学生時代からの気の合う友人たちと酒を飲んでいた。
みんな妻子持ちで、日頃のストレスが溜まり、愚痴を語っていた。
30半ば、仕事も責任が重くなり、上司や同僚のことで悩みは絶えない。
子供もできれば妻も変わり、「昔は優しくていい嫁だと思っていた・・・」なんてことも・・・。
そんな話から、私は睡眠薬で妻を夜這いしていることを打ち明けると、友人は食い入るように話を聞く。

「マジかよ!あの奥さんにそんな事もしているのか!羨ましいよ」

「お前の奥さん、美人だしスタイル抜群だからなぁ」

「そーか?まぁ普通だと思うけど・・・」

「贅沢なんだよ、お前は・・・。あんないい奥さん、そうはいないぞ!俺もお前の奥さん抱きて~」

「おいおい!」

妻は小顔で色白美人です。
胸も形が良くDカップ、人妻らしいムッチリしたいい身体でした。

「薬!俺にもくれよ!」

「処方してもらえよ!◯◯の所なら処方してくれるよ。でも奥さんを犯すなんて言うなよ」

「早速、行ってみるよ!」

その後も酒は進み、友人はしつこく妻のことを聞いてきていた。

「写真見せてくれよ!俺、好みなんだよ!」

「普通人の奥さんに好みとか言うか?失礼だろ!」

「っていうか、お前だって嫌いじゃないんだろ!昔から彼女の裸の写真見せびらかしていたくせに」

「よく覚えているよな。まぁ変な性癖っていうか・・・お前だって見せてくれただろ」

「昔はな。今は嫁の写真なんか撮れるかよ、ぶん殴られるよ」

「そんな奥さんを夜這いしたら・・・どうだ!想像するだけでビンビンだろ」

友人2人は真剣な眼差しで、「必ず薬を貰ってくるよ」と言って家に帰っていった。

数週間が過ぎた週末の夜、友人2人が俺ん家に遊びに来ていた。
もちろん、その後の経過報告と久々に麻雀を楽しむためだった。
一緒に夕食を食べ、酒を飲みながら昔話に花が咲く。
妻も隣で俺たちの話を聞いていた。

酒に酔った2人が妻に、「相変わらず美しいですね!こいつには勿体ないですよ」と言い始めた。

「もう!飲み過ぎですよ!」

「そんなに飲んでいませんし酔っていません。本心です」

「あら!お世辞でも嬉しいわ」

「お前らなぁ・・・まぁいいや、そろそろ麻雀しようぜ!」

「そうだな」

妻は子供達を部屋に連れて行き、寝る支度をしていた。

「そういえば、どうだったんだ?薬」

「大きな声で言えないけど・・・俺もやっちゃったよ。効き目抜群」

「俺もだ!いつもうるさい妻に精液をぶっかけてやったよ!写真もバッチリ」

「そうか!やったか。最高に興奮したろ」

「酔った勢いで見せちゃうけど・・・これ!」

「お~!マジかよ。いいのか?マンコ丸見えじゃないか?胸デカいなぁ!」

「じゃ、俺も!ジャジャ~ン!」

「えっ、お前、これ凄すぎでしょ!どんだけ精液かけたんだ」

「5回分!スッキリしたよ」

「お前のも見せろよ!」

「ここでか?上にいるんだし・・・ちょっとなぁ」

「何だよ!いいじゃないか、見せろよ」

「おい!勝手に携帯見るなよ」

「ん~・・・凄い!ヤバいよ俺!もうイキそうなんだけど・・・」

「もう勝手に見るなよ」

友人たちが見たのは、妻のマンコとアナルにバイブを突っ込んでいる姿だった。

「ねぇ!どうしたの?楽しそうね!写真?私にも見せて」

「えっ、何でもないんだ!」

「もうケチね!ちょっとくらい、いいじゃない!」

突然の妻の登場に3人は硬直していた。

「もう!じゃあ私は淋しく風呂入ってきま~す」

「ああ」

「マジヤバかったよ!俺、心臓止まるかと思った」

「俺、奥さんの顔見れなかったよ。ヤバい・・・夢に見そうだ」

「風呂かぁ!一緒に入りたいなぁ」

「よせよ!もう誘わないぞ」

「じゃあさ、麻雀に負けたら奥さん抱かせるってどう?」

「はじまったなぁ!お前が負けたらどうするんだよ!」

「いいよ!好きにさせてやる」

「酔っているからそんなこと言えるんだ!明日になったらごめ~んなんだろ」

「まぁ、何か賭けた方が燃えるし!いいんじゃない」

最近、麻雀で負け知らずの私は変な自信もあった。
友人の奥さんの巨乳(Gカップ)にも興味があったし、是非一度顔を埋めてみたかった。
3人の意志が固まったところでゲームを始めることにした。
早く決着をつけるため、東場だけで勝負をつけることに!
最下位が奥さんを抱かせることになり、早速俺たちはジャラジャラと牌を並べ始めた。
今まで味わったことのない緊張感に酒をグイグイ飲まずにはいられなかった。

「リーチ!」

友人の声が響いた。

「ポン」

「俺もリーチだ」

「・・・これか?」

「ツモ!!!」

「嘘だろ・・・」

「リーチ・ピンフ・ドラ2、満貫だ」

「そんな・・・ヤベ~よ」

「さぁ次々、今日はついてるよ」

そんなわけで、友人の勢いが凄くて、俺ともう1人の友人の一騎討ちは間違いなかった。

「なんだか随分盛り上がっているのね。あなた勝ってるの?」

「いや!ヤバい・・・」

「ちょっと、なに汗かいてるの?凄いわよ」

「こいつ焦ってるんですよ!負けたら凄いことになるって・・・」

「凄いことって何?もう気になるわ!私もお酒ちょっといただこうかな?」

「来た~!リーチ!!!」

「え~!もう駄目だ!」

「あなた頑張って!」

「これは大丈夫だろ・・・」

「あなた震えてるわよ・・・」

「ロン!」

「う、嘘だろ!」

「負けは負けだ!あっ、奥さん水一杯くれます?」

「はいはい、ちょっと待っててね」

妻がキッチンへ向かうと友人はニヤニヤしながら薬をポケットから取り出し、妻の飲みかけのお酒に入れた。

「今日かよ・・・そんな約束していないぞ」

「もう往生際が悪いなぁ、諦めろよ」

「畜生!」

「さぁさぁ奥さんも、酒をクイッと飲みましょう」

「そうね!じゃ」

何も知らない妻は睡眠薬入りの酒を口にし、やがてトロンとした目になりやがてソファーに寝込んだ。

「ベッド貸してくれよな!」

そう言うと友人は妻を抱きかかえ、寝室へ向かった。

「いい匂いだ!人妻を抱けるなんて・・・しかも憧れの女性を」
「ボタンを外して・・・お~!ノーブラ!これはDカップかな?いい形してるなぁ」
「子供が2人いるのにピンク色とは恐れ入った!チュパチュパ」
「いい味してるよ!こっちはどうなっているのかな?」

友人は私の顔を見ながら、妻のパジャマを脱がせ始めた。

「お、エッチな下着つけてるんだね!透けているじゃないか?」
「綺麗な女性はやっぱり毛も薄くて形もいいんだ!最高だ」

妻は友人の手によって全てを剥ぎ取られ、惜しみなく白い肌を露出した。
友人の後ろから眺める妻は、いつも以上に美しく綺麗に見えた。
友人は俺の目を気にすることなく妻の体を堪能し始めた。
胸を吸い、両足を大きく開かせると、『く』の字に曲げマンコを露わにする。
ふっくら盛り上がった肉の真ん中に線を引いた割れ目、そしてその先端にちょっと盛り上がるクリトリスが皮を被っている。
ついに友人が妻の秘穴へ舌を這わせた。

「おい濡れてるぞ!エッチな奥さんだな、感じてるのか?」

「どれどれ!本当だ、糸引いてるよ」

「味も最高だな!俺の妻とはちょっと違う、上品な味だ」

「全くよく言うよ!」

友人たちは口々に好きなことを言っては俺を振り返る。

「なぁ、写真にあった道具貸してくれよ!せっかくなんだから」

「貸すかよ!」

「いいだろ!今度、俺の嫁さん抱かせるからさぁ」

「本当か!絶対だぞ」

「ああ、嘘はつかないよ!こんないい女を抱けたんだ!さぁ貸してくれ」

友人に道具箱を手渡すと・・・。

「なんだよ!こんなに持ってたのか?これ全部使ったのか?」

「ああ、何度も試したよ」

友人は次々と道具を手に取り、妻の秘穴へ押し込んだ。
四つん這いにしたり、でんぐり返しでお尻を高々と持ち上げたり、妻は友人の手によって汚されていった。
道具も散々試した友人がついにアナルバイブを手にした。
先端にローションを塗り、ゆっくり押し込むと、すぐに奥地へ入り込んでいった。
すでに私に開拓されたアナルはいつしか広がり、今持っているバイブは簡単に入るようになった。
友人たちは思う存分妻の穴を使い、精液を絞り出していた。
さすがに中出しは断ったが、体中に精液が飛び跳ねている。
もうすでに3時間が経過し、友人たちの体力も限界のようだ。

「もうできないなぁ!」

妻のマンコに指を入れ、愛おしそうに友人が言う。

「でも、最高の思い出だ」

俺と友人は妻の体を綺麗に拭き、服装を戻した。

翌朝、妻はお尻の違和感を感じとっていて、明らかに私を疑っていた。
お尻には中出しした友人!
バイブを含め、随分と出し入れを繰り返したのだから違和感があっても無理はない。

「昨日のセックスで、ふざけてお尻に入れようとしたら、いいよって言ったのはそっちだぞ!」

「嘘!昨日したの?」

「ああ、酒に酔っていたから忘れたのか?」

「ごめ~ん、全然覚えていないよ!そう~か」

「でも良かったよ。お前のアナル!」

「ん~、ちょっとムズムズするよ」

「また記憶がある時に頼むよ」

「え~、どうしようかな?」

友人は陰で俺たちの会話を聞きながら、クスクス笑っていた。

<続く>