母の浮気に気づいたのは本当に偶然でした。

ある大きな駅。
たまたま趣味のプラモデルのパーツを買うため、土曜日にわざわざ出かけたんです。
その駅裏は、風俗店やラブホテルがいっぱいあるとこです。
PCMAX
買い物をして帰ろうと駅まで戻り、ふと目に入った喫茶店の奥に母がいました。
手前に男が座っています。

(そういえば、今日、友達と出かけるって言ってたな。親父と話してた行き先は違うとこじゃなかった?聞き違いか?)

店から戻ってくるところで、歩いている母と男を見つけました。
後をつけました。

(まさか、ホテルに入っちゃったりして・・・)

本当にホテルに入っていきました。
僕は鬱々としていました。

(まさか、あの母が・・・)

顔はまあ普通で、どっちかって言うと太め。
おしゃべりで、いつも父を怒っています。
僕も死ぬほど怒られています。
小学生くらいまでゲンコツを食らうこともしばしばありました。
まあ勉強しなかった僕が悪いのですが。

ドス黒い感情が渦巻いていました。
渦巻きながら、母のセックスを想像して興奮する自分がいました。

ある土曜日、僕は部屋でぼーっとしていました。
中間試験が近づいているのにです。
当然、そんな僕を見て母は怒ります。
しぶしぶ机に向かいましたが、やがてある考えが。
どす黒い感情が頂点に達し、僕は母のもとに向かいました。

「見たんだよ。この前」

全てをぶちまけました。
動揺し、しどろもどろの母。

「男と逃げて離婚すんの?どうなの?」

ぼろぼろと泣き出す母。

「黙っててやるよ。だから・・・」

「そんな事したら、もう・・・もう・・・むちゃくちゃになっちゃうわ!」

「もうなってんじゃん。母さんの浮気で」

僕は僕の欲求を満たすだけです。

「もうだめ」

裸にして、1時間くらい弄り回しました。
必死に僕の手を遮ろうとする母。
俺がやられたようにビンタしてやりました。

初めて目にした母のおまんこは、正直気持ち悪かったです。
こんなものを見たくて、僕はミニスカの女とかをガン見してたのかと。
母はすごく濡れていました。
そして、こう思いました。

(おまんこってこんなに拡がるものなのか)と・・・。

ちょっと乱暴にしすぎて痛がるようになった母。

「またしたくなったらするよ」

そう言って、そこまでにしました。
その夜、思い出してオナニーをしました。

2度目は、かなり落ち着いて弄りました。
結構クリトリスが弱いことがわかりました。
弄りながら指でGスポットを責めると、嗚咽からよがり声に変わりました。
少し潮を吹いたようです。

「ああ!ああ!」

吹きながら腰を浮かしています。
そのときは、イッたのかどうかはわかりませんでした。

何度目か、おまんこを弄ってやると、仰け反り、身をよじるようになりました。
10回は越えた頃、黒いゴムで出来たペニスの玩具を買って使いました。
20センチくらいあるのに、根元まで咥え込む母のおまんこ。
母も恥じらう気持ちはなくなったようです。

「ああ、ダメ、子宮に届いてるう!嫌よ、嫌よお!」

クリトリスを同時に手のひらでこねてやります。

「あー!」

歯を食いしばり、目が裏返った顔でびくんびくんと痙攣し始めた母。
ぐったりしてる母の顔にちんこを近づけました。
すると母は、おもちゃより小さなちんこを美味しそうにしゃぶってくれました。
僕は母の口の中に出しました。

「ねえ、(ちんこ)入れたくないの?」

「そこまでやったら近親相姦じゃん。それに母さんで童貞捨てたくねえし」

「ここまでしたら一緒じゃない」

(それもそうだな・・・)

母はすでに妊娠しない体だそうです。
俺を生んだ後、卵管を縛る手術をしたと聞きました。
ちんこ突っ込んだものの、ゆるくて全く刺激を受けません。
しかし、母がおまんこを締めたら、少し引っ掛かる感じがして、やっと出そうになりました。

「あ、出る」

「来て!」

やっぱりおまんこはいいと思いました。
そして、中出しという行為にはすごい満足感があると感じました。

「アイツとは会ってないの?」

ふと聞くと母は驚いた顔で、「今はアンタがしてくれるじゃない」と言いました。
母の浮気は許そうと思いました。