俺が高2の時でした。
家に帰るとリビングに3人のヤクザ風の男たちがいて、母に何やら厳しい口調で話していました。

母は当時30代後半、キャバレーでママの仕事をしていました。
PCMAX
俺は母が高1の時に産んだ子で、父親は母の通っていた塾の講師でした。
美人で有名だった母にのぼせて分別もなく孕ませて、そのまま逃げてしまったと聞いています。
母は高校を中退し、地元では名家だった実家にも居づらくなり、都会に出て水商売をしながら俺を育てました。
何度か男ができて同棲もしましたが、やがて母のもとを去っていきました。
そんな母でしたが、いつも変わらず俺の味方をして、育ててくれました。

リビングの男たちは、どうやら借金の取り立てにきたヤクザのようです。
学生服姿の俺に気がつくと、「あんたの息子かい?」と男の1人が母に聞きました。

「ええ、そうよ」

母が俯いて答えました。

「ちょうどいい。役者になってもらおう」

「そ、それは堪忍して」

「だったら、俺とやるかい?いや、それは後だ。『実録母子相姦』のほうが売れるよな」

他の男たちはそれを聞いてニヤニヤ笑っています。

「母さん、どういうこと?」

俺は勇気を振り絞って聞きました。

「母さん、この人たちに借金しちゃったの。返さなくちゃいけないのに利息が高くて・・・」

「おいおい、人聞きの悪いことを言いなさんな。高い利子でもいいから金を貸してくれって頼んだのは、あんたの方だぜ」

母は俯いて何も答えません。

「そろそろ脱いでもらおうか、こちらも仕事がつかえているんでね」

驚いたことに、母は素直に服を脱ぎはじめました。

「おっと、待ってくれ。こちらにも準備がある」

そう言うと男はバッグからビデオカメラやスチールカメラを取り出しました。
照明用のライトは部屋の白壁に向け、跳ね返った光を照明に使うようです。
1人はプロのカメラマンらしく、手慣れた様子で撮影をはじめました。
母は服を脱ぎ下着姿になりました。

「ぼっちゃんも脱ぎな」

ヤクザが言いました。
俺は面食らって何もできずにいました。

「ヒロシ、ごめん。母さんに協力して」

黒の下着姿になった母は俺に近づくと学生服を脱がしはじめました。

「や、やめてくれよ」

母さんの手を振り払うと、すかさず男にパンチをみぞおちに入れられました。
俺は痛さに体を捩じりました。

「まだ子供なの、許して」

悲しい表情の母は俺の学生服を脱がせるとベルトを緩めました。
俺は何も考えられず、成り行きに身を任せました。
母は俺のパンツを下ろすとペニスをしゃぶりはじめました。

「おやおや、ぼっちゃん、いいモノしてるじゃないか」

どうやら俺のペニスは巨根の部類らしいです。
以前にも何度か同級生に言われたことがありました。
母に吸われて俺のペニスは硬さを増してきました。
華奢な割に巨乳な母の胸の谷間がエロいです。
チュパチュパと卑猥な濡れた音が部屋に響きました。

じつは母さんにこれをされるのは、この日が初めてじゃないんです。
夜遅く、相当に酔って仕事から帰ってきたある日、俺のベッドに入ってくると、店で辛いことがあったのかシクシクと泣き出しました。
俺が眠ったふりをしていると、急に下半身に頭をうずめてフェラをはじめました。
寝る直前までエロビデオを見ていたせいもあって、すぐに勃起してしまいました。
やがて、母は俺の上に跨がると、俺自身を自分の割れ目に入れて腰を激しく振りはじめました。
必死にこらえましたが、数分で俺は出してしまいました。

後で分かったのですが、母は病院で胎内に避妊具を入れているようです。
アフターフェラをしてくれた後、酔いが手伝ってか母は爆睡してしまいました。
それから何度か同じようなことがありましたが、慣れてきたのか早漏にもならず、俺は母の体の火照りを癒す手伝いをしました。

ヤクザは正常位で母に挿入するよう命じました。
仕方なく母の黒の下着をとると、黒い茂みの下で怪しく粘液で濡れて光る割れ目が出てきました。
母の手に手伝われて亀頭を割れ目に当てると、ゆっくりと腰を前に進めました。

「ううっ」

母が呻いて体を反らせます。
数分間だったと思いますが、腰を動かしたていたとき、全身に熱くなるものを感じました。

「俺、イキそう」

ペニスを引き抜こうとすると、ヤクザの男が俺の尻を足で踏みつけて抜かさないようにしたのです。

「うわっ」

おまけに足で何度か俺の尻を震わせたので、腰に電気が走って頭が真っ白になって、気が付いたら母の奥深くに精液を出していました。
力が抜けて、体を震わせながらも、どうにか母の女体から離れると、カメラマンの男が割れ目から溢れ出る精液をアップで撮影しました。
男たちは母が避妊していることは知らないので、妊娠のリスクを愉しんでいるようでした。

今度はバックになって入れろと男が命じました。
母が濡れた俺のペニスをしゃぶると、また元気になってしまいます。
母の表情は、いつしか女の表情に変わっていました。
その表情は苦痛のようにも、喜びのようにも見えて、俺のペニスをしゃぶりながら視線が定まらぬようでした。

バックから挿入して腰を動かすと、今までこういう体位でしたことがなかったので予想外に気持ちよく、夢中になって腰を動かしてしまいました。
それと膣の一番奥にペニスの先っぽが当たっているのが分かりました。
母もわかるのか、奥を突くたびにアンアン鳴きます。
明らかにいい感じがしている時の声です。
母の背中が汗ばんできました。
男にビデオで撮られながら、(母さんは背中も美人だ)と誇らしく思った記憶があります。

だんだん高まりを感じ、イク瞬間が近づいたとき、男の1人が俺の肩を掴み、「どけ、代われ」と言いました。
イク直前で急に引き抜かれたので、床の上に射精してしまいました。
ヤクザの男がそれを見てニヤニヤしています。

別の男は素早くズボンと下着を脱ぐと、母に挿入しました。
小さなペニスでしたが、何回かの動きでイッてしまいました。
男は見ているうちにたまらなくなったようでした。
そのあとは風呂場で、俺と母がシャワーを浴びながらするシーンを撮影され、それが終わると男たちは引き上げていきました。
帰りに百万円分の返済証明書が母に渡されました。
聞くと、男たちに千万単位の借金があるとのことでした。

そのことがあってから歯止めがなくなったように俺は母とセックスするようになりました。
30代後半といえば女盛りです。
毎日のように女について色々教えてもらいました。