妻、『カオル(仮名)』は33歳。
私は35歳で、小学生の娘が2人いる。
カオルは春から、下の娘の小学校入学を機に老人介護の仕事を始めた。

カオルは身長155cmと小柄であるが、時々市民マラソンに参加していることもあって、Bカップのバスト、くびれからヒップまでキュッと締まった、とても均整のとれたボディをしている。
PCMAX
性格も真面目で朗らかで、いつもハツラツとしている。
きっと仕事先でも人気者であろう。

先日、カオルは職場の飲み会で午前様に帰宅し、酔いと疲れからかスーツのままベッドで寝てしまった。
仕方なくジャケットとスカートを脱がしてあげたが、翌日は休みで、娘たちとは寝室も別だったことから私は悶々とし、思わずカオルの股間に顔を寄せてみた。
すると、なんとカオルのアソコから、紛れもない精子の匂いがしたのだ。
さすがに動揺したが、すぐに息苦しい想いに駆られ、性的興奮は昂ぶり、これ以上ないほどの勃起を遂げていた。
子どもができて成長するに従い、セックスの回数も内容も自重気味になっていたが、それこそ犯すくらいの勢いで、私はカオルを抱き始めた。

「・・・えっ?・・・えっ?」

若干の迷いを見せたものの、カオルは私の愛撫を受け入れた。
しかし声はあげない。
不貞の発覚を怖れているのか、目をギュッと瞑っていた。
ついさっきまで知らぬ男に揉みしだかれていたであろう乳房が、目の前で揺れる。

やさしい愛撫だったのか?
それとも激しく鷲掴みにされたのか?

ますます背徳感がそそられた。
弾けんばかりの乳首も口で弄ばれたのであろう。
舌で転がされ、吸われ、凝り固まったに違いない。

私は前戯もそこそこにカオルに挿入した。
短大時代のカオルの処女をもらって以来、彼女の秘部を貫いたのは、私の陰茎以外ないはずだった。
しかしソコは、他の男の欲棒の侵入を許し、事もあろうに生射精の洗礼まで受けていたのである。
私は胸を掻き毟られるような想いでピストンを繰り返したが、カオルの蜜と男の残り香付き精液が陰茎に絡みつき、興奮のるつぼに陥っていた。

「・・・アッ・・・ああん・・・」

それまで声を抑えていたカオルが思わず喘ぎを漏らした。

(どんな風に犯されたんだっ!よかったのか?感じたのか?)

もはや耐えうる術を持っていなかった私は、心の叫びと共にカオルの中に精子を浴びせた。
実に久しぶりの中出しであり、絞り尽くすような最高の射精感であった。
私は動揺と興奮の中、犯す勢いでセックスし、一気に中出しをして果てた。

今、カオルはシャワーを浴びに行っている。
私は射精後の焦燥感の中、この後のことを考えていた。
もともと私には、人には言えないような寝取られ願望があった。
見ず知らずの男に犯される妻を妄想し自慰に耽ることも日常的であったし、たまに借りるAVも、寝取られやスワップ系がほとんどであった。
女優さんも妻を連想させるようなショートカットで微乳系を好み、犯され、イカされる妻を妄想しては男根を握り締めていた。
しかしながら、いざその願望が現実になると、胸が締め付けられる想いがあった。

カオルが長いシャワーから戻ってきた。
無言のままベッドに入ったが、私が腕枕を差し伸べると、身体を寄せて私の胸に顔をうずめてきた。
私は切り出した。

「・・・カオル・・・私は嬉しいよ・・・カオルがオンナとしての歓びを、もし知ってくれたのなら嬉しいんだ・・・」

カオルがぐっと顔を押し付けてきた。
続けて私は自分に寝取られ願望があることを正直に告白した。
単に浮気をしてしまったカオルを責めることなく、自分の性的嗜好を満たしながら夫婦仲も壊さず、反省も、何があったのかの告白も私は導き出したいと考えた。
カオルが口を開いた。

「・・・ごめんなさい・・・」

以下はカオルが告白した話だ。

職場の飲み会という名目であったが、じつは同期入社のT君の送別会ということで、2人で飲みに行っていた。
T君は大卒で、妻と同じくこの春から老人介護の仕事に就いたが、急に退職し、実家に帰ることになったという。
同期入社は2人だけで、1回りくらい年齢は違うものの、T君とは仕事仲間として仲良くやっていたらしい。
ただ半年足らずで仕事を辞めてしまうT君に、あまり周囲は温かくなかった。
カオルの母性がそうさせたのであろう、2人きりでの送別会になったのだ。
K駅近くの炉端焼き屋で飲んだらしいが、カオルはそれほど酒に強くなく、酔いがあっという間にまわり顔が真っ赤になるタイプである。
慣れない酒か、無理をしたのか、店を出て歩き出すと酔いと吐き気で、どうにもこうにも具合が悪く、後先考えず、とにかく吐きたい、楽になりたい、落ち着きたいの一心で、駅裏のホテルに入ってしまったという。

悪酔いし、その流れで若いT君とホテルに入ってしまったと言うが、男にとってはその時点で勝ちであろう。
カオルのその甘さも、男にとってきっと魅力なのだが・・・。

カオルはトイレに籠ったりベッドに横になったりするうち、次第に身体は楽になったものの、今度は眠気が襲い、ベッドでウトウトしてしまったという。
ふと、まだ酔いも醒めずに心地良くまどろんでいた中、なんとなく重さを感じたところ、なんとT君が覆い被さっていた。
思わず目覚めたが、ブラウスのボタンは外され、ブラが露わになっている状態で、さらにT君はすでに下半身を出していたという。
こうなると男はもう攻めるだけだ。

「好きでした!」「憧れてました!」「思い出を作らせてください!」「もう逢えなくなるから!」などと、カオルに抵抗を与えぬまま一気に押しまくってきたらしい。

ジタバタするうちにブラはたくし上げられ、オッパイは激しく揉まれ、むしゃぶりつかれてしまった。
しかしT君は、下半身をカオルの太もも辺りに擦り付けていたが、興奮のあまり、あえなくそこで発射し、果ててしまったという。
迸った精液がパンスト越しの脚にかかった。
傍らに崩れ落ちてしまったT君と、だらしない格好のままのカオルと、しばし気まずい時間が流れた。
カオルは黙って浴室へ行き、汚れたパンストは処分し、ベロベロに舐められたオッパイを洗いにシャワーを浴び出した。

(もうこれで終わりね・・・)

半年とはいえ、仲良くやってきた仲間だったから、カオルは歯切れの悪さを感じていた。
そこへ全裸でT君が飛び込んで来たという。
半ばヤケクソ気味にシャワーに入り込んできたT君だったが、過剰に(嫌われたかも)と思っていたカオルは、ちょっとホッとしてしまい、そのまま湯やソープの泡を掛け合ったりして、「あはは」「うふふ」の雰囲気になったらしい。

見るとT君のアソコは見事に復活を遂げていた。
カオルは、男のアソコの大きさも、再勃起までのインターバルも、私の基準でしか知らなかったため、ある意味舐めてかかってしまったようであるが、T君のモノは、初めて見る巨大さだったのだ。

「初めての人になってください」

T君の告白はカオルの心を揺らした。

(一度くらいなら・・・夫に内緒なら・・・もうきっと会うこともないなら・・・)

そんな考えが浮かんだようである。
アソコも、身体がシャワールームで触れ合うシチュエーションに濡れ始めていたに違いない。
カオルは堕ちたのだ。

カオルは胸から、T君は腰からそれぞれバスタオルだけ巻き、ベッドになだれ込んだ。
タオルは一瞬にして剥ぎ取られ、一糸まとわぬ姿で愛し合い始めた。

告白するカオルの手を股間に導くと、優しく擦ってくれた。
漲りが帯びて、再び勃つ予感がした。
私もカオルを愛撫しながら話の続きを促した。

「どんなペッティングだったんだ?」

「・・・違う・・・強さとか・・・重さとか・・・香りとか・・・」

「よかったのか?」

「・・・わからない・・・夢中だったから・・・」

「どんな風に悶えたんだ?どんな喘ぎ声をあげたんだ?」

「・・・恥ずかしい・・・でも一生懸命だったから・・・少しは・・・」

「こうされたのか?こうされたのか?」

勃った私はのしかかり、セックスを始めた。

「クンニはされたのか?・・・されたんだな」

顔をカオルの股間に埋めると、そこは今で見たこともないビショビショ状態で、舐めようがないほどであった。

「フェラはしてやったのか?」

「・・・少しだけ・・・でも・・・すぐ出ちゃいそうって・・・」

すでにカオルは妖艶なオンナになっていた。

「T君のときと同じように導いてくれ・・・」

カオルは私の陰茎を秘部に添えた。
私は一気に貫いた。

「私以外のチンコは初めてだったのか?」

「・・・アン!・・・ああんっ!」

「答えなさいっ」

「・・・初めて・・・初めてですぅ!・・・ああんっ!」

「よかったんだなっ?」

「・・・ああんっ!・・・あんっ・・・」

「気持ち良かったんだなっ?」

「はい・・・今まで感じたことないくらいっ!・・・ああんっ!」

これこそ私が待ち望んだ姿だった。
初めて他の男の、その男にとっても初めての、しかも巨大な陰茎を受け入れ、オンナの歓びを知り、悶え、喘ぎ声をあげ、乳首を尖らせ、汗ばむ裸体を跳ね上げるカオルは本当に美しかった。
私はカオルを愛していると確信した。
私にはもう耐えうる力はなかった。

「T君に抱かれてるつもりになって・・・お願いだ・・・」

「・・・ああんっ・・・ああんっ!」

「頼むっ!」

「・・・ああっ・・・T君・・・来てぇっ!・・・ああんっ・・・ダメッ・・・!」

カオルのイキ声が脳天を貫き、生涯最高の射精感で私も果てた。