後にも先にも一度っきり、宝くじに当たったかのような異次元体験。

今から10年ほど前、真夜中2時頃、自宅に向けて地方からロングドライブしていた。
バイパスを通って隣県まで帰ってきて、あと1時間で家に到着するが、睡魔と喉の渇きに山間部にある小さなサービスエリアに入った。
PCMAX
平日だし交通量もまばら、サービスエリアには1台の軽が停まってるのみ。
ルームランプが点いて、人が1人乗っていることはわかるが特に気に留めることなく、車を停めてコーヒーを買い、自販機横の段差に腰を掛けて一服していた。

すると軽から人が降りてきた。
最初は暗くてわからなかったが、近づいてくるにつれ、かなり太った女性だとわかった。
それも、ぴったりしたタンクトップに真っ白な足が露わな超ミニ!
一瞬、自分の目を疑った。

(女装?おかま?)

すぐ近くまできて女性だとわかった。
タンクトップの胸には乳首がくっきり。
40代半ばくらいか。
向うはこちらを意識的に見ないようにしている感じだが、こちらはその出で立ちにロックオン。
自販機で飲み物を買おうとしている後ろ姿はお尻が半分ほど見えている。

(やべぇ、やべえ・・・ヤバいのと会っちまった)

心臓はバクバク。
股間が充電していくのがわかる。
女はなかなか飲み物を決めない・・・というか、見せつけてる時間が長く感じる。
前屈みになるとお尻は丸見え、明るければアソコまで見えそうだ。

(ここまで見せてくれるんなら・・・)

下から覗き込むように見る。
チラッとこっちに目をやるが、お構いなし。
よく見えるようにお尻を突き出すようにしてくれる。

(誰も来ないよな・・・)

我慢できずにファスナーを下ろしてチンポを握った。
それに気づいた痴女さん、こちらを向いてスカートを捲り上げてアソコを広げるようにする。
逆光なのでよく見えないが、興奮はますます高まっていく。
すると痴女さん、『あっちに行こうと』とレストラン横のスペースを合図で示してきた。
外灯の灯りが少し当たる薄暗い場所へ移動した。
痴女さんは俺の前に来ると、すぐにしゃがみ込んで、フル勃起を握って口へ。
なんとも言えない空間に気がおかしくなりそうだ。
我慢できず、痴女さんに立ち上がってもらい、壁に手をつかせた。
後ろからヌルヌルに濡れたアソコにフル勃起を押し込んだ。

「イヤ!」とか言いながらもアンアン感じる痴女さん。

限界が来たので抜いてお尻に掛けるつもりが、勢いがあり過ぎて肩甲骨のあたりまで飛ばしてしまい、タンクトップとミニスカを汚してしまった。

「ごめんなさい」と一言謝ったが、痴女さんは「気にしないで」としゃがみ込んで、口で掃除してくれた。

自販機のところに戻って、飲み物を買って話をした。
スリリングな露出が好きだけど、勇気もなくてなかなかできないので、たまにこういう格好をして夜のドライブをしてオナニーをしているらしい。
実際のところ、車から降りることはなく、だからここまですることも無かったが、遠目で俺を見て、悪そうな人じゃないし1人だってわかったので車から降りてきたんだとか。
痴女さんは、「最高に気持ち良かった」と言ってくれた。
実際、立ちバックでは膝をガクガクさせて昇天していた。
自分も熟女好きのぽちゃ好きなことに加えて、異空間な状況で最高の興奮を覚えた。

すると痴女さんは股間に手を寄せてきた。

「元気そうだし、まだ大丈夫?」

今度はト女子イレに行った。
すぐに全裸になる痴女さん。
かなりのおデブさんではあるが、チンポはフル勃起。
フェラもそこそこに洗面台のところに半分腰を掛けるような体勢で前から入れた。

「当たる、当たる」が「出ちゃう、出ちゃう」になり、痴女さんのアソコの中がグチャグチャになってきた。

見れば潮を吹いている。
股間から太腿にかけてビチョビチョだ。
こっちの靴下まで濡れてしまった。
限界になり抜こうとすると、「中でもいいよ」と言うので、遠慮なく中出しさせてもらった。

俺に抱きついてハァハァと肩で息をする痴女さん。
こちらも勃起が収まらない。
合体したまま再度腰を動かし始めた。
初めての抜かずの2発目。
ひたすら突いた。
痴女さんは全身が痙攣するように大きく波打っている。
最後は絞り出した。

腰が抜けたように動けない痴女さんを車まで送る。
運転席に座ると、こちらの股間に手を添えて、「最高の夜をありがとう」と、またしゃぶってくれた。
俺は出がらしの4発目を口の中に放出した。

その後、時間がある時にそのサービスエリアに出向いてみたが、二度と遭うことはなかった。
まあ、こんなことは二度とないだろうな。