高校時代、某ハンバーガーショップでアルバイトをしてました。
すごく忙しかったけど、社員さんたちが優しくて、時々厳しいけど、いい社会勉強になったと思ってます。
社員さんの中でも、黒い制服の一番偉い人は、みんなの憧れの的でした。
上に行く人は、仕事も容姿も綺麗なものだなと思いました。
PCMAX

30歳の偉い人(以下Sさん)は、「俺はもうだめだ、おっさんやん」と言って笑いをとるのが上手い人でした。
なんというか大人の魅力に溢れていました。
でも、怒るとメチャクチャ怖いって聞いてました。
見たことはないけど、お店の裏の外でタバコを吸っているときは、ちょっと元ヤン感があってギャップでした。

ある日、夜のバイトから帰るとき、電車が人身事故で止まってしばらくダメだと先輩から聞きました。
少し遠い俺が困っていたら、Sさんが車を出すと言ってくれました。
Sさん、その日は有給だけど出勤してて、そろそろ帰ろうと思ってたらしいんです。
仕事の鬼だけど、今回は感謝だと思いました。

車は軽で助手席に座りました。
Sさんはミスチルが好きみたいで、帰り道ずっと流してました。

(車を持ったら、こんな風に音楽を流して、いい香りがするやつを置いて、ちょっとゲーセンで取った可愛いキャラクターぶら下げとけば彼女はイチコロだろうな)とか考えてました。

運転中、Sさんといっぱい話をして楽しくて、信号で止まると俺の頭を撫でて、「お前って可愛いね」なんて言われて恥ずかしくて。
でも、今思い出すと、目がマジでゾクっとします。
そこからはもうなんか始まってしまった感じで、Sさんは俺の太ももを撫でながら信号を見てて、もう恥ずかしくて、「あのー、俺を彼女の代わりにしないでくださいよー」って笑いに持っていこう作戦に出たんだけど、「あー、俺、今彼女いねーよ。いても会う時間ねーし」とか低い声で返ってきて・・・。

(うう、怖い・・・)

「どうしたん?黙っちゃって」

信号が青になって、一旦手を離すSさん。
また信号で止まって、太ももを撫でてきました。

「Sさん、ちょっと・・・ヤバイですよ」

精一杯迷惑な顔をしたつもりだけど、やめてくれません。
俺も俺だけど股間が反応してしまったんです。

「お前さー、Mやろー?すげーちょっかい出したくなるんだけど」

股間を掴まれて、呻いてしまいました。

(Sさんはそういう目で俺を見てたのか)

って、情けないような、でもほんの少し嬉しかったりして、もう訳が分かんなくて怖かったです。
家の近所の人気のないとこに車を停めて、ちんこをしごかれました。
俯いて呻き声とか出しちゃって。
顔は見えないけどSさんがクスクス笑ってる。

(ああ、こんなとこでイキたくない。でもヤバイ・・・どうしよう)

「顔上げて」

右手で顔を上げられてキスをされました。
めっちゃエロいキスでした。
舌とかすごい使ってきて。
そしたらグイっとズボンを下ろされて、パンツの上からお尻の穴にグググって指で押されて、もう怖くて・・・。

「なんで!なんでお尻をさわるんですか!」

「んー?気持ちいいから(笑)」

Sさんの目がギラギラしてました。
俺は怖くて半泣きです。

「俺、もう帰るんで、やめてください」

「お前、チンコがこの状態で帰るんか?収まりがつかんやろ、絶対」

「なんでSさん、なんで・・・」

「泣きながらちんこ立たすとか、お前なんなん?俺は、お前が立ってるから処理してやろうとしてんだろ?」

言ってることが滅茶苦茶だと思いました。
でも怖いから逆らえなかったんです。
Sさんのジャケットの下には、いつものかっこいい制服が見えてて、(ああ、いけないことをされてるんだ・・・)って思いました。

「な?もうちょっと2人でおろっか。ここが嫌やったら2人っきりになれるとこ行こう?イキたいやろ?」

(どっちの意味で?)

そう思ったけど、チンコのほうだと思って頷きました。
そしたら、またキスされました。
今度はやさしいキスでした。

「マジ可愛い」

俺の名前を呼びながらギューギュー抱きついてきたSさん。

そのあと、ラブホに連れて行かれて、Sさんに掘られました。
今、大学生ですけど、いまだにSさんとはたまに会ってて、セフレみたいな感じです。
Sさんは結婚してるし、まぁそんなもんだと。