母は50歳、私は32歳です。
6年前から母と関係を持っています。
母に私と叔母(秀子)の関係がバレて、説教されている最中に押し倒して挿入したのがきっかけです。

まずは秀子との関係を持った経緯から。
8年前、叔母の秀子は36歳、ハッキリした顔立ちのスリムな巨乳でした。
某掲示板で、偶然私に秀子からメールが入りました。
秀子とメールのやり取りをしていると、『(私のチンポを)見たい』と送ってきました。
私はどうせ知らない人だからと思い、写メを送りました。
すると秀子からメールで、『会いたい!今すぐ舐めたい』と入ってきました。
私は、ヤバいくらい淫乱女だなーと思いましたが、会うことにしました。
メールのやり取りの中で、(ひょっとして叔母なのでは?)と薄々感じていましたが、秀子は私の初恋の相手だったので、そのときはそのときと思いました。

私の車だと派手で目立つので、友人に車を借りて待ち合わせ場所に行きました。
車を駐車場の端に停めてタバコに火をつけた途端、秀子の軽自動車が駐車場に入ってきました。
咄嗟にサングラスをかけ秀子の方に歩いて行くと、秀子は車に私を招きました。
秀子は私を乗せるとすでに興奮常態でした。
私は声でバレると思い、わざと咳をしたりして「風邪気味なので」と言いました。

少し話した後、秀子は私のをズボンの上から触りながら、「舐めてもいい?」と聞いてきました。
まだ私のは完全ではなかったのですが、「どうぞ」と言うと、私のチャックを開けました。
そして私のを見て秀子が、「やっぱり実物のほうが写メより大きい~」と言うので、「こんなもんじゃないですよ」と私が言うと、さらに興奮してしゃぶりついてきました。
少しすると私のモノ完全体になりました。
私も興奮していたので、秀子のスカートを捲り指で撫でると、秀子は身体を仰け反らせながら感じていました。
秀子のショーツの横から指を入れ掻き回すと、秀子はいやらしい声とともに絶頂に達しました。

秀子は私に「入れて」と言いましたが、私は指で秀子を繰り返し絶頂させ、「入れて欲しいなら全裸になって下さい」と言うと、秀子はすぐに全裸になりました。
そして私に「裸になったから早く~」とおねだりしてきました。

「まだです。どうせ田舎の駐車場なんて車も人も来ないんだから、下半身だけ外に出してください」

秀子は躊躇いながらも、上半身を車内に残し、下半身は外に出して、四つん這いの格好になりました。
私は車から降りて秀子の後に回り、指を入れて掻き回し、潮を吹かせました。
指を抜き、秀子に「もう一度舐めて下さい」と言い、唾でたっぷり濡らしてもらってからバックでゆっくりと挿入しました。
奥に当たった瞬間、秀子はイキました。
さらにペースを上げて突き上げると、秀子はあまりの快楽に喘ぐこともできずに失禁しました。

体位を変えて、正常位で挿入しました。
ゆっくり腰を振っていると秀子がキスをせがむので、濃厚なキスをしてやりました。
秀子が「サングラスを取って」と言うので、思いっきり奥を突いて秀子を狂わせた状態でサングラスを外しました。
秀子は涎を垂れ流しながら絶頂を繰り返していましたが、ふと目が合った瞬間、秀子は叫びながらまたイキました!
私が腰を止めると、秀子は私の顔をまじまじと見て言いました。

「やめて!!抜いて!!!」

しかし私はゆっくりと腰を振り、「本当に抜いていいの?」と言いました。

「お願い、抜いて~」

「抜いて欲しい?」

秀子は、「ダメ~!!!」と叫びながらまた絶頂しました。
そろそろ私もイキそうになったので「イキそう・・・」と言うと、秀子が「お願い!中に!」と言うので、たっぷりと奥に射精しました。
力の抜けた秀子を起こし、「どう、気持ち良かった?」と聞いても何も答えないのに、強引に口に押し込んで、「気持ち良かったんなら思いっきり吸え」と言うと、秀子は夢中で吸い付いてきました。

「舐めて綺麗にして」

頼むと秀子はペロペロ舐めて綺麗にしてくれました。

「まだギンギンだよ」

「スゴい・・・あんなにたくさん射精したのに・・・」

今度は一気に一番奥まで挿入しました。
激しく子宮口を突きながら、秀子は半失神状態だったので、開いた子宮口で亀頭を擦ってやりました。
すると秀子はすぐにまたイッてしまいました。
私は激しく中を掻き回しているとイキそうになってきました。

「イキそう」

「中に~」

しかし私は直前で抜くと、秀子の頭を持って顔射しました。

「スゴい量・・・」

秀子は顔に飛び散ったザーメンを手で掬って舐めていました。
お掃除フェラしてと頼むと、秀子は笑顔で咥えて綺麗にしてくれました。
それから週2回、叔母とセックスする関係になりました。

では、次に母とのことをお話しします。
6年前、母から私と叔母に話があると言われ、実家に帰りました。

「あんた達、何を考えてるの?」

母がしみじみ言いました。

私は、「成り行きで仕方なかったんだ」と言いました。

秀子は「お姉さん、すみません」と言い、「もう関係は持ちません」と言って泣き出しました。

「秀子姉さんがこう言ってるんだから、もういいだろう?」

「約束してくれるなら今回は大目に見るわ」

秀子は母に約束をして帰宅しました。

その後、私は母に、「あんたはどれだけ女を泣かせれば気が済むの」とぐちぐち言われ、頭に来て「別に構わねえだろ!」と言うと、「あんたは女の敵ね」と言われました。
気がつくと母を押し倒してしまいました。
母は負けん気が強い性格なので、私にビンタをしてきました。
構わず私は母の胸を服の上から揉みましたが、それでも抵抗してくるので母の顎を掴んで無理やりキスをしました。
徐々に母の力が弱くなり、ついに私の舌を受け入れました。

私の舌の動きに翻弄された母が真っ赤な顔して、「後悔するわよ、私たち親子よ!」と言うので、私は母の手を取り股間を触らせました。
母は驚いた顔をして私を見つめました。

「後悔なんかしないよ!」

「あんたバカね。・・・大きくなったわね」

もう一度、私は母にキスをしました。
母も目を閉じて舌を絡め合いました。

「母さん見て」

ちんぽを出しました。

「あんたのお父さんも大きかったけど、あんたも負けてないわね」

母は私のちんぽに見惚れていました。
母にちんぽを触らせながら、「母さんは後悔しない?」と聞くと、「口と手でしてあげるから、それで我慢しなさい」と言われました。
私は「頼むよ」と言い、母の口に入れました。

「あんたはこれで何人の女を泣かせの?」とか「太いし長いから顎が疲れるわ」と言われました。

疲れたらしく手でイカそうとするのですが、母のスカートの中に手を入れて撫でてやると、「あんた、上手ね」と吐息混じりに言いました。
母のショーツを脱がし、指を挿入しててGスポットを愛撫していると、母は喘ぐことも忘れて感じていました。
ピチャッピチャッと音がしてきたので続けていると、母は潮を吹きました。

放心常態の母に、「母さん、入れていいかい?」と聞きましたが返事がなかったので、一番奥まで一気に挿入しました。
母は「お腹が痛い」と言いましたが、お構いなしに一番奥を責め立てました。
母も興奮していたのでしょう、それからはイキっぱなしでした。

「中で出すよ」と伝え、母の中に出しました。

1人でシャワーを浴び、全裸のまま部屋に戻ると、母はまだぐったりとしていました。

「またセックスしてもいい?」

そう聞くと母は頷きました。
叔母と関係を持ちながら、母とも週に1~2回セックスしています。