今まで人には話したことがないけど、誰かに話したくて投稿しました。

1年前、大学受験で母と一緒に東京のホテルに泊まったのだけど、どこでどう間違われたのか、部屋に入ってみるとダブルベッドだったのです。
姓が同じだから新婚とでも間違われたのかな。
でも母は係の人に言うわけでもなく、「まあしょうがないわね、均が子供のときみたいに一緒に寝ましょうか」と、のんびりしたものです。
僕が年頃の男だなんて、全然考えてないみたいなのです。
ほんとに困った母親です。

いつもは夜中の3時頃まで勉強しているのだけど、明日はいよいよ受験だし、僕は簡単に復習だけして早い時間に休むことにしました。
でも母と一緒のベッドに入るなんて・・・何か心配でした。
だって母親と言っても女には違いないから、やっぱり気になるし、それに朝立ちしてるのが母に見つかったら恥ずかしいですよね。
パジャマを着て先にダブルベッドに入った母は、「まあ、ホテルのベッドってふかふかなのねえ」なんてはしゃいでいました。
でも僕が母の横に潜り込むと、「よく寝なさい、お休み」と言って、すぐに目を閉じてしまいました。

やっぱり僕は困ってしまいました。
母に体がくっつかないようにベッドの端に寄っているから窮屈だし、それにシャワーを浴びた母からなんだかいい匂いがするのです。
なんとか寝付こうと目を閉じるのだけど、母が気になってなかなか寝つけません。

(あー、これじゃあ寝られないかもしれないな、明日が受験日なのに困ったな・・・)

すると気配を察したのか、母が目を開けて、「どうしたの?眠れないの?」と聞いてきました。

「うん」

僕がそう答えると、何を思ったか母は僕を抱き寄せ、僕の顔に胸の谷間を押しつけてきたのです。
いきなりのことに僕は本当に驚いてしまいました。
でもは母はますます強く押しつけ、「ほら、お母さんのおっぱいよ。落ち着くでしょう」と、すごくやさしい声で言うのです。
落ち着くわけがないです。
パジャマの上からだけど、こんなことをされたら、柔らかくて豊満な母の胸に興奮して僕が立っちゃったとしても仕方がないことだと思うんです。
母に抱き寄せられているから、硬くなったモノが母の太股に触れてしまいました。
僕はすごく恥ずかしくて下半身を母から引き離そうとしたのだけど・・・。

「あらあら、元気がいいのねえ」

なんと母は、手を伸ばしてパジャマの上から握ってきました。

「あっ、お母さん、そんなことされたら・・・」

「まあ硬いのねえ、やっぱり若さかしら」

母は僕の言葉を全然聞いていません。
本当に困った母親です。
さらに母は「こんなことしたらどうかな」と言って、ぎゅっぎゅっと何度も握り締めてきたのです。
まるで面白い玩具を見つけて面白がっているみたいです。
強く握ったり弱く握ったりと、緩急までつけてきました。
その母の手があんまり気持ちよくて、僕は今にも爆発しそうでした。

「あっ、お母さん、やめて、僕、あの・・・」

「なあに?出ちゃいそうなの?」

母は僕の顔を胸から離し、それから優しく見つめてきたのです。
(あれっ?)と僕は思いました。
目が笑っているようで笑ってないような気がしたからです。

「均、今までよく頑張ったわね。今夜はぐっすり眠らせてあげるわ」

微笑みながら言うと、母は僕にくるっと背を向けて体を横向きにしました。
それから体を屈めてゴソゴソしていましたが、それが終わったらお尻を僕の下半身に向けて突き出してきたのです。
何をしていたかはすぐわかりました。
母はパンティを脱ぎ下ろしたのです。

「触っていいのよ」

母にそう言われ、僕は手を伸ばしました。
丸くてスベスベした母のお尻を撫で回し、僕はものすごく興奮してしまいました。

(お母さん、いったい何を・・・)

興奮しながらも僕は戸惑ってました。
妖しい期待もありましたが、でも僕と母は親子なんです。
すると母は後ろ手に僕のパジャマを引っ張ってきました。
僕にもパジャマを下ろせと言っているのです。
こうなったら言う通りにするしかありません。
剥き出しの母のお尻と僕の固いのが密着しました。
僕はもう興奮で目眩がしそうでした。
母は後ろに手を回し、僕のモノを握りました。
先端がお尻の割れ目に導かれていくのがわかりました。
母が僕のモノを引っ張っておいて、お尻をクイッと動かしたとき、先端がヌルッとしたところに当たりました。

「いいわよ、均」

母にうながされ、僕はバックから母に突き刺しました。

「ああっ」

その気持ちの良かったこと。
きついけどヌルヌルした通路に僕のモノが押し入っていくのです。
根本まで押し込むと僕のモノはすっぽりと母の中に包み込まれてしまいました。
こうなったらやるしかありません。
僕はバックから母の大きなお尻にピストンしていきました。
最初は両手で母のお尻を掴んでいたのですが、母がパジャマの胸元を広げたので、手を伸ばしておっぱいを揉みながらピストンしました。
あまりにも気持ちよくて僕はすぐに爆発しそうになり、おっぱいを握り締めながら、「お母さん、で、出ちゃう」と叫びました。
すると母は下腹部に力を入れて、ギューッと僕のモノを締めつけたのです。
それはすごい締めつけで、僕は一気に迸らせてしまいました。

その夜、僕は夢も見ずによく眠れました。
こんなにグッスリ寝たのは本当に久しぶりのことです。
僕はあれから2回も母の中に出し(2回ともバックからでした。母は絶対にこっちを向こうとしませんでしたし、きっと僕がこっちを向いてと言っても振り返ってはくれなかったでしょう)、疲れて下半身を剥き出しのまま寝てしまったのですが、朝起きたらちゃんとパンツもパジャマも着てました。
それに精子でヌルヌルしていた僕のモノも綺麗に拭き取られていたのです。

「あら、おはよう、あーよく寝たわ。均もよく眠れた?」

まるで昨夜、何もなかったような顔をしています。
きっと夕べのことを聞いても母は何も答えてはくれないでしょう。
それはすぐわかりました。
ダブルベッドの部屋に泊まったのは手違いだったのではなく、最初から母が頼んだことだったのです。
そうとしか考えられません。
きっと母は、僕が受験の前の晩にぐっすり眠れるようにと体を投げ出してくれたのです。
必死に勉強したご褒美の意味もあったのだろうとも思います。
そのおかげで僕は無事大学に合格しました。