俺は19歳の時に母と他人のセックスを見たことがあります。
父が死んで1年経ってたし、まだ40過ぎの体を持て余してたんだろうけど、ショックと興奮で複雑な気分でした。

母は少しぽっちゃりしてますが、萬田久子を小柄にしたような感じで、愛想がよくてブス可愛いって雰囲気。
父が生きてるときから結構おっさん連中にモテてたみたいで、何度か冗談交じりで口説かれてたのを見たことあります。

俺が中学の時も帰宅したら、なんかセールスマンみたいな奴が家に上がりこんで迫ってる最中でした。
押し倒されてはいなかったけど、慌ててそいつが握ってた母の手を離すの見えたんですよね。
こたつから立ち上がる時にズボンのベルトが緩んでてチャックも開いてたから、ペッティングくらいはしてたのかも。
そんな感じの母だから、父が急死した時は心配ではあったんですけどね。
その男はパート先の上司ですが、ちょくちょく夜中に2人で母の部屋にしけこんではイチャイチャやってるのは知ってたし、まあいい大人だからきっとそういうことしてるとは思ってましたけどね。

ある日、夜中に喉が乾いて起きたら、母の部屋から光が漏れてひそひそと小さな笑い声が聞こえたんです。
もしかしたらと思って足音を忍ばせ、襖の隙間から覗くと、スタンドライトの小さな明かりの中でキスしてる最中でした。
舌を絡めながら長いことキスしてたかと思うと、男は母の耳元から首筋にかけて舌を這わせだしました。
そのままスリップを捲り上げると乳房に吸い付いてちゅうちゅうと吸い出しました。
母の手は男の下半身を擦るような感じで動いています。
その後はいわゆる69の形になって、パンツを下げて男のモノを口に含みました。
じゅるり、って感じの音が聞こえそうなくらい濃厚なフェラです。
男は母の陰部を舐めるというより、唾を送り込むみたいな感じで、指を何度も出し入れしながらベトベトにしていました。
くちゅくちゅって音がして、母が時々、「うぅ」って声を上げていました。

そのうちに正常位に向き直って男がゆっくりと母に自分のモノを挿入したところで電気を消したんで暗くなったけど、外が薄明るかったこともあってシルエットは見えていました。
声を抑えてる2人の「ハッハッ」って息遣いと、陰部からの音なのかヌチャヌチャという粘着音が聞こえていました。
心臓もバクバクいってたし、もうショックで目眩がするくらいでした。
その後、部屋に戻って1人でオナりましたけどね。
でもエロ本を見てするのとはわけが違うので心の中は切ない気分でした。
まるで自分の恋人が犯されているのを見たような、なんとも言えない感覚だったのを覚えています。

当時まだ童貞でヘルスしか経験なかったし、AVもあまり見たことないのに、生で初めて見たのが母親が犯されてる(合意だけど)ところだとは・・・。
でも頭ではそういう葛藤があるのに、下半身はもっと見たい聞きたいって願望でぐちゃぐちゃな感じでした。

しかし見るのはやはりなかなか難しいんで、FMトランスミッターを盗聴器代わりにして母親の部屋に仕込みました。
単5電池入れる小さなおもちゃみたいなやつだけど、意外と性能よくて、静かな部屋の会話は丸聞こえです。
自分の部屋でラジカセで受信してヘッドホンで盗み聞きしてました。
さすがにビデオとかカメラをセットする技術も金もありませんでしたしね。

その日は友人とこに泊まる予定だったんだけど中止になって、夜遅くに帰ってきたら玄関に男の靴がありました。
気配を消して自分の部屋に戻り、ラジカセをつけると会話が聞こえてきます。
最初は会社の話とか世間話でしたが・・・。

「今日は息子さん居ないから声を出しても大丈夫やで」
「好きなだけ感じていいから」

などと言ってるのが聞こえました。
少ししたら始まったんだけど、下手なAVかよと思うくらいの声をあげてて、俺が居ない時にはこんななのかとびっくりしました。

「いい、いい、いい」
「もっともっと」
「突いて!突いて!」
「◯◯ちゃん(男の名前)、愛してるぅううう」

そんなあられもない言葉が母の口から飛び出す、というより喘いでいたと言うべきでしょうか。
俺は切なくて、半泣きになりながらオナってました。

盗聴してると、たまに痴話げんかみたいなこともしていました。
どうやら男のほうが他のパートさんにも色目使ったり誘ったりしてる様子です。
腹も出てて冴えない顔で見た目は汚らしくてダサいのに口は上手いようでした。

「昨日、田中さんになんか渡してたでしょ?山本さんが言ってたわよ」

「あれはただお土産を渡しただけやん、みんなにも配ったし」

「なんで田中さんだけ個別で渡すの?みんなの前で渡せばいいのに」

「違うんよ。彼女には別に頼まれてたもんだから、1人だけ違うの渡すのもおかしいから別にしたんよ」

「じゃあ田中さんと付き合えばいいやん!私も違う人と付き合うから!」

そんな感じで、なんか子どもと変わらないような内容の喧嘩もよくしてたんですよね。
母は頑固だからそういうことがあるとなかなか機嫌が直らないので、そのままふて寝をしたようです。
そういうのを聞いたとき、俺も内心気分良かったのも確かでした。
今日は母がおっさんに犯されないで済むとか思ってたくらいです。
でもまさかまた違う展開になるとは考えてもみませんでした。

2週間くらいだったかな、しばらく男の来ない日が続いたんです。
普段は1週間に2回くらいは来てたんで、別れたのかなとか思って、俺もなんだかホッとしてました。
それまでは何度もそいつとセックスしてる最中に飛び込んで、「こんなおっさんより俺としよう!俺のほうがお母さん愛してるから!」と叫びそうになってたくらい思いつめてましたし・・・。

そんな時期に俺は盲腸炎で入院したんです。
そして退院してしばらくしたら電話があって、「お母さんいますか?」って聞くので、留守だと答えると、「ボク(俺のこと)、もう体調は大丈夫なの?」とか聞いてくるんです。
誰かと思ったら病院の夜間受付の警備員してる男の人でした。
かなりの年配で、痩せていて髪も白髪のほうが目立つおじいさんって感じの人で、(なんで母に用事?)って思ってたんです。
母は携帯電話を持ってないから家に電話してきたらしく、「また掛けるから」とか言ってその時は切れました。

その2、3日後に母が酔って帰ってきて、「Bさんと飲んでた」とか言ってるんです。
そのおじいさんが『Bさん』って人で、俺の入院中にパートが終わってから着替えや差し入れ持ってきてる時に親しくなったようです。
まあ、あんなじいさんだし、茶飲み友達みたいな感じで、いかがわしい付き合いはないだろうと聞き流してたんですけどね・・・。

数日後、夜遅くに母が帰ってくる気配で起きました。
でも誰か他の人もいる足音がします。

(またあの男とよりを戻したのかよ)

そう思ってヘッドホンを耳に当てると、彼とは声が違います。
でも聞いたことがある声・・・って、夜警のおっさんかよ!

「加奈さんはモテるからなぁwこんなおじいさんと仲良くなってくれるとは思わんかったわ」

「Bさんはやさしいし、紳士だからなんでも相談できるしw全然おじいさんとか思わんよ」

「さっきの居酒屋でも加奈さん人気あったでしょ?なんちゅうか男好きするタイプなんよね」

「そんなことないわぁ。それで気分の悪いの治った?薬飲む?」

「だいぶ良くなったよ。薬よりビールのほうがいいかな。迎え酒したほうが楽そうやし」

そんな会話だったんで、やっぱりこの人は安全牌だと思って寝ようとした時でした。

「え?Bさん、何?何なの?ちょっとやめて」

「加奈さん、ええでしょ?キスだけでもさせて?ね?」

「息子も向こうで寝てるし、やめてよ!」

小声で何か話してましたが、一生懸命に母を口説いてるようです。
ジュパッチュパッとかキスをしてるらしい音が聞こえてきて、どさっと人が倒れるような音がしました。

「ええでしょ?静かにしてて」

「そんなつもりじゃなかったのに・・・Bさん力入れないで、腕が痛いわ」

押さえつけられてる感じでちょっと苦しそうな母の声。
しばらくしたら何かを吸うような音がしました。
母が脱がされて乳房を吸われているんだと思いました。

「お風呂も入ってないのに汚いでしょ。それにこんな明るいとこで」

(え、電気がついてる?)

俺はまた歪んだ欲望に負けて覗きに行っちゃったんです。
襖の隙間から覗くと、おっさんがこっち向きで下半身を出して座っていました。
母が前屈みの不自然な姿勢でおっさんのモノを咥えてるようですが、頭が邪魔で見えません。

「舐めるの上手いやんか。旦那さんのもずっとそうやってたんでしょ?久しぶりの男のモノはどうや?」

そのうちにおっさんはイッたみたいで母が咽ていました。

「出るときは言って欲しい・・・」

母が文句を言いながら、ペッペッとティッシュに吐き出しています。
そのとき母がこっちに向いて襖を開けそうになったので慌ててその場を離れました。
洗面所にうがいをしに行ったようです。

その後はおっさんが急に優しくなって、猫なで声で母に甘えています。

「ごめんね、どうしても加奈さん好きやから無理やりこんなことしてしまって。もう何もしないから一緒に寝よ?ね?ね?か~なちゃん」

母は何も言わなかったですが、そのまま布団を敷いて2人で横になった様子です。
その後、「仲直りのキスしよ?w」とかおっさんが言って、やたら艶かしい唾液を吸う音がして俺は気分が悪くなりました。
この夜はセックスするまでには至らなかったみたいですが、長いこと母の体を舐め回しているような感じでした。

翌日、脱衣所で母のパンティを見つけた俺は、その匂いを嗅ぎながらオナニーしてしまいました。
真ん中の染みがやたらしょっぱかったのを覚えています。

母に欲情する以上に、母が犯されてることに興奮するってのはたぶん寝取られ属性みたいなものなんでしょうね。
今となってはわかるけど、その時点では得体のしれない淫靡な感情に頭がおかしくなったのかと思ってました。
まだあれから数年しか経ってないけど、あのどろどろした下半身の疼きを鮮明に覚えています。

男が2人になってややこしいので、最初の奴を『S』、2人目を『B』にします。
その後しばらくBが家に来ることはなかったんですけど、母がたまに飲んで帰ってくるときは送ってたみたいで、付き合ってはいたんだと思います。
母のカバンを覗くと、ゴムやラブホのロゴが入ったライターがあったから、そういう場所でセックスしてたんでしょう。
しかしあんな強引な迫り方でレイプまがいのことをされても付き合う母がすごくいやらしい女に思えました。
その反面、なんだか恋人を奪われたみたいな喪失感でいっぱいになりましたね。
そして自分の知らないところで母が犯されていると思ったら、疎外されてるみたいで妙に悔しかったですね。

<続く>