次の日、俺は昨日の興奮を抑えきれずに、「一緒に風呂入ろうぜ」と妻に言った。

「今日は私も気持ちよくしてくれる?」

首を右に傾けながら笑顔で言う妻。
俺は笑顔で、「もちろん」と答えた。

妻は背伸びをして俺の右頬にキスをする。
そして俺の股間を右手で優しく撫でた。

「んっ♪」

俺がビクッとして腰を引くと妻は、「どうしたの?」と言い、ピンと中指で弾いた。

「なんか興奮して、俺、感じやすくなってる。もう半分勃ってるし」

妻は笑みを浮かべた。
よる7時、俺は我慢できず、妻を急かすように一緒に風呂に入った。
頭を洗おうと俺が椅子に座ると、「洗ってあげる」と妻が言う。

「じゃあ、お願い」

妻にシャワーを渡すと、後ろから膝立ちの状態で頭にシャワーをかけてきた。

「熱くないですかー?」

「だいじょーぶでーす♪」

なんかソープみたいだw
妻は手にシャンプーをつけ、半立ちの俺の股間を後ろから擦ってくる。

「うわ!」

「どーおー?」

前にある鏡を見ると、鏡の中の妻は嬉しそうに笑っていた。
いたずらっこな小悪魔だ。

「あのー、おっぱいが当たるんですけど」

「ソープってこんな感じ?」

「ソープより気持ちいいよw」

「あん♪」

「ん?」

俺が鏡を見ると妻は恍惚の表情をしている。
(ん?)と思い振り向くと、妻は股間にシャワーを当てていた。

「あー、オナってる」

「だってー♪」

妻は恥ずかしそうに言った。

「ねえ、パパ、ちょっとお尻を上げて」

尻を上げると妻は尻の下から右腕を入れて、前に持ってきて竿を擦ってきた。

「うわw」

「どおだー」

「すげえなー、んっ、どこで覚えたんだよ」

疑問と快感が入り混じった。

「な・い・しょw」

「なあ、昨日の話の続きしてよ」

「ん?あー、えーとねー、そうそう、あたしがこれを欲しいって言ったのね」

妻は激しく擦ってきた。

「ん、うん」

今日はイカないように頑張るつもりだった。

「そしたら、『いやらしい女だなー』って、指を入れてた男がズボンを脱いで、あたしの顔の前にあれを出したの」

「あれって?言ってくれなきゃわかんないよ」

「ち・ん・ぽ」

「はははー」

俺は振り返り妻のいやらしい唇を貪った。

「んー、いやらしい女だ」

「あーん」

俺は激しく舌を入れ、両手で妻の髪をクシャクシャにした。

「あーん、メチャクチャにしてー」

「悪い女だな」

俺は妻の股に指を入れた。

「ほら、1本」

「んー、あん」

「ほら、2本」

「はあ、はあ」

「ほら、3本」

「だめー、もう、あーーー」

妻の声に合わせて俺は激しく擦った。
もうメチャクチャに!

「イク、イク、あーーー」

そう言うと妻は激しく潮を吹いた。

「すっげえー」

「はあはあ」

「どうだった?」

「もう頭まっしろー」

そう言いながら俺の胸にもたれてきた。

「だめだめ、まだまだこれからだよ」

俺はそう言うと妻を俺の胸から離し、口元に長竿を出した。
妻はとろんとした目で激しくしゃぶった。

「これが欲しかったんだろ?」

「そうなの、これで激しく突いて欲しいのぉ」

俺は妻の頭を両手で持って激しく前後させた。

「ん、んぐっ、パパ、苦しい」

「うるせー、このヤリマンがー」

俺はレイプ調に激しくしてみた。
すげえ興奮した。

「お前は豚だ、おらおら」

妻はこういうノリが大好き。
目に涙を浮かべて喜ぶ。

「あー、私は豚なの、もっと、もっとくださいー」

本当にうちの夫婦はやる。
こういうのを誰かに見てもらいたい願望もあるし、誰かに妻を犯してもらいたい願望もある。
妻も「レイプされてみたい」と言っている。

しばらく堪能すると、「OK、休憩」と俺は言った。

「あー、すごかったー、興奮したー」

妻の頭を撫で、頬にキスをした。
そして2人で湯船に浸かった。
向き合うように入り、妻は竿を擦り、俺は妻のクリを撫でる。
いつものパターンだ。

「さっきの話の続きは?」

「興奮しすぎて忘れてたw」

「はは」

「えーっと、あー、男の股間が口の前に来たからパクッとしたの」

「咥えたんだ?」

「えへへ、うん」

俺はクリを激しく擦った。

「ああーん、許してー」

「よし、じゃあ続きを話せ」

「うん」

「そしたら、もう1人の男もズボンを脱いで、『俺にもしてよ』って言ってきたの」

「おお、2本かー」

「うん。1本も2本も一緒じゃんw」

「まあなw」

「でね、交互に擦ったり舐めたりしてたら、最初に脱いだ男が、『もうだめだ。俺は入れる』とか言ってきたの」

「うん、やられたんだ」

「・・・バックから入れられた」

「大きかった?」

「・・・うん」

「俺とどっちが大きかった?」

「・・・パパのが一番だよ」

俺は、「こいつー」と言って、妻のおでこにデコピンをした。

「あたた」

妻はおでこを両手で擦ってる、「何すんねんw」とか言いながら。
俺はその隙にあそこに中指を入れた。

「あーーん、またイッちゃうからだめーん」

「ほら、イケー」

俺はGスポットを激しく擦った。
膣がキューっと締まってきて指が抜けなくなりそうだった。

「ちょっと待て、締めすぎー」

「だってー、気持ちいいんだもん、へへっ」

妻が首を傾げながら言った。
俺は指を抜いて、今度は両方の乳首を両手で撫で回した。

「で、続きは?」

「ん、うん。で、後ろから激しく突かれたの。お口はもう1人のちんちんが入ってたからあまり声が出せなかった」

「でも気持ち良かったんだろ?」

「・・・うん、へへー」

「で?」

「すごく激しく後ろから突かれたから口からちんちんが外れて・・・そしたら無意識に大きな声を出しちゃった」

「どんな?」

「えーっと、恥ずかしい」

「じゃあ、湯船からちょっと出ろ」

「ん、うん」

「そこの壁に手をついて尻を突き出せ」

「うん」

「いくぞ」

「うん・・・あっ」

「どうだ、こんな風にされたのか?」

「そう、あーー、そうなの、すごかったの、あたしの壊れそうで」

「ほら、しゃぶれ」

俺は妻を後ろから突きながら右手の指を3本、口にねじ込んだ。

「あー、すごいーーー」

妻は俺の指を激しくしゃぶった。

「んぐ、もっと、もっとー」

妻の声が風呂に響く。

「あーー、だめー、んっ、あっ」

妻がビクッとした。

「誰がイッていいつったんだー」

「だってー」

まだ妻はビクビクしてる。

「ねえ、もうだめー」

「まだ俺イッてねーし」

「ねえ、あれでしよ」

「ん?あー!いいねー」

あれとは電マのことだ。
俺たちは風呂から上がり寝室に行った。

「じゃーん」

妻が電マのスイッチを入れた。

ブーーーン!

電マが絶好調の音を立てる。
妻は俺の竿を上に持ち上げ、長い舌でぺロっとした。
そしてニヤッとしながら、俺の竿の裏筋に電マをくっつける。

「うわっ、うっ、イク、イク、あーーー、たんま、たんま」

「んー?どうしたのかなー?w」

妻がニヤニヤしている。

「これ、やばいよ。これ10秒持つやつは居ないっしょ」

「だよねー」

「あれ?話の続きは?」

「その後ね、その男のうちに誘われて行ったのね」

「まじで?・・・やばくね?」

「うーん・・・でも大したことなかったよ。男が1人増えてたけど、同じようなものだし」

そう言いながらも妻は右手で俺の乳首を弄ってる。

「でね、『上に乗って』って言われたの」

「うん」

俺は仰向けに寝そべり、妻を上に乗っけた。
しかし、まだ入れない。
俺は自分で電マを裏筋に当て、上に乗った妻はクリに当てた。
下から見ると妻が目を瞑りながらエロい顔をして、頭を左右に振っている。

「あー、だめっ、んーー」

次の瞬間、妻の腰が跳ね上がった。

「やんっ」

「またイッたのかよー」

「はあはあ」

妻が俺の隣に仰向けに倒れた。
俺は妻のオッパイを円を描くように優しく撫でながら、「やらしい女だなー」と言った。
妻は「へへー♪、ごめーん」と、息を荒げながら笑った。
俺は妻の頬を軽くつねったりして遊んでた。
しばらくすると妻が復活。

「ごめんねー、頑張る」

「いいよ、いいよ」

そう言って妻のクリに電マを当てた。

「んー、もうだめだってば・・・」

「いいから動くな」

「・・・」

「ほら、またビチョビチョだ、話の続きは?」

「んー、えーと、あたしが上に乗ったら下の男が突き上げてきたの、あーん、それでもう1人の男は口にちんちん、もう1人は後ろからオッパイを揉んできて・・・あとは同じ感じ」

「ふーん、軽い女だったんだな」

「寂しかったのー・・・」

妻はそう言って頬を膨らました。
俺は妻の股間に電マをねじ込んだ。
奥まで簡単に入っていく。

「あーーー、うっ」

妻は悲鳴に近い声を上げて腰を跳ね上げた。

「ん?どした?」

「・・・」

動かない。

「おーい」

なんと妻は失神していた。
しかし俺はお気楽に、まあそのうち起きるだろうと思い、電マを自分で竿に当てた。
イキそうになった時、竿を失神してる妻の口に持っていった。

「ん、んぐ」

妻は俺が竿を強引に口に入れると苦しそうに起きた。

「ぶはっ、はあはあ」

妻は俺を撥ね除け、慌てて洗面所に走った。
俺はベッドに仰向けになって天井を見つめ余韻に浸った。
しばらくするとドアの向こうから妻が俺を覗いている。

「あー、びっくりした。死ぬかと思ったよ」

「そんなに気持ちよかったの?」

「なんか宙に浮いた感じ」

「ふーん、もしかしてうがいしてきた?」

「うん」

「飲めよなー」

「少し飲んだぁ、苦かったw」

そして、「おやすみー」と言ってドアを閉めた。

妻は俺がイッた後はキスをしない。
それもお約束だ。

以上です。