エッチがマンネリになってきた頃、彼に、「私って、ちょっぴりMかも」と言ってみました。
すると彼は嬉しそうにラブホの検索をはじめ、「こんなのあるよ」と、SM部屋なるものを見つけてきました。

恥ずかしいのと好奇心と半々で、2人でその部屋にお泊まりしました。
部屋には牢屋みたいな柵が!
お互いに、「どうやって使うんだろうねー?」とか、照れて引き気味の会話をしていました。

彼に「縛ってもいい?」と聞かれて、「でも、痛いのは嫌だからね」とOKしました。

彼に手を柵に括りつけられ、目隠しをされて、彼の愛撫がはじまりました。
胸を荒々しくはだけられ、ブラをずらされて、おっぱいだけ出したいやらしい格好にされ、さらにおっぱいにも紐をかけて縛られました。
そして紐の間からむにゅっと飛び出している乳首を彼に摘まれて、私は激しく悶えました。
私は乳首が一番感じるんですが、おっぱいを縛られると余計に乳首の感度がよくなった気がしました。

「縛られて感じるんだ。エッチだな」

彼はさらにしつこく私の乳首を弄びました。

「んっ!!あっっあっああ!!」

私はすぐにイキそうになるほど感じました。
彼は私の目隠しを取って言いました。

「ほら、天井を見てごらん、すごくやらしい格好になってるよ」

見ると天井は鏡になっていて、胸を縛られて弄られているエッチな私の姿が映っていました。

「あん、いやあっ、恥ずかしい・・・」

「もっと恥ずかしくしてやるよ。ほら、胸を見て」

彼はいやらしく私の胸を揉みました。
乳首もツンツン刺激されました。

「ああ、いやあ、やあん・・・、いや、あっあっやめて、あああ~~!!」

私は胸の愛撫だけでイッてしまいました。

「ダメだよ、まだイッたら。さあ、こっちはどうかな」

彼の指が下の方を探っています。

「あーあ、びしょびしょになってるよ。もっと虐められたいの?」

彼の指が敏感なところを容赦なく刺激してきます。

「ああ、ダメ、そこは・・・、あ、だめえ」

私は仰け反って悶えました。
もうおかしくなりそうです。

「やらしい体だな・・・ほら、お仕置きだぞ」

最後には彼に激しく突かれて、絶頂まで昇りつめました。
終わったあと、彼は優しく解いてくれながら、「ごめん、めっちゃ興奮して虐めちゃった」と言いました。

「私も、すごく感じちゃって恥ずかしい・・・」

「いいよ、すごいそそられたよ。またしような」

以来、時々彼に縛られています。