俺が高校の時、写真部に属していて、高級1眼レフを12回払いで購入した。
いいカメラを持つとどうしても何か撮ってみたくなるもので、初めの頃は風景とか動物を撮って満足していた。

ある日、公園で猫の写真を撮っていた時のことだ。
PCMAX
どこからともなく集まった3年生から6年生の少女たち4人。
猫を抱き上げたり抱っこしたりして可愛がっているようだ。
その風景を写真に収めるべく、カメラを構えた。

「お兄ちゃん写真撮ってるの?じゃあ抱っこするから撮って~」

ネームプレートから小学6年生とわかる少女が話しかけてきた。

「ん・・・と、美咲ちゃんっていうのか。いいよ、じゃあここにしゃがんで」

「え~、しゃがんだらパンツ見えちゃうよ~。パンチラ撮るんでしょ~。エッチなんだ~」

「そ、そんなんじゃないって!いいよ。じゃあ別の子に抱っこしてもらおうかな~」

「いやだ~、撮ってよ~!しゃがむから~。ハイ、しゃがんだよ~」

美咲はパンチラしてないか確認しながらしゃがんだが、子猫を抱っこさせるとそんな注意はどこかへ行ってしまったのか、キュロットの隙間からパンチラどころかモロ見えな状態だった。
写真を10枚くらい撮った後。

「美咲、パンツ見えちゃってるけどいいのかよ」

「どうせ写真見ながらエッチなことするんでしょ」

想像もしていなかった言葉が美咲の口から発せられた。

「な、なんだよ・・・エッチなことって?」

「え~、知ってるくせに~。クラスの男子はエッチなことしたとか、どんな風にとかで盛り上がってたよ」

そういう話しぶりってことは、大体のことはわかるようだ。
そこで思い切って聞いてみた。

「あのさ~、じつはモデル探してたんだけど、なかなかいなくって」

「モデル!いいよ。モデルになってあげる」

この日は一緒にいた少女たち4人全員の写真を36枚撮りフィルム1本分撮り切ってから、美咲と日取りの確認をして別れた。

約束の土曜日、美咲は他所行きの洒落たワンピースを着て約束の公園にやって来た。
早速写真を撮りはじめ、色んな場所でシャッターを切った。

「じゃあ今度はブランコに乗るから撮って~」

そう言いながら美咲がブランコに立ち乗りして、勢いよく漕ぎ出した。
勢いが増すたびにワンピースの裾から白いパンツがチラリと覗いた。
夢中になってシャッターを切り続け、あっという間にフイルムが終了。

フイルムを入れ替え、再度撮影を始めたが、なんかおかしい。
さっきまでチラリと覗いていた白い布地が確認できない!
ファインダー越しに見ていたが、思わずファインダーから目を離してまじまじと見た。

(なんだ、パンツを穿いてないじゃないか!)

チラリと見える少女の割れ目に目が釘付けになった。

「うふふ、やっぱりお兄ちゃんはエッチだ~。そんなに見たい?」

「・・・いや・・・ちょっとビックリしちゃって・・・でも、よく見てみたいかも・・・」

美咲はブランコを急停止させ、滑り台に走っていく。
滑り台を逆走してっぺんまで行くと、くるりと向きを変え、しゃがんで見せた。
太ももの奥に確かに割れ目が存在していた。
吸いこまれるように間近まで近寄り、シャッターを切る。
気が付くと割れ目ばかりを写している自分に気付いた。
美咲はニヤニヤしながら、サービスとばかりに割れ目を指で押し開き、中のサーモンピンクの粘膜を露出させた。
あっという間にフイルムを使い切ってしまった。

「あれ?もうフィルムなくなっちゃったの~?ざんね~~ん!もっと撮っても良かったのにな~」

「じゃあ、また撮らせてくれる?今度はもっと沢山準備しておくから」

「わかった、いいよ!でもね~、今度は私の家じゃダメ?」

「お家の人は?」

「明日は誰もいないよ。じゃあ明日で決まりね、いいでしょ?」

美咲と別れ、チャリを飛ばし、10キロほど離れた写真店に行き、36枚撮りフイルムを1ダース、小遣いをはたいて購入した。

家に帰ると早速さっき撮ったばかりのフイルムを現像した。
現像が終わると、逸る気持ちを抑えてフイルムを乾燥させた。
吊り下げたフイルムからもわかる、美咲の秘密の花園!
ネガの数ミリにも満たない花園に興奮は最高潮になってしまい、思わず現像室の中でオナニーをしてしまった。
結局この日は3回ほど放出させても、勃起が収まる気配はなかった。

日曜の朝、教えてもらったアパートに行くと、階段の所でタンクトップにキュロット姿の美咲が手を振っていた。
美咲ちゃんのアパートは木造、一部モルタル造りの2階だった。

「早く家に入ってよ~」

美咲ちゃんに手を引かれ、鉄製の階段を上がった。
階段上部の踊り場前に、引き戸の玄関だった。
戸は開けっぱなしで、玄関には美咲ちゃんの物にしては多すぎる靴が散乱していた。

「ちょっと狭いけど・・・そこの隙間に足を伸ばして入って」

辛うじて靴1足分のスペースに飛び込むようにし、勢い余って四つん這いに。
その拍子に奥の部屋が少し見えた。

(ん?誰かいる!)

「あのね、今日は友達もいるんだ!」

「なんだ、家の人いるのかと思っちゃったよ」

「じゃあ友達も仲間に入れてあげてね」

「いいよ、いくらでもOK」

「みんな~、いいって~」

美咲が奥に向かって呼びかけると、前に公園で見かけた3人と初見の子が2人、全員で6人の少女たちだ。
早速写真を取り始めたが、多すぎて集合写真のようだ。
でも全員スカート(キュロット)かワンピース。
それとなく体育座りをさせてみたが、ブルマは穿いていないようだ。
一通り撮り終えた頃、頃合いを見計らったのか美咲が提案をした。

「ね~、なんかさ~、もっと面白い写真撮ってもらおうよ~」

「じゃあ、あれよくない?」

「え~あれ~、恥ずかしいよ~」

「私はいいよ~」

「千恵ちゃんも一緒にやる?」

3年生の千恵ちゃんも誘っているようだ。

「お兄さん、決まったよ~。じゃあ歳の順ね~」

「あっ、そういえば年と名前を聞いてなかったね。自己紹介してよ」

「じゃ私ね、美咲、小6、身長149センチ、体重は内緒~」

「私は有希!小5で、千恵は小3の妹です」

「私は真知子、小6で、こいつが妹の美奈子、小4」

「私は・・・ひまわり組です・・・」

「はるちゃんは私と同級生なんだけど、ちょっとね」

「美咲ちゃんと同じなら11歳か12歳だね」

「はるちゃんは大家さん家の子なんだ~。で、いつも遊びに来るわけ」

「面倒見がいいんだね、美咲ちゃんは」

「そんな事ないし~。いいから早く始めよっ!」

「最初はグ~、じゃんけんポ~ン!」

「決まり!じゃあ千恵ちゃんと美奈子ちゃんね」

何が始まるのかと思えば流行りのゲームらしい。

「じゃんけんポン、あっちむいてホイ!」

4、5回続いたが負けたのは美奈子ちゃんだった。

「じゃあ、な~あ~に~」

「スカート!」

スクッと立ち上がった美奈子ちゃんは、身に着けていた黄色のスカートをスルリと脱いだ。

「ビックリした?負けたら1枚脱ぐゲームだよ。ちゃんと撮っててね」

見たところ、靴下を履いてる子はいないし、身に着けてる物は4枚ってところ。

(この調子じゃあ、あっという間に裸になっちゃうな・・・)

俺は後のことを考えて、極力シャッターを切らずにやり過ごした。

10分後、こちらの思惑通り、5人が丸裸になってしまった。
いつもやってる遊びなのか、裸になっても恥ずかしがっていたのは最初のうちだけだった。
はじめは閉じてた足も次第に大股開きになり、スリットから具を惜しげもなく曝け出している。
ここぞとばかりにカメラを向けると、Vサインの指で広げて見せたりと、遊び感覚で5人の少女が惜しげもなく撮影に協力してくれた。

5人のおまんこを撮りまくって36枚撮り3本が終了。
やることがなくなって退屈し始めた頃、ただ1人、全く何も脱いでいない美咲が、また何かを提案した。

「じゃあさ~、ついでにあれもやっちゃう?」

トランプを出してきてスピードを始めた。
さっきと何が違うのかと見ていると、勝った方が負けた方のトランプの残りの枚数を数えだした。

「1、2、3、4、5、6枚!どうする?今日は10倍?」

「え~10倍~、負けちゃったら・・・うわ、たいへ~ん」

そうこうしていると、美咲が奥の方から業務用の按摩機を出してきた。

「はい、お待たせ~!じゃ美奈ちゃん早く~」

どうやら按摩機の我慢大会らしい。
美奈子ちゃんが仰向けに寝そべると勝った美咲が按摩機の電源を入れた。

ぶ~~~ん!

強力そうな低い振動音が響き渡る。

「いくよ~。じゃ太もも~」

「1、2、3、4、5・・・」

残りのみんなが時計の秒針を数えている。
美奈子ちゃんの太ももを上下左右に滑る按摩機。
マッサージの部分が長方形のため、滑らせた時にちょうど角の部分が美奈子ちゃんの大事な部分に当たるようだ。
美咲もあえてやっているのか、身体をくねらせて逃げようとするが、それを許さない。
いつしか、按摩機は美奈子ちゃんのスリットの上から動かなくなり、40秒を過ぎる頃には小刻みに震え、足をピーンと突っ張る美奈子ちゃん。
ファインダー越しからもわかるほどスリット周辺のお肉がブルブル振動していた。

「58、59、60~。はい、終わり~」

「はあはあ・・・。あ~くすぐったかった~、あはは~」

美奈子ちゃんはくすぐったいと誤魔化していたが、違う何かが身体に起きていたのは、ヌラリと光るおまんこが時々ひくついていることからも明らかだった。