これは俺が中1の頃の話です。

友達の純だが、親が再婚して義姉と義妹ができてから、急に付き合いが悪くなった。
たまには遊ぼうと午後の部活が休みの日、純の家に突然行ってみた。
玄関には鍵が掛かってないが、居間に人影はなかった。
遊びに行くと大体はいつも「お邪魔しま~す」と勝手に2階にある純の部屋に上がっていた。

あと5段で階段を上がりきる時、純の部屋に何か動くものが見えた。
よく見ると、誰かが覆いかぶさりヘコヘコ動いてる。
純のケツだった。
当時、何の知識もない俺だったが、さすがにこれはエロいことをしてると直感した。
そっと階段を上がり、部屋のすぐ横に忍び足で近づき、中の様子を窺う。

「・・・はっ、はっ、奈津子・・・もうすぐ注射終わるからな・・・」

何のことなのかと、そっと覗く。
裸で横たわりじっとしていた少女は、小学5年生の義妹、奈津子だった。
純は奈津子の両足を抱えるように持ち上げ、幼い毛も生えていないまんこに容赦なくビンビンに勃起したチンコで抜き挿しを繰り返した。
結構デカチンで有名な純のチンコを全てねじ込んでいる。
いや、余裕で受け入れているようにも見える幼いおまんこ。
すごい光景を目の当たりにした俺は、身を隠すことを忘れ見入っていた。

「よし・・・出る・・・出るぞ~~」

純は全身を硬直させ、ビクンビクンと身体を震わせ、欲望の全てを幼いまんこに全て注ぎ込んでしまった。
その時、奈津子と目が合った。
俺は隠れることもできず、どうしようかと思っていた。

「ね~、キーボー(俺のこと)も一緒にお医者さんごっこする~?」

慌てて純が振り向く。
まだ勃起したままのチンコがビョ~ンとまんこから飛び出す。
その15cmはあるであろうチンコを手で隠しながら・・・。

「な、なんだよ・・・声くらいかけろよ~・・・」

2人の間に気まずい時間が流れる。

「ね~、お医者さんごっこ~もっとしようよ~、もっとお熱測って~」

奈津子の一言で吹っ切れたのか、純は開き直ったように俺に言った。

「キーボーもやってみろよ、スッゲ~気持ちいいぜ!」

躊躇している俺の手を引っ張る奈津子。
スルリと俺のチンコに手を伸ばし、確かめるように弄った。

「ん~、注射できますね~。じゃあ、注射の準備をしま~す」

少し抵抗したが、ジャージはいとも簡単にずり下ろされ、テントを張ったトランクス姿にされてしまった。

「中くらいの注射ですね~。消毒するのでここに寝てくださ~い」

言われるままに横になると、スルリと奈津子の手がトランクスの中に滑り込み、チンコが引っ張り出されてしまった。

「消毒しま~~す」

俺は思わずビクンと震えてしまった。
なぜなら、皮が剥けるようになって日の浅い亀頭が一気に剥き上げられ、次の瞬間奈津子の口の中にあったからだ。
全身に電気が走ったように快感が俺の身体を駆け巡った。

「あっ・・・ダメッ!・・・もう・・・なんか・・・出そう・・・ううっ!」

次の瞬間、俺はあっと言う間に果てた!
小5の少女の口の中に全てを放出してしまった。

「はい、いっぱい出ましたよ~。これ見て~」

奈津子は俺の快感の証を手のひらに出して見せた。

「じゃあ消毒が終わりましたので、お熱を測ってくださ~い」

「キーボー、奈津子のおまんこ、弄ってやれよ」

笑いながら言う純。

「ここが病気です。触ってみてください、キョロッってするとビクンってなります」

奈津子はおまんこをこれでもかってくらい両手で押し開き、中央にある肉の飛び出しを人差し指で転がして見せた。

「これ?・・・」

指で擦ってるうちにだんだん硬くなりはじめ、ついには指先が中にある塊を捉えると奈津子の様子が一変した。
笑顔だった顔は真顔になり、キョロリと塊が移動するたびに身体を強張らせ、太ももをピーンっとさせた。

「あは・・・なつこ、なんかの病気ですか・・・そこ弄るとは体が勝手に動いてしまいます」

「キーボー、熱も計ってやれよ~。そこの下に穴があるだろ、そこに指入れてみ」

そう言われ、中指を穴に入れてみた。
中はすごく狭く、とても熱かった。
キョロリと塊が動くと、さらに中指はすごい力で締め付けられた。

「お熱ある~?熱い?」

「・・・すごい熱い・・・本当にすごく熱いよ!」

「じゃあ、注射しないといけませんね~。早く注射してくださ~い」

「キーボー、チンコ入れてやれよ。スッゲ~気持ちいいんだぜ~」

仰向けに寝そべった奈津子に覆いかぶさり、チンコをおまんこに擦りつけているうちになんとなく窪みにハマった。

「はやく~、注射~そこだよ~」

グッと腰を突き出すと、とてつもない締め付けが俺のちんこを襲った。

「まだ先しか入ってね~ぞ、もっとグ~ッと奥まで入れろよ」

さらに突き進めると、ある抵抗の後、スルリとチンコの全てが飲み込まれてしまった。

「早くいっぱい注射して~」

初めてのおまんこは熱くてきつい。

(こんな中をどうやって動けばいいんだ?)

引くと抜けそうになり、おっとばかりに再び突く。
それを繰り返しているうちにだんだんコツがわかってきた。

プツン、クチュン、プッツン、クチュウン・・・。

5~6分くらい続けただろうか、急に快感の波が押し寄せてきた。
そう思った瞬間、俺は奈津子を抱えて高速で腰を振った。

「・・・アッ・・・ああああ・・・キーボーの注射好き~・・・ああああ」

「俺も、もう出るっ!うっ・・・うううっ!」

「・・・キーボーの注射びくんびくんってなってる」

「おい、すげ~よ、奈津子が声出すの、初めて聞いたぜ」

それから度々純の家に遊びに行ったのは言うまでもない。
ちなみに奈津子はちょっと頭が弱い。
そのせいか、お医者さんごっこは前のお父さんと小学校に入る前からしていたらしい。
注射は4年生くらいに知ったって言っていた。
そんな奈津子も今では3児の母になっている。