さらに激しくピストンした。
キャミソールをずり下ろして、おっぱいにむしゃぶりつきながら揉んだ。
すげえおっぱいが大きい、しかも柔らかい。

「もうパパったら・・・あんっっっ」
PCMAX

やっぱり寝ぼけているようで、俺のこと旦那だと思っている。
これに乗ってあげようと思った。

「めぐみ・・・寝る前にオナニーしたろ?」

「・・・してないよ」

「マンコが湿ってたぞ」

「んあぁぁぁ・・・だって・・・リナたちの声が聞こえてくると・・・私も・・・したくなっちゃうんだもん」

「何を想像してるんだ?」

「いやぁん・・・想像なんかしてないよ。あなただけ・・・」

「ユウト君にちんぽを挿入されてるのを想像してるんだろ?」

「いやぁんっ・・・そんなこと想像しないよ」

「正直に言わないと抜いちゃうぞ」

「やだぁぁ・・・言うからぁやめないでぇ、んっぁ。ユウト君のちんぽがめぐのマンコに入ってるの想像して・・・オナってます」

「もう悪いお母さんだな」

「だって・・・あなたが・・・」

ここでようやくめぐさんは気づいた。

「ええ!?誰なの?パパじゃないよね。誰?」

めぐさんはパニック状態だった。

「もしかして・・・ユウト君?」

「そうだよ、おばさん。ようやく気づいた?」

「いやぁ・・・やめて」

そう言うと俺から逃げようとしたので、俺はめぐさんをぐっと抱き締めた。

「気持ちいいでしょ?」

「ダメ・・・抜いて」

ここで再度鬼突きの連打。

「んぁぁぁぁ、ぁぁぁんっ」

「どう?気持ちいいでしょう?」

「いやぁ・・・抜いて・・・」

「さっきは『抜かないで』って言ったじゃん」

「・・・それは」

言葉に詰まるめぐさん。

「おばさん、寝る前にオナニーしてたでしょ?」

「してない」

ここで再度激しく、何度もマンコにぶち込んだ。

「いやんっっぁぁぁ」

「そんなに大きな声を出すと、リナが起きるよ」

めぐさんはハッとしたのか急に口を手で押さえた。
俺は腰を振りながらめぐさんに質問した。

「気持ちいいでしょ?」

「んっ・・・んっ・・・」

「寝る前にオナニーしてたの?」

首を横に振って否定をした。

「してたんでしょ?マンコからすごいマン汁の匂いがしたよ」

「・・・」

「そっかぁー、言わないならリナに言っちゃうよ」

「・・・」

「お前のお母さんとセックスしたって。すげー淫乱な女だったって。いいの?娘の彼氏を寝取る母親なんだぁって。最低な母親だなって言っちゃうよ?」

ちんぽをグリグリと子宮口にねじ込む。

「いやぁ・・・やめて・・・それだけは」

「なら・・・したの?」

めぐさんが頷いた。

「おばさん、ちゃんと自分の口で言ってよ」

俺は腰を深く入れ、チンポをめぐさんの子宮口に当てたまま、そこでグリグリと擦り上げた。

「あんっ」

「気持ちいい?」

「うんっ・・・気持ち良すぎ・・・」

「オナニーしたんでしょ?」

「うん。しちゃった・・・」

吹っ切れたのか素直になった。
俺はそんなめぐさんが愛らしくてキスをした。
舌を入れると・・・。

「ダメだよ・・・リナに怒られちゃう」

俺がそれでも舌を積極的に絡めようとすると観念したらしく、めぐさんも絡めてきた。
圧倒された。
濃密で濃厚な大人キスに。
キスをしながら、めぐさんのマンコにチンポを締め付けられている。
この状況にイキそうになってしまった。

「おばさん、イッちゃいそう」

「ゴムは付けてない、ね?」

「うん」

めぐさんはちょっと黙り込んで・・・。

「大丈夫かな・・・」

「え?」

「そのまま中に出していいよ」

「いいの?」

俺は渾身のピストンを繰り返した。
最中にめぐさんに絶頂が訪れた。
めぐさんは潮を吹き始めた。
熱い液体が俺の股間や金玉袋にかかる。
腰を浮かしたと同時に・・・。

「イッちゃうー、イクっ・・・」

「うん。イッて!」

俺はめぐさんのイク姿を見届けた。
全身が数回、ピクンピクンと痙攣していた。
そして力尽きたかのようにぐったりした。
めぐさんはイッた後も感じるようで・・・。

「すっごい・・・もう無理・・・」

感度がどんどん上がっている様子だった。
そして2度目、3度目とめぐさんは絶頂を迎えていた。
3度目にめぐさんがイク瞬間に俺もイキそうになった。

「中に出すよ!」

「あぁぁぁんんっ・・・ちょうだい・・・中に出しぇ!イッちゃうー、だめぇイクぅ!」

めぐさんがイッた後、俺は熱い精液をめぐさんの中に放出した。
俺はそのままめぐさんの上に倒れ込んだ。
挿入したままでめぐさんと抱き合った。

しばらくしてめぐさんがキスをしてきた。
俺はそれを受け入れて、舌を絡めた。

「こんな気持ちいいセックス初めて」

めぐさんが俺の髪をさすりながら言った。

「太もものあたりがまだ痙攣してるの」

そう言うとめぐさんは俺の手を掴み、太ももに移動させた。
確かに小刻みに震えているのがわかった。

「初めて女の悦びをみたいなのを知ったわ。旦那の・・・小さいから、気持ちいいところに届かないの・・・。それに比べてユウト君のはずっと気持ちいいところに当たってた。今も大きいまま私の中に入ってるし・・・。こんな大きい人とエッチしたの初めて」

俺はずっと聞いていた。

「おばさんって何人としたことあるの?」

「ユウト君・・・入れまま?」

「うん。なんか抜きたくない」

「リナともそうなの?」

「ううん、リナとは終わったら抜く。ゴム付いてるのが気持ち悪いから。でも、おばさんとは抜きたくない」

「え?なんで?」

「なんか包まれる感がいい」

「私もなんか・・・ユウト君のおちんちんを感じられるのと・・・程よい気持ち良さがあって・・・このままがいいの」

めぐさんとキスを何度も重ねた。

「おばさん、体験人数は?」

「え?言うの?恥ずかしいなぁ?」

「言ってよ」

「旦那を合わせると4人で、ユウト君で5人目」

「へぇ、意外だな」

「意外って?」

「俺、おばさんみたいな清楚な人って旦那さんだけだと思ってたから」

「清楚って、そんなお世辞も言えるんだ?」

「お世辞じゃないよ!マジだよ」

「そっか、ありがとう、そんな風に思ってくれて。でも若い頃はそれなりに恋愛もしていたからね」

めぐさんといちゃいちゃした。
ちんぽはずっとめぐさんのマンコの中に入ったまま。

「ユウト君って・・・おちんちんすごいね」

「ん?何が?」

「だってイッた後なのにずっと大きいままだから」

「抜こうか?」

「このままがいいの・・・ねぇ?中で出すの初めて?」

「うん。初めてだった」

「いいの?こんなおばさんが初めてで?」

「全然。初めて会った時から、おばさんとやりたかった」

「本当?・・・気持ちって伝わるのかな?・・・私も・・・ユウト君としたかったの」

「両想いだったんだね」

「うん。主人と娘には・・・ものすごく悪いことしちゃったけど」

「大丈夫。俺はずっとおばさんの味方で・・・リナと別れてもずっと一緒にいるから」

「本当?」

「うん」

この日から、かれこれ10年。
俺は大学を出て就職、リナは看護学校を出て今は看護師。
リナとは半年前に結婚した。
今、赤ちゃんを身籠っている。
めぐさんとは今も月に1~2回、関係が続いている。