2月の第2日曜日、俺と子供が所属する『山を歩こう会』の企画で、近くの山に出掛けました。
朝から曇り空で、今にも降りそうでしたが登りはじめました。
途中、お寺まで来ると雨です。
雨宿りしながら、やむのを待ちましたがやみそうになく、出発地まで引き返しました。

せっかく子供たちが楽しみにしていたのに中止・解散では可哀想だからと、代わりに学校の体育館でバレーボール大会をすることになりました。
子供たちは全員参加、同伴の大人は任意で参加と決まり、俺は役員が用意した弁当だけもらって家に帰りました。

家の前に車が停まっています。
嫁が、「今日はB子とC子に来てもらってお茶します」と言っていたのを思い出しました。
顔を合わせるのが億劫だったので、リビングに近い勝手口から入ったところ、嫁たちはそのリビングの方が暖かいのか、そこでお茶してました。
仕方ないので隣の和室に入り、押し入れの布団を敷き、毛布を頭から被って横になりました。
しかし隣のリビングの話し声が筒抜けです。
盗み聞きというわけではありませんが、嫁たちの話を聞いてしまいました。

C子「Y君ってバツイチですって。30過ぎまで女っ気なくて、両親が心配してたらしいのよ。ある日、悪友に誘われて風俗に行って、そこの女の子に夢中になって半年通い詰めて嫁にしたって、ダーリン(俺が外湯で会った一番年長の男・T)が言ってたわ」

B子「真面目なY君を夢中にさせる女の子って、どんな娘なんでしょうね?」

C子「すごく可愛い娘だったそうよ。Y君とは12歳も違う21歳とか言ってた。でもね、あの世界に一度入ると足を洗うのが難しいらしいのよ。結婚して半年もするとお勤めがしたいと言い出して、Y君と両親が止めたけど聞き入れなかったらしいの。勤めはじめると時間が不規則だし、Y君ともすれ違いが多くて、1年ほどで離婚したって。そうそう、ダーリンが言ってたわよ、A子ちゃんがあの娘に似ているって。だからY君、A子ちゃんに出会えてすごく喜んでるって。もっと早く出会えていたら結婚できたのに、って残念がってるって言ってたわ。私もY君とA子はお似合いだと思う」

B子「ねえ、A子、秋の旅行では朝まで一緒にホテルにいて、朝食の後、また別の部屋を借りて一緒だったでしょう。あの時、旦那が迎えに来るし焦ったわよ。そんなにY君がいいの?」

嫁「ううん、そんなことないよ。Y君が離してくれなかっただけよ」

C子「まあ、おのろけ、ご馳走さま。でも私はA子がY君を離さなかったと聞いたけど。ダーリンが言ってたわよ、Y君は前の嫁から女の扱い方を伝授してもらってるから、あちらのテクニックは最高かも知れないって。だからA子、Y君に参ってるじゃないの?」

嫁「そんなこと、絶対ないわよ」

それから昼の食事でもするのか、食器棚を開け閉めしたり、テーブルをセットする音が聞こえました。
嫁たちが食事をしながら職場や世間話をするのを聞きながら、いつの間にか眠っていました。

突然、何かが割れる音で目が覚めました。
C子が嫁に謝っている声が聞こえ、掃除機の音がして嫁は割れた物を外に出しに行き、すぐに戻ってきました。

嫁「こんな時期に雨なんて珍しいわね。旦那と子供が山登りに行ってるけど大丈夫かしら」

B子「大人が一緒なら大丈夫。今頃どこかで遊んでるわよ。この前の旅行は大雪だったのに」

C子「そうね、本当すごい雪だった。電車が止まるかと思ったわ。そうそうA子、あの朝Y君とホテルから帰って来て朝食もとらないでチェックアウトしたけど、どこへ行ったの?」

嫁「うん、Y君がね、雪景色がすごく綺麗な所があるから行こうって誘ってくれたの。近くに温泉付きの別荘地があって、彼の同級生がそこに別荘を持ってて、貸してくれるって言うから。本当、白一色の素晴らしい景色だった。Y君がご飯とみそ汁だけの朝食を作ってくれたわ」

B子「へー、羨ましいなあ、私も誘ってくれればいいのに」

C子「何言ってるのよ、B子、お邪魔虫よ。別荘の温泉も入ったの?」

嫁「うん、広くはないけど豪勢な岩風呂だったわ。2人で入るには十分だったけど。お風呂から見える景色も良かった。あんな別荘を持てるなんて、きっと大金持ちね」

B子「A子、Y君とアツアツね。一晩中ホテルで朝は豪勢な岩風呂でイチャイチャか。帰りは車で送ってもらったの?Y君のことだから送ってくれたんでしょう?」

嫁「送ってくれたわ。でもI峠が雪で通行止め、だからF駅に回ってもらって、電車に乗ったの。もう旦那が帰る時間に間に合わないと思ったけど、なんとかセーフだった」

C子「A子、Y君に逢いたければ私たちに遠慮しなくていいのよ。アリバイ作りは協力してあげるから」

嫁「ありがとう。でもあまり頻繁だと旦那に知られてしまうかもね。その時はよろしくね」

B子「そうそう、私、3月の初めに彼氏(俺が外湯で出会ったもう1人の男、N)が、2人でM温泉に行こうと誘ってくれてるの。もう日が迫ってるので返事をしないとね。もし行くと決まったらアリバイの方よろしくお願いします」

C子「ええ、いいわよ。でも4月のK温泉は行けるの?2、3、4と毎月になるけど?」

B子「もちろん行くわよ。毎月逢えるなんて、彼氏喜ぶわ」

C子「4月は表向きはSの花見にしておいてね。宿泊はK温泉のいつもの宿だから、ダーリンたちは仕事休めないから、夕方、直接宿に行く予定らしいの。翌日はお休みだって。ところでA子、この前の旅行でY君と携番とかメアドは交換したの?」

嫁「携帯は時々旦那がチェックするから、絶対教えないことにしてる」

C子「ダーリンが旅行の後、Y君がA子ちゃんへの伝言を頼まなくなったと言ってたわよ」

嫁「じつはY君が携帯をプレゼントしてくれたの。ただしY君の携帯だけに繋がるようになってるの。毎日必ずメールを確認して返信してるわ。これは誰にも内緒にしておいてね」

B子「このピンクの携帯がそうなのね。えっ、この壁紙、何!?すごくエロい女ね!」

嫁「ばか!見ないで、恥ずかしい!!」

C子「このエロい女がA子なの?すごく似合ってるよ、アダルト動画の女優さんみたい」

B子「この薄紫のネグリジェと紐パンティ、すごくエロいね。この壁紙どこで撮ったの?」

嫁「これはネグリジェじゃなくてベビードール。K温泉のラブホテルで携帯と一緒にもらって、着替えたところを記念にってY君が撮ってくれたの」

C子「へー、これからはY君と直結ね。ベビードールとやらもY君とのデート専用ね」

その時勝手口の方から、「ただいまー」と子供の声がしました。

C子「あっ、旦那のお帰りよ、B子、私たちもそろそろ退散しようか」

しばらくして、「パパはどうしたの?」と嫁が子供に聞く声がします。

子供「知らないよ、先に帰ったけど。勝手口に靴があるから家にいると思うけど」

嫁は急いで2階の寝室を覗きに行ったようです。
俺は毛布を被って寝たふりをしました。
子供が俺のいる部屋の障子を開けて、「ママー、パパ、ここで寝ているよー」と大きな声で言います。
嫁は2階から下りてくると、「パパ、こんな所で寝たら風邪を引くわ」と毛布を捲り上げました。
自分たちの会話を聞かれたと思ったのか、少し緊張しているようです。
俺は、今起きたばかりとアクビをするふりしながら、「なんか変な夢を見てた」ととぼけて見せました。

その夜も、いつものように嫁の方から誘ってきました。
1回目の義務を果たしてまどろんでいると、嫁が耳元で囁くように、「お昼に何か聞かなかった?」と言います。

俺「何も聞かなかったよ」

嫁「じゃあ、どんな夢を見てたの?」

俺「A子がベッドに座ってて、『こっちに来い』って、まるでアダルト動画の女優さんみたいな感じ。A子のおっぱいも下の毛も見えるようなスケスケのネグリジェを着てたな」

嫁はしばらく考え込んでいるようでした。
そして俺の息子を両手で握り、しゃぶりはじめました。

去年の秋、旅行から帰って、初めてフェラをしてくれた時はびっくりしました。
アダルト動画の中だけの事だと思っていたことを、嫁が俺にしてくれたのです。
でも最初はぎこちなくて、お世辞にも上手とは言えませんでした。
でもだんだん慣れてくると俺の感じるツボを見つけて、気持ち良くしてくれました。
さらにこの前の旅行から帰ってからは、亀頭ばかりでなく、玉からその後ろアナルまでも丁寧に舐めてくれるのです。
息子はすぐに勃起して射精感を覚えます。
嫁にもそれが分かるのか、俺の腹部に跨がり、器用に自分のあそこに息子を飲み込んで腰を振りはじめます。
今までのように縦ばかりでなく前後左右に、時には円を描くように向きを変えてきます。
一気に射精感が高まり、嫁も昇りつめ、2人で同時に果てます。

嫁がY君と出会ってから嫁は女に目覚め、変化しはじめてることを体験させてもらっています。
Y君との逢瀬を重ねて、ますます変化する嫁を楽しみたいと思っています。
今は嫁の自由にさせて、Y君との仲が今まで以上に親密になって欲しいのです。