僕が彼女の前でやられたことを、今度は僕が彼女にやってやると言ったところ、彼女は顔面蒼白になり、「女子にそういうことをするのはブライバシーの侵害じゃないかな~」とか、「男子はよくても女子はやっぱりダメだよね」などと訳の分からないことを言い出した。
僕は強硬手段に出て、「まずはその中を見せろ!」と言って、彼女のスカートを捲ってパンツを下ろそうとした。
薄い水色のパンツだった。

しかし、彼女は「きゃあ!エッチ、痴漢、変態!」などと叫んで全力で抵抗し、蹴りを入れられた僕は目的を達成することができなかった。

「自分だけ見ておいて、僕には見せないなんてずるいよ!」

と僕は言ったが、彼女は「べ~だ」とおどけた答えをして帰ってしまい、彼女の裸を見るのは持ち越しになってしまった。

僕の方だけ、みじめな射精の場面を見られて悔しい・・・。
女子ってどうしてこうズルいんだろうか。