僕が高校生の時でした。
僕は結構やんちゃな方で、事ある毎に担任の先生に呼び出され、個人面談的な説教をされていました。
担任の先生の名前は大前先生といい、35歳くらいの独身の女性でした。
スレンダーで胸はそんなに大きくないですが、やさしそうな顔のそこそこ綺麗な先生でした。

ある日、いつものように化学実験室の控え室に呼ばれて説教を受けていた時のことです。
今思い出してもなぜそんなことを言ったのかわかりません。

「先生ってモテなさそうだし、性欲が溜まってるからいつもイライラしてるんでしょ?慰めてあげようか?」

説教に苛立ち、先生をバカにしたんです。
すると先生は、やさしい顔からはイメージできないことを口走ったんです。

「先生はセフレもいるし、高村(僕)みたいなガキンチョに慰められるほど経験不足じゃないの。それに私Sよ」

続けて先生は、「どうせ高村君って童貞でしょ?それに強がってるけどあなたってMっぽいわよ」と言いながら顔を近づけて目を合わせてきました。
それまでは先生のことを女性として意識したことはありませんでしたが、童貞でしたし、すごくドキドキして視線を合わせていられませんでした。

すると先生は、「可愛い」と言って僕をソファに押し倒してキスをしてきました。
それからは不思議なくらい2人とも無言でした。
僕は先生にフェラで1回、挿入で1回イカされ、童貞を卒業しました。

それからは個人面談のたびに僕は先生とエッチをしました。
と言っても、先生に言葉責めをされて騎乗位でイカされるといった、完全に僕をMに目覚めさせてしまったエッチでした。

先生とエッチをするようになってからは、色々プライベートな話も聞かせてもらいました。
初体験の時から男は簡単にイクし、エッチでは責められたことがないSだということ。
セフレとのエッチに飽きてきているということ。
生徒と関係を持ったのは僕が初めてだということ。
先生はやさしい顔から想像できないほどのSで、セックスを覚え立ての僕は先生に夢中になっていました。

先生と身体の関係になってから3ヶ月くらいのことです。
僕は当時一番仲のよかった高島と遊んでいました。
高島は身長160センチくらいで、すごく可愛らしい顔立ちの男です。
後藤と2人で遊んでいたとき、調子に乗って靴飛ばしをした後藤が教室のガラスを割ってしまったのです。
一緒に遊んでいた僕と高島は先生に化学実験室の控え室に呼び出されて説教されました。
僕は直接ガラスを割ったわけじゃなかったので、「先に帰りなさい」と言われて部屋を出されました。
すぐに帰るのもつまらなかったので、高島がどういう説教されているかを覗いて後でバカにしてやろうと思い、隣の化学実験室のドアの隙間から覗いていました。
あまり反省の色が見えない高島に先生は結構苛立って説教をしていました。

高島「先生、生理?だからイライラしてるんでしょ?」

僕のように高島は先生をバカにしました。

先生「あなたが反省しているから怒っているの」

高島「まぁまぁそんなにイライラせずに!なんだったら俺が気持ち良くしてあげるよ?エッチ結構上手いから」

可愛らしい顔で悪戯っぽく言いました。

「私はSよ!それに経験だって豊富なの。あなたのような小さな男に気持ち良くなんてさせられないわ」

先生が熱っぽく反論しました。

すると高島は、「じゃあ試してみる?『私はS』って言う女も俺のチンコを入れればだいたいメスになるよ」と、ズボンを脱ぎ始めたんです。

高島のチンコはまだ立っていませんでしたが、皮はズル剥けでした。
僕はあまりの展開に興奮しながら覗き続けました。

先生は、「何やってるの!」と言いながらも高島に近づきフェラをはじめました。
先生のフェラはかなり上手で高島も相当気持ちよさそうでした。

高島「先生、上手い。俺にも舐めさせて」

先生「確かにすごいチンポね。反ってるし、カリがすごいわ」

2人はシックスナインの体勢になりました。
この時ドア越しに高島のチンコが見えたのですが、先生の指が回らないほど太く、そして何よりもカリが遠目にみても張り出しており、僕のチンコと比べても明らかに大きいものでした。

やがて先生が上になり、騎乗位の体勢でセックスがはじまりました。
僕は興奮していて、この頃には自分のチンコを扱きながら覗いていました。
挿入してから最初は先生が責めていましたが高島はなかなかイカず、だんだんと先生の表情から僕がいつも見ている余裕が消えていくのがわかりました。

高島「先生、Sだって言ってたけど、結構俺のチンコ気持ちよさそうじゃんw」

先生「そこまで気持ちよくないわ」

明らかな強がりを言いました。

高島「正常位で突いたら簡単にイカせれるよ?」

先生「イカないわよ。やってみなさい」

正常位になってからです、先生の表情が変わったのは。
高島は横になった先生にカリが張り出したチンコを入れていきます。
高島の身長は160センチ、先生は170センチくらいの長身なのでセックス描写的には小さな男が大きな女に覆い被さり可愛がっているような感じですが、実際は違いました。

高島「先生、そろそろイカしてあげるね」

そう言うと高島は腰の動かし方を速く、そして斜め上に突き上げるようにしました。
先生は強がりを言う余裕もなくなっていて、絶頂は近そうでした。
それからしばらく高島が突き上げると・・・。

先生「だ・・・だめぇ・・・」

先生は痙攣しました。
高島は一旦動きを止めて、「イカして欲しかったら認めなよ。俺のチンコが気持ちいいって」と言いました。
先生は無言で首を振りました。
すると高島はまた腰の動きを速めました。

高橋「ほらイキな先生、イケ!」

先生「あん・・・だめぇ・・・だめぇ・・・」

先生は小さい声で喘ぎながらイッてしまいました。
この頃には、もう僕は射精してしまっていました。
そして先生は絶頂した後、可愛らしいただの女に豹変しました。

先生「すごいの・・・こんなの知らない・・・奥に・・・当たるっ・・・」

先生は何度も何度も高橋にイカされていました。
いつもは僕を余裕で責め立てる先生が、小さい身体に似つかわしくないチンコを持つ高島にイカされるのを、僕は黙って見ているしかありませんでした。