新幹線に乗り座ると、間もなく隣に1人の女性が座りました。
少しふくよかな女性でグレーっぽいスーツ姿でもわかる胸の膨らみ、なんとなく保険の外交の人を思わせる感じでした。
私は社命で、あるセミナーを受講するための出張でした。
PCMAX
新幹線が動き出すと、話しかけてきたのは女性の方からでした。

「出張かなんかですか?」

私がセミナーのことを話すと女性は驚いた顔をしました。

「私も同じセミナーを受けるんです」

なんたる偶然でしょう。
さらに偶然が偶然を呼び、宿泊するホテルも会場から近い同じホテルだったんです。
名刺を交換して意気投合。
新幹線を降りるとホテルまで一緒に行き、夕食も一緒にとり、またホテルに戻りました。

私は42歳、一つ年下の嫁さんに小学生の子供が2人。
彼女は正江、45歳、働く人妻さん。

翌日のセミナーも一緒に移動し、終えると翌日新幹線で帰るだけとなりました。
また食事を一緒にして、ホテルに戻りました。
部屋でシャワーを浴び、出ると正江からLINEが来ていました。

『良かったら一緒にちょっと飲みませんか?』

あまり飲める方ではありませんが、明日は帰るだけだと思い、正江の部屋を訪ねました。
正江の階には自販機コーナーがあり、正江はそこで缶酎ハイやビールを買っていました。
セミナーの話から仕事の話、やがて家庭の話、正江は少し酔ってきた様子です。
最初、正江は椅子、私はベッドに座ってましたが、正江がベッドにいる私の隣に座り直して肩を寄せてきました。

(これって誘われてる?)

鈍感な私でもわかりました。
正直な話、私は26歳で嫁さんと知り合うまで童貞でした。
結婚後も嫁さん以外との経験は無し。
女性から誘われた経験などなく、戸惑いました。
正江はご主人に対する愚痴をこぼしながら、私の肩に頭を傾けてきました。
地元から離れた場所のホテルに人妻と2人きりです。

「あの、そんな近寄られたら変になりますよ」

すると正江は言いました。

「私もちょっと変になってます」

正江の肩に手を回しても何の抵抗もありません。
顔をこちらに向けさせると、正江はそっと目を閉じました。
覚悟を決めた私は正江の唇に唇を重ねました。
唇を重ねながら、ホテルの寝巻き越しに胸を手で触れても正江は無抵抗でした。
胸は嫁さんよりも大きく柔らかく、寝巻きの上を脱がすとベージュのブラが現れ、それに収まりきれずに、おっぱいがはみ出してました。
正江を抱きしめながら背中に手を回してブラのホックを外します。
プルンと弾けるように胸が露わになりました。
意外なほど垂れなくて、大きめの乳首も色が抜けたようなピンクっぽい色でした。

「大きい、綺麗だ」

つい出た言葉でした。
恥ずかしそうな顔で正江が言いました。

「そう言ってもらえると嬉しい」

下から持ち上げるように揉んでみました。
重量感が伝わってきました。
乳首を軽く指先で転がすと、すぐ硬くなりました。
正江をベッドに寝かせ、胸を寄せ上げ、乳首を口に含みました。

「あぁ~」

正江の甘い吐息が耳に届きました。
正江の手が私の後頭部を擦り、もっと舐めてと催促してるかのようでした。
嫁さんでは味わえない豊かな胸を堪能してから、私は手を下に忍ばせました。
ホテルの寝巻きと下着、それを脱がしました。
無造作に生えた陰毛をかき分け、性器を弄りました。
すでに十分なくらいの潤いがあり、人差し指が簡単に中に飲み込まれていきました。

「あふっ!」

正江の声が強くなりました。
クチャクチャと卑猥な音がしました。
もう私の愚息は嫁さんとしてる時では有り得ないくらいビンビンになっていました。

「あの、ここ(女性器)も舐めていいですか?」

正江は頷きながらも、「ちょっと待って」と言い、私の寝巻きを脱がせました。
嫁さん以外に初めて愚息を晒す恥ずかしさ・・・。
ビンビンになった愚息を見た正江は優しく擦りはじめました。

「すごいです」

自然に69になりました。
私が下、正江が上でした。
やや形が崩れ黒ずんだ性器が、興奮に更なる拍車をかけました。
それ以上に私を興奮させたのが正江のフェラでした。
嫁さんのフェラとは違い、舌をねっとりと絡めるようなフェラに、私の愚息はイカされる寸前にまであっという間に追い込まれました。
このまま終わったら正江に失礼だし情けないと思った私は、正江の下から抜け出しました。

そこで私は重要なことを思い出しました。
コンドームがありません。
それを正江に伝えると、正江はあっさりと答えました。

「年も年だし気になさらないで」

正江がさぁ来ての姿勢を取るものですから、それならと正江の足の間に割って入り、愚息を正江の性器に押し付けました。
ヌルヌルと飲み込まれていく愚息。
正江の中はとても熱く、包み込まれるような感触でした。
腰を動かすと正江の声が強くなり、私の興奮をさらに押し上げました。
フェラでイカされる寸前まで追い込まれていた私はひたすら我慢しました。
正江の中が激しく収縮しているのがわかりました。

「イケそうですか?」

正江は頭を大きく頷かせました。
もう我慢の必要がなくなりました。
一気に腰を振りました。
シングルベッドがギシギシと軋みました。
正江の口から声が響きました。

「イク、イク!」

正江の中が一気に縮まった感じがしました。

「正江さん、俺も限界です」

中はヤバいと一瞬の判断で愚息を抜き、正江の腹部に精液を飛び散らせました。
正江は身体をビクビクさせていました。
満足させられた安堵感がありました。

「ありがとう。すごく良かった」

その言葉をとても嬉しく感じました。
嫁さんとセックスして、「ありがとう」とか「良かった」とか言われた記憶がありません。

昨年の春先の話です。
お互い家庭に仕事があるため、そう頻繁には会えませんが、今も続いています。