大学生の時、最寄り駅近くの喫茶店でアルバイトを始めた。
なにしろ初めてのアルバイトだったので緊張もあり、仕事覚えも悪くて周りにかなり迷惑をかけてしまった。
指導にあたってくれたのは年下の女の子で、その店では数年に渡って勤務しているベテランなのだが、やはり女の子に基本から教えてもらうというのは照れもあり、失敗ばかりの日が続いた。
PCMAX

「◯◯さんって、もしかして怒られて伸びるタイプですか?」

2週間が経っても成長が見えないということで言われてしまった。
そのまま取れば嫌味である。
当然こちらはそう思ったのだが、あまりに失敗が続いていたので何を言われても仕方ないと思い、「そうかもしれない」と肯定した。
すると彼女は、「そうなんですね」と嬉しそうに笑った後、「じゃあ、そうしましょう」と休憩中の僕に手を振ってその場からいなくなった。
その日はそれだけだったのだが・・・。

翌日のバイトで僕がとった注文の個数に間違いがあった。
作りかけてすぐに気付けはしたものの、廃棄が出てしまった。
またやってしまったと肩を落としながら店裏へ戻ると、彼女は待ってましたとばかりに僕につかつか寄ってきて、すれ違いざまに「お仕置き!」と言って、2回続けてお尻をパパンと叩いてきた。
一瞬何が起こったのか判らなかった。
でもすぐに先ほどの失敗に対する罰だと理解し、「すみませんでした」と謝った。
すると彼女は、「仕事中だから後でね」と言い残して、お客さんの方へ小走りで行ってしまった。

(後ってなんだ?)

気になったが聞くに聞けず。
休憩室で2人きりになった時に謎は解けた。
彼女は入ってくるなり僕を休憩室の壁の前に立たせた。
言う通りにすると、今度は壁に両手をつくよう言ってきた。

「できの悪い子の特別コース、お尻ぺんぺん10回だよ」

そう宣言すると右手を振り上げ、パパン、パパンと2回ずつ繰り返して、10回になるまで僕のお尻を叩いた。

もう一度言うが、僕は大学生。
彼女はバイトの先輩ではあるが、年下の女の子である。
しかし彼女にはそんなことは関係ないようだ。

「失敗したらコレにしますね。じつはあたし、結構スパルタなのだよ」

「もう仮入部は終わったのさー」と軽口ながらSな一面も覗かせつつ、仕事中もずっと僕を監督するように見守る彼女。
いつしか僕は、彼女にお尻を叩かれるのが快感になってしまった。
痛みもあまりなく、一種のプレイのような雰囲気もある。
そして同僚やお客さんに気付かれてはならない2人だけの秘密という隠し味もあいまって、3ヶ月も経つと僕はすっかり彼女の虜になっていた。

「今日はみんなが帰ってからお尻ぺんぺんします」

耳打ちでそんなことを言われるようになったのは、もちろん彼女との仲が深まったせいでもある。
しかし本当の原因は、僕が勤務中に股間を大きくさせてしまい、仕事に支障が出るようになったからだ。

オーナーから店を閉めるところまで任されている彼女は、他の従業員を帰した後で僕を呼び、「今日は何回失敗しましたか?」と聞いてくる。
僕の答えはいつも決まっていて、「わかりません」と答えると、普段以上に叱ってもらえるのだ。

「じゃあそこに四つん這いになってください」

言われた通り、休憩室の固い床に這いつくばる。
閉店で誰もいない時だけは彼女もやりたいようにできるので、「ズボンも下ろしてくださいね」という命令も忘れなかった。
肘と膝をついて、お尻を高く上げる。
かなり惨めな格好である。

「叩きますね」

ビシ!ビシ!ビシ!

彼女は僕のお尻を滅多打ちにした。
遊びでやっていた10回などウォーミングアップにもならないというばかりに、彼女は僕のお尻の白いところがなくなるまで、僕を打つ。
本人も汗をかいていたが、まるで数百回のお尻ぺんぺんもバイト業務の一部とでも言うように。

「最後に・・・ちょっとだけアメ」

お尻ぺんぺんの後は、僕の大きくなったモノを手で刺激して抜いてくれた。
腫れたお尻が直接床に触れていたため、軽く痛みを我慢しながらの“アメ”だったのだが、すでに発射寸前だった僕は、ものの数秒で床を汚してしまった。

「アメは終わり、ここは自分で掃除しといてください」

僕はまた怒られてしまった。

彼女の口利きで、その後もシフトは2人一緒のことが多く、そのたびに僕は彼女の“お仕置き”を心待ちに店に出ていた。
その後、就職活動が始まって、どうしてもバイトが続けられなくなり、名残惜しかったが僕は店を辞めた。

しばらくして店を訪れるとそこに彼女の姿はなく、どうやら彼女も辞めたようだった。
後から聞いたのだが、僕が辞めてすぐ、彼女から辞めると申し出があったそうだ。

未練なのか、僕は今でもその喫茶店に月1で顔を出すようになってしまった。