17歳、高校2年の妹が家ではオープン過ぎて困ります。
かくいう俺も似たようなものだけど。
両親は共働きで、俺も高校時代からバイトしていた店で正社員採用してもらい、今年で3年目になる。

それは去年の夏、8月前半の平日。
PCMAX
妹は夏休み中で両親は仕事、俺は代休で休みだった。
普段から妹はオープンで、風呂上がりはバスタオルを一枚巻いた状態で家の中をウロウロするし、昼間なんか部屋のドアは開けっぱでマッパになって着替えてたりしていた。
そんな男っぽい妹に欲情なんかするはずなどないと思っていたのだが・・・。

その日、妹に貸していたCDを返してもらおうと、まさに着替え中のパンツ一枚のところだったが構わずに部屋へ入っていった。

「涼子~、前に貸した◯◯のCDどうした?」

背中を向けている妹に声をかけた。

「えっ!?借りたっけ・・・」

そう惚けるので、「一ヶ月くらい前に貸してくれって勝手に部屋に入って持っていっただろっ!?」と語尾をちょっと強めて言う。

「あー・・・そうだったっけ・・・かなぁ~?」

背中を向けつつパンツを脱ぎ、ちょうど真っ裸になるところでさらに惚けようとする。

(さてはコイツ、誰かにあげたな)

以前にも友達に勝手にCDをあげたことがあったので、今回もそうだなと思い、後ろから首に左腕を巻き付け、「ゴォラァ!また誰かにあげただろっ!?」と右手で頬っぺたを抓りながら問いただすと、「ゴメンナサイ!ゴメンナサイ!美由紀がどうしても欲しいって言うから・・・つい」と最後はヘラヘラした顔で答えた。

「はぁ~・・・」

呆れて何も言えなくなるとはこのことかと、人生で初めて実感した時だった。
ため息しか出ない俺に「お兄ちゃん許してニャン」と、いつもは言わない「お兄ちゃん」なんて言い方をして、さらに“ももち”を真似たのか、「ニャン」なんて言葉を使って許しを求めてきた。
どうでもよくなった俺は、ふと妹の身体に視線が行った。
いつの間にか成長していて、正直ドキッとしてしまった。

「涼子、いつの間にこんなに成長したんだぁ~」

左腕を絡めたまま、右手でオッパイを鷲掴むように軽く揉んでみた。

「ヤー!兄ちゃんっ、やめてよー!」

嫌がったので、「人のCDを勝手に人にあげた罰じゃっ!」と言って、嫌がる妹のオッパイをマジ揉みした。
すると最初こそ嫌がっていた妹だが、次第に気持ち良くなってきたのか、「はぁ・・・はぁ・・・」と息が荒くなり始めた。
やがて完全に身体の強張りがなくなると、俺は妹とベッドに座らせて、後ろから抱くように本格的に両乳を揉み始めた。
当然ムスコはギンギン!
でも構わず妹の背中にピッタリとくっ付くように後ろから抱き、オッパイをモミモミした。
時々乳首を軽く摘まむようにすると、「はぁ、あっ!」と喘ぎ声が大きくなり、爪で引っ掻くようにするとビクッと身体が跳ね、だんだんと上半身の力が抜けて俺に完全にもたれかかってきた。

そこで俺は妹をベッドに仰向けに寝かせ、今度は舌を使って愛撫を始めた。
いきなり乳首を攻めるのではなく、外側から徐々に舐めていき、焦らして焦らして時々ちょっと触れたりしてと同時にモミモミして最高に敏感になったところで一気に乳首攻めをした。

「はぁ~・・・あ~ん、気持ちいい~、ダメぇ~・・・兄ちゃんやばいよ~」

乳首攻めに入ると今度は執拗に舐めまくり、チュウチュウ吸ったり甘噛みしたり舌先でチロチロしたりと、思いつく限りの舌攻めをした。
そのうち妹の足が・・・正確には太腿辺りがモゾモゾとしてくるので、これは股間が疼いているのだなと思った。
しかし、右手を股間へやろうとすると太股をピタッと閉じて触らせないようにするので強引にねじ込んだ。

そのとき、ある異変に気付いた。
はっ!となり、しゃぶり付いていた乳首から離れて股間を見つめると、なんと一切の毛がなかった。
妹の裸は何度も見てはいたが、全身隈なく観察したわけではなかったので、まさか妹がパイパンだとは思わなかった。

「涼子!毛はどうしたっ!?」

驚いて、思わず叫ぶように聞いた。

「ないよ・・・最初から」

あっさりと照れながらも答えたではないか!

「マジッ!天然物!?」

そう言いながら俺は妹の両腿を広げてM字開脚にした。
すると慌てるように妹が両手で隠してきた。

「ちょっ・・・恥ずいんだけど・・・」

俺を少し睨むように訴えかけるので、俺はすぐに真っ裸になり、「これならいいだろ?」とギンギンに反り返ったチンポを見せつけるようにして69の体勢になった。
妹は、「え~・・・」と言いつつも、その手は自然とチンポを掴んでいた。

「兄ちゃんのデカくない?」

「そうかぁ?」

丸見えになったワレメをしばし見つめ、今度は焦らすことはせず一気に舌を這わせクンニを始めた。

「あ~ん」

可愛い喘ぎ声を出し、妹もチンポを咥えてフェラを始めた。
ジュポジュポ、ピチャピチャと卑猥な音だけが部屋の中で聞こえる。
俺は舌と指を駆使して妹を喜ばせた。
次第に妹の口が休みがちになり喘ぎ声がよく聞こえてくるようになってきた。
そしてとうとう握っていた手さえも離してしまい、ただただ喘ぐばかりになってしまった。
それでも構わず俺はクンニと指マンを続けた。
すると耐えられなくなったのか・・・。

「兄ちゃん・・・もうダメ・・・くっ!うっ!あんっ」

どうやらイッてしまったらしい。

「なんだ、イッちゃったのか?」

「うん・・・」

いつもは聞けない可愛い声で小さく返事をしてきた。
それを聞いた俺はなんかすごく可愛く感じて、69の体勢をやめて正常位の体勢になった。
妹の顔を見つめると瞳はうっとりして頬は少し赤くなっている。
こんな可愛い妹は初めて見た。
それと同時に鼓動が速くなるのを感じた。

しばらく見つめていると妹はそっと目を閉じたので自然にキスをした。
最初は軽くチュッとするだけのチューから、しっかり唇同士をくっ付けたキスになり、舌を絡ませたディープキスへと変わっていた。
キスをしながら俺はチンポを妹の股間に擦りつけ、素股をして刺激を与えていた。

しばらく続けていたが、どちらからともなく唇が離れると、妹は潤んだ瞳で、「来て・・・」と囁いた。
俺は腰だけで狙いを定めて挿入をした。
ゆっくりと確実に奥深く、チンポの根元までしっかりと咥えさせた。
錯覚なのかもしれないが、今までの女の中で一番気持ちいいと感じた。
ゆっくりとスライドを始めると膣の感触がさらによく分かった。
奥深くチンポの先端が当たるとキュッと締め付け、引く時は適度な締め付けでカリの部分が膣口に来るとまたキュッと締め付けて逃さないようにされる。
まさか意図的にこんな事はできないだろう・・・。
これが『名器』と呼ばれる性器なのかと俺は思った。

このままずっと繋がっていたい衝動もあったが、妹を喜ばせなければ意味がないので、俺はできる限り射精感を堪えて妹を喜ばせた。
次第に腰の動きを速めていくと妹の喘ぎ声も大きく激しくなった。

「アッン!アッン!だめっ!イクっ!イッちゃう!アッ!」

膣壁がキュッと締まったと同時に背筋を仰け反らせた。
妹がイッたのを確認した俺はなおも腰を動かし続けた。

「ダメッ!ダメッ!またイッちゃう!あっ!あっ!イクっ!イクっ!アッ!」

再び背中を仰け反らせて連続でイッた。
ビクンビクンと身体を震わせながら何度もイク姿に俺は興奮し、射精感が一気にこみ上げてきた。
そのまま射精に向かって腰の動きを激しくした。
いよいよ射精って時、なんと妹は俺の首に腕を腰に脚を絡め、「ダメッー!」と叫んで動きを止めさせられた。
当然のことながら俺は我慢できず膣内射精をすることになった。

「ちょっ!何やってんだよっ!中で出しちまったじゃねーかっ!」

ギュッと妹に抱き締められた状態で妹に抗議したのだが・・・。

「はぁはぁ・・・だって・・・はぁ・・・兄ちゃん・・・激し過ぎるから・・・はぁ・・・」

確かに俺も激しくし過ぎたかなと反省したが、中出ししてしまったことについては妹にも責任があるわけで、「悪かったよ・・・ゴメンな激し過ぎて・・・」と一応謝ってから「俺は中出しするつもりなかったんだからな」と言い訳をすると、「大丈夫だから・・・」と荒い息がだいぶ落ち着いてきたところでようやく話し始めた。

「今日は安全日だから安心して」

「そうじゃなかったら俺はマジで逃げるつもりでいたぞ」

「だよねっ(笑)。それにしても兄ちゃん、エッチ上手過ぎるぅ」

やっと俺は開放された。

エアコンのない妹の部屋での激しい運動で2人とも汗だくになったので、一緒にシャワーを浴びることにした。
浴室へ移動してシャワーを浴びお互いの身体を洗いっこした。

「兄ちゃんの背中を洗うの久しぶりだぁ~」

そんな会話をしながら全身を洗い合い終わる。

「兄ちゃんのまだギンギンだねぇ~(笑)」

「涼子のマンコが気持ち良過ぎるから1回じゃ収まんねぇんだよ(笑)」

「じゃあもう1回する?」

「もう1回くらいじゃ収まらないかもな(笑)」

「じゃあ好きなだけしていいよ♪」

お袋が帰ってくるまでの間、たっぷりと楽しませてもらった。
それからは時々、親や友達にバレないようにホテルへ行ったり、俺の車で人気のない所でカーセックスしたり、安全日以外はちゃんとゴムを付けて楽しんでいる。