ある時期までずっとお母さんとセックスしていました。
いつが最初だったのか憶えています。
11か12歳だったと思います。
憶えているのは、夜中になると、お母さんが僕の体の上で裸の体を揺り動かしている姿です。

まず僕の陰茎はお母さんの口で大きくされて、その後お母さんが大きくなった陰茎に腰を落とすようにして自分の中に導き入れてくれました。
後はお母さんに全て委ねるようにして目を閉じて快感に身を任せる・・・。
それがいつからか始まった2人の儀式でした。

僕が小4か小5の時にお母さんと親父が離婚して、看護婦の資格を持っていたお母さんは僕を連れて病院の寮に住んでいました。
当時母は31、2歳だったはずです。
明るい人でしたが、夜になると時々、布団の中で泣いてることもありました。

お母さんが僕とセックスするようになったのは、寮に入って2ヶ月くらい経った頃だったと思います。
仕事が一番きつかった時期だったかも知れません。
お母さんは疲れ切った顔をして帰ってきて、眠りに就くと必ず何かにうなされていました。

そんなある日、寝ていた僕が気付いた時、お母さんが僕の下半身に顔を埋めて、僕の陰茎をフェラチオしていたのです。
ぼんやりしながらも気持ち良くて、僕の陰茎はすぐ勃起してしまいました。
当時はまだオナニーさえ知りませんでした。
お母さんのおまんこに包み込まれて締め付けられた時、僕はその気持ち良さに声を上げてしまいました。
お母さんが暗闇の中でどんな表情をしてたのかは分かりません。
黙って腰を上下に動かしはじめて、僕はその動きにつれてますます気持ち良くなっていきました。

「お母さん・・・お母さん」

僕は小さい声でお母さんを呼びながら四肢を突っ張らせていました。
お母さんもだんだん荒い息をしながら喘ぎました。

「タケちゃん!」

どれくらい経ったのか、お母さんの体が痙攣するように動きをやめ、僕の体の上で弓なりに体を反らせました。
そして僕の名前を叫ぶと、後はぐったりして僕の上にもたれかかってきました。
重かったですが、お母さんのおまんこがびくびくと僕の陰茎を締め付けて気持ち良かったのを憶えています。

僕はいつの間にか寝ていました。
朝起きると、お母さんはとっくに起きていて、いつもの明るい元気なお母さんでした。
僕は半分、夢でも見ていたような気持ちで何も言えず、普段と同じように学校に行きました。

でも夢じゃなかったんです。
その晩も、いつの間にかお母さんが僕の陰茎を舐めていてくれて・・・。
そしてセックスをしました。
日中はいつものお母さんで、普通の親子でしたが、夜になると僕の体の上で狂ったように腰を揺すって僕を貪る・・・。
それが日課になってしまいました。

僕が精通(初めての射精)を経験したのは、ちょうど1ヶ月目くらいでした。
僕の下半身がいつもより熱くなって細かい震えが止まらなくなってきて、その瞬間、思わず体を起こしてお母さんの体にしがみ付いて・・・そして射精してしまいました。
お母さんも声を上げて、僕に合わせるように達したと思います。

お母さんとのセックスが一方的でなくなったのは、僕が射精してからでした。
次の日の夜、晩飯を食べて風呂に入っていつものような横になる前に、お母さんがコンドームを出してきました。
そしていつもは電気を消すのに、明かりを点けたままで裸になってくれたのです。
僕の陰茎はすぐに勃起しはじめて、お母さんがオールヌードになった時には完全に勃起していました。
今まで薄暗い中でしか見たことのないお母さんの裸でした。
僕の前にしゃがむと陰茎にコンドームを付けてくれました。
初めてお母さんの体の上で、お母さんの開いた足の間で、僕はぎこちなくも夢中で腰を動かしました。

その日から、徐々に色々なセックスの方法を覚えはじめました。
お母さんの陰部を舌で愛撫することも、乳房や乳首を愛撫する方法も覚えていきました。

一番セックスに夢中になったのは中学生になってからだと思います。
周りの友達たちがビニ本や、AVに興味を持ち始めた頃、僕はもう本当のセックスをしていたのですから。
それにお母さんは綺麗でした。
今でも綺麗ですが、その頃まだ32、3歳で、友達たちの間でも評判になるくらいでした。
僕も背が伸びてお母さんより大きくなりかけていた頃で、成長盛りなのもあって一晩に3回もすることがあったほどです。

高校に入って僕にも彼女ができて、お母さん以外の女性と初めてのセックスもしました。
お母さんはその頃から、僕との関係をやめなきゃと思い始めたようです。
ただ僕の方は、他の女としてからお母さんの体の良さを改めて知ったような気がします。
絶頂に達する直前の表情とか喘ぐ声とか、なによりも絡みつくようなおまんこの感じが違うのです。
その後もお母さんとはセックスしていましたが、僕が大学に入ったとき、はっきりと言われました。

「タケちゃん、今までありがとう。でも今日で終わりにしましょう」と。

「タケちゃんはもう大人。これから結婚して家庭を作るの。これ以上お母さんとこんな関係を続けてはいけないのよ」

お母さんの言うことは僕にもよくわかりました。
確かにそうだという思いもあります。

「わかったよ、お母さん。僕の方こそ今までありがとう」

「ううん、タケちゃんのおかげでお母さん頑張ってこれた。ありがとね」

そう言ってお母さんは僕にキスしてくれました。
その晩、僕とお母さんは最後のセックスをしました。

(お母さんのおまんこもこれが最後か)と思いながら、朝まで何回も射精しました。

それが10年前のことです。
現在は僕には妻と2人の娘がいます。
お母さんも同居していて、妻とも仲がいいです。
今ではお母さんとのことは良い思い出になっています。