私は中3。
身長は160センチくらいで、バストはそこそこです。
顔はだめだめで、可愛くないし、怖いです。
性格はさすが関西人で、ギャグが好きです。
仮名で『ナナ』とします。

従兄は高校1年生で、顔はまぁまぁイケメン。
身長は173センチくらいです。
彼女は今まで3人。
しかし中2からは全然モテず、最近はPSPのモンハンが彼女のようです。
仮名で『樹(いつき)』とします。

祖母の家に住んでいる樹は、私が泊まりに行くと隣に布団を敷いて寝ます。
友達にそれを話すと、「は?それやばくない?男でしょ?」と言われますが、何も起きていません。
しかし・・・ついこの前、起こったことを今から書きます。

いつものように遊びに来た私は、祖母と樹の母に「買い物に行くか?」と言われました。
でも少し気分が乗らず、私だけ残りました。
祖父と樹の父は仕事ですので、私だけになりました。
なので、久しぶりに樹の部屋を覗きました。
てっきり遊びに行っているものだと思って・・・。
すると、ベッドに樹が座っていました。

「はぁ・・・はぁ・・・」

(これってまさかオナニー・・・?)

よく見えませんが、樹はオナニーをしているようです。

「・・・っナナ」

突然名前を呼ばれてビクッとなりました。

「ナナ・・・っ」

まさか私のことではないでしょうが、とにかく大変です。
バレないうちに逃げようと思いましたが、どうにも足が動きません。

(この変態・・・)

心の中で自分に突っ込みます。

「はぁっ、う、イクっ」

(え、やばいやばいやばい)

樹が冷静になるとさすがに見つかる・・・!

「うっ・・・!」

樹はイッたようです。

(やばい・・・)

ぺた。

裸足だったのが運の尽き、後ずさりしたため樹が気づきました。

「?・・・!!!ナナっ・・・」

「・・・」

「お前、なんでここにいるんだよ!」とか「見られた・・・」とか、色んなことで樹の顔は引き攣っていました。

「・・・見た?」

「見た」と言えるだろうか、この状況で!

「・・・何を?」

「・・・ほんとに?見てないのか?」

「見てない見てない」

完全に怪しいです、自分でもわかるほどに・・・。

「・・・」

樹は自分の髪をかきあげ、私の方へ眼を向け、悩んだ挙句、言いました。

「見ただろう」

(・・・バレてる・・・)

「・・・見た、けど、別に誰にも言わないし・・・!」

この場から逃げたくて必死でした。

「・・・はぁ・・・」

『どうしよう』というようなため息でした。
それはこっちのセリフです。
耐え切れなくなった私は、「・・・き、気にしないでよ。じゃ、じゃあ・・・」と、身を翻そうとしました。

「おい、待てよ」

腕を掴まれたと思ったら、あっという間でした。
壁に押し付けられ、樹の顔が目の前にありました。

「樹・・・」

「・・・」

樹は私を見つめた後、私の肩に顔をうずめました。

「・・・無理」

「は?」

「もう無理」

「なにそれ?」と言う前に樹にキスされました。
もちろんファーストキスです。

「え?」

「ごめん」

そう言った樹は首を舐めてきました。

「ひゃぁ!!」

びっくりして変に裏返った声。

「可愛い」

なんだか夢を見ているみたいな、そんなふわふわした気分でした。
正直、樹とこうなるっていうのを妄想したこともあります。
しかし、現実だったのが不幸です。

首を舐めながら樹の手は私のTシャツへ。
ウエストに直接手が当たり、びっくりして「ぁっ!」と声が出ました。
樹は笑い、私の腰に直接腕を絡めます。
もう片方の手は肩に置かれ、なんというかもうぴったり密着です。
身体も熱っぽくなっていきます。
たまに口にキスをしてきます。

(え、樹って童貞じゃないの?なんだこの慣れた態度は・・・?)

ブラの上から揉まれました。

「んぁ・・・」

私、もう中3なのですが、いまだにスポーツブラです。
友達には「え~?」と言われますが、楽なので仕方ないのです。

「胸、やぁーらかいな」

「あぁん・・・」

恥ずかしい声が出ますが、もう私は夢の中なのです。

「感じてるな?」

「・・・んぅ・・・っ」

なんていうか、ドSな微笑みでした。

「俺のこと好き?」

「・・・あっん・・・」

首を少し振りました。

「俺は好き」

なんですかこの展開・・・萌えます。
エロマンガですか?
少女マンガですか?

「私も、す・・・き・・・んっ」

「よかった、あのさ」

「え、何・・・っ」

「襲っていい?」

「え?」

もうほとんど襲われてますが、悩みました。
やられてもいいような、ちゃんと準備したいような。
結果は・・・。

「だめ・・・」

「・・・」

樹は少しだけ、ほんの少しだけ顔をしかめ、胸を触るのをやめて、すごいぎゅーーーってしてきました。

「///」

(萌!)

妄想オタクにはやばい攻撃でした。
力を緩めず、片方の手で頭をなでなでしてきました。
いつ知ったのでしょうか、二つとも私が彼氏にやって欲しい行動でした。
たぶん心臓の音が聞こえてたと思います。

「今日はだめ・・・」

「え?」

「・・・また今度」

「まじ?いいの?」

「・・・ん・・・」

「・・・ありがとう」

私は自分から約束してしまいました。
そして3日後、私は処女ではなくなりました。