父を亡くして未亡人になった母と、息子の僕のセックス体験談です。
僕は20歳で母は47歳です。
5年前に父を亡くしてから四十路で女盛りの母は1人で僕を育ててくれました。
そして僕が成人を迎え数ヶ月経った頃、母に彼氏ができたんです。

「お母さん、お付き合いしてる人がいるの」
PCMAX

母の彼氏を紹介されました。
母より4歳年上の方で、物静かな印象ですがやさしそうな中年男生でした。
お付き合いも順調のようでよく夜に出掛けていまして、帰ってくると母から微かにシャンプーや石鹸の香りがする時もありました。
でも僕も成人した大人ですから、未亡人になっても一生懸命に僕を育ててくれた母が彼氏とセックスしようが、(ママが取られる!)なんて嫉妬する年齢でもありませんし、僕は母の恋愛を陰ながら応援していました。
なにより、その男性は僕の父親になるかもしれない方ですから。

ある夜、デートから母が帰ってきました。
ちょうどトイレから出てきた僕は、「おかえり」と母を出迎える格好になりました。
母は笑顔で「ただいま~」と答えますが、目のあたりが赤く腫れ、泣いた後のように見えました。
僕の視線に気がついたのか、母の目にはみるみる涙が溜まりはじめて、「来んとって!」言うと自分の部屋に逃げ込んだんです。
彼氏と何かあったんだろうと思いました。

20分くらいたったでしょうか。
心配になり、母の部屋に向かいました。

「母さん?」

声をかけてみます。

「入ってこんとって」

中から答えますが、やはり泣いているのか母は涙声でした。
どうしようか考えましたが、やはり入ってみることにしました。

「どうしたん?」と部屋に入ると、母は座り込み、ティッシュで目を押さえていました。

しばらく横に立って母を見ました。

「大丈夫やから。心配しないでええから」

母が僕に声をかけてきます。
僕は、何があったのか聞きませんでした。
泣いた母を見るのは父が死んだ時以来で、あの時は毎日のように泣いていましたが、こんな悲しそうな母を見るのは久しぶりでした。

座っている母の前に僕も座りました。
ティッシュで目を押さえながら決して僕の方は見ません。
どうしていいものか、とりあえず母の様子を見ていました。
しばらくして母は僕の顔をチラッと見ました。
その途端でした、我慢の糸が切れたのでしょうか、母は僕に抱きついてきて泣きはじめました。
余程我慢していたのでしょう。
しかし僕はどうしていいか分からず、とりあえず母を抱き締めて背中を擦りました。

「大丈夫やから・・・大丈夫やから」

声をかけて母を慰めてあげました。
しかし意外と冷静な自分もいました。

母さん、石鹸の匂いがする。
ラブホテルでセックスしたんだろうなぁ。
おっぱい、柔らかいな。

母を抱き締めながら、エロいことばかり考えていました。

5分くらい泣いてたでしょうか、母は突然言いました。

「ごめん、ありがとう。大丈夫、大丈夫」

抱き締めていた手は離れたのですが、無意識に母の手を取る格好になりました。
母の顔は、上手く言えないけどすごく大切なものに思えて、僕は何を思ったかそのまま唇を重ねてしまったんです。
母も普通の精神状態ではなかったのでしょう、僕のキスに応えてくれました。
不思議な感覚でした。
僕は母と舌を絡め合い、ディープキスをしながら母の身体を弄りはじめました。
傷心の母は、悲しみから逃れるかのように激しくキスをしてきました。
母のおっぱいを触ると甲高い喘ぎ声をあげました。
それは悲しい雌の鳴き声でした。

僕は母の声にたまらくなり、母を慰めてあげようと服と下着を脱がし、豊満な胸を舐め、そして膣も舐め、いきり立ったペニスを挿入して母子相姦をしてしまいました。
挿入すると母は僕にギュッと抱きついてきました。

「お願い。もっと、もっと頂戴、何もかも忘れさせて」

そう言って自ら腰を振ってくる母。
僕と母は対面座位でキスをしながら、溶けてしまいそうなほど密着して、近親相姦という背徳の行為に耽ってしまいました。