もう十年近く前の話になる。
私が飲食店の店長をしていた時の話だ。
そのとき30歳だった私は、何人もの女性アルバイトを使っていた。
女友達は多かったが彼女はいなかった。
うざい話だが、できないのではなく別に必要としていない環境だった。
そんな私の体験談だ。
PCMAX

新人アルバイトを採った時の話だ。
男女合わせて6名採用したのだが、女性の採用判断基準のひとつとして、自分好みの子っていうのがある。
もちろん正式にはそんな事は口には出せる事項でなく裏の理由なのだが、人材が不足している店以外のほとんどの店長は、“選び放題”という実態がある。
むしろ、採用判断で大きなウェイトを占めることが多いのも現実だ。

その新人の中に『礼子』という19歳の短大1年生がいた。
正直言って、そんなに可愛くない。
顔はそこそこだが、全体的に野暮ったい。
おしゃれに目覚めていない中学生みたいな感じ。
ファッションセンスも良くない。
でも、何かが私のツボに入り、気に入って採用した子だった。
彼氏はちゃんといて、都立高校の頃から付き合っていた同級生だった。
性格はいいというか、人懐っこいので、アルバイトの誰ともすぐに仲良くなった。
無論、私にも同様に接してくれた。
仕事もよく言うことを聞き、協力もしてくれた。
一言で言えば、“いい子”である。

結果から言うと、私と礼子は関係を持った。

花火大会の日にバイトがみんな休む中、礼子と数名がお店に出勤をしてくれたのがはじまりだった。
閉店後、お礼として出勤してくれたバイト数名と飲みに行った。
私の隣には礼子が座り、いつものような人懐っこい視線を送ってくる。
お酒の酔いも手伝ったのか礼子が可愛く感じ、デートに誘った。
彼氏がいたのでダメ元だったが、返事はあっさりOKだった。

(行ける!)と思い、後日デートをした。

デート中は何もなかった。
別れ際、さすがにこれで終わってはまずいと思いキスをした。
抵抗はされた。

「彼氏は裏切れない」とも言われた。

いつもなら自分のプライドやアルバイトという関係上、無理強いはせず明るく終わるのだが、その時の私はなにかに後押しされるかのごとく強引に礼子の唇を奪った。
次の日は2人ともシフトに入っていなかったので、もう一度デートに誘った。
断られた。
だが私は、「明日、××時にここで待ち合わせな」と一方的に言った。
礼子は返事をせずにその場を去った。
去った後、私はひどく冷静になり、(ああ、終わったな・・・)と思った。

次の日、私は待ち合わせの場所に向かった。
本当にダメ元で行った。
待ち合わせの場所には15分早く着いた。
にも関わらず、礼子は待っていた。
下を俯いたままじっと佇んでいる。
嬉しかった。
聞くと30分前には来ていたそうだ。

礼子が愛しくなり、彼女の手を引いて自分のマンションに連れて行った。
その間、会話は一切なかった。
股間はずっと勃起していた。

部屋に入るといきなりキスをした。
そしてセックスをした。
初めてではないが、経験は多くないらしい。
フェラも下手だった。
しかし、挿入した後の礼子はすごかった。
ものすごく敏感な体をしているのである。
イクのが早い。
とにかく、すぐにイッてしまう。
俺がイクまで何度でもイッてしまうのだ。

その他にもいくつかの発見があった。
感じている顔が、その頃人気だったAV女優の優木瞳にそっくりだということ。
おっぱいが非常に美乳だということ。
ちなみにEカップ。
あまりにも美乳なので、興奮のあまり自分でシゴいておっぱいにかけたこともある。
あそこの締りがすごくいいこと(セックスの後は軽く痛くなるくらい)。
肌がすごく綺麗でスベスベして気持ちがいいこと。

初めてのセックスが終わって彼氏のことを聞くと、別れたと言う。
私は嬉しかった。
その時はそれしか思えなかった。
礼子が自分のものになった嬉しさと、予想を上回る礼子とのセックスの良さに、私は盲目状態になっていた。

しかし冷静になって考えれば、たった半日で彼氏と別れたという礼子。
人懐っこい性格の礼子。
感じやすい体の礼子。
簡単に言えば、メンヘラな礼子に後々苦しめられることになるのであるが、それはまた別の話。