名前、住所、電話番号、そして勤務先や生年月日までを名乗ってオナニーをはじめる。
そうやってビデオカメラの前で録画したDVDが何かの間違いで知人の手に渡ったりしたら、もう終わりだ。
でもこんな破滅的な行為をしないと感じなくなってしまった私がいる。

「◯◯です。1990年10月31日生まれの20歳、独身です。住所は◯◯県◯◯市◯丁目◯ー◯で、◯◯マンションの◯◯号室に住んでます。趣味は屋外露出や自分虐めのオナニーです。それでは2011年9月12日のオナニーをはじめます。エッチな◯◯を見ててくださいね」

そう言うと私はペコリとお辞儀をした。

「これは今日、会社に着ていった服です。どうですか?普通の女の子でしょう?」

くるりと回る私。

「でも、じつはマゾっ気のあるとってもエッチな女の子なんです」

そう言ってスカートを捲った小さなパンティを晒すと顔が熱くなった。
大きく息を吐いてブラウスに手をかける。
ひとつひとつボタンを外すごとに被虐感が高まった。

続いてスカート。
あっという間に下着姿になった。
まったく躊躇いを見せずブラを取ると、明らかに発情した乳首が現れた。

「ほら、もう硬くなってる」

親指と中指で乳首を摘みながらカメラに目を向ける。

「あん、感じちゃう」

後ろを向いて、最後の1枚、パンティを脱いだ。
後ろ向きになったのは恥ずかしいところを隠すためではなく、小ぶりのお尻を見せるためだった。
全裸になると正面を向いてパンティを裏返した。
そこには、ねっとりとした淫液が付着していた。

「ほら、こんなに濡れちゃってる・・・」

カメラにパンティの底部を晒す。
濡れた下着を晒すのは裸そのものを見られるより恥ずかしいのに、わざとその行為を行なう私。
被虐の喜びを感じていた。

ベッドに座り、足を大きく開いた。
M字開脚の姿勢をとると秘肉が緩んだ。
左手を後ろにして身体を支えると、右手でアソコを開いた。
濡れたアソコを完全に晒す姿勢。
恥ずかしすぎるポーズにアソコはさらに濡れる。

「◯◯の濡れたオマンコをどうぞ見てください」

名前を言いながらの恥ずかしい台詞。
それに反応するかのように淫液が溢れ出した。
バイブを用意してオナニーの開始を告げる。

「それじゃ、これからはじめます。◯◯は淫乱だから、早くイッちゃわないように罰を決めておきますね」

まず30分以上、イクの耐えられたら、罰はなし。
30分以内にイッたら、お浣腸をします。
20分以内なら、お浣腸した上でお尻にバイブを入れちゃいます。
10分以内なら、アソコとお尻、同時にバイブを入れちゃいます。

バイブを舐めながら、そう宣言すると、オナニーを始めた。
いつもなら寸止めを繰り返して自分を苛めるのが、今日は逆。
早くイクことで次の罰があるから、一気に自分を責め立てる。
左手の中指でクリトリスを押し潰しながら、右手で激しくバイブを動かした。
ビデオカメラの前で行った淫らな宣言で、すでに発情していた私はあっという間に追い詰められた。
だが、お尻の穴を弄くったことはあるものの、バイブ挿入の経験はない。
ましてやそれが2つの穴同時となると・・・。

時計を見ると、まだ7分が経過したところだ。
ふと手を緩めようという考えが頭を過ぎったが、サディストの私がそれを許さない。
カメラに向かったまま足を開き、腰を完全に浮かせたまま耐える、耐える、耐える・・・。
しかし、限界はすぐそこまで来ていた。

「アソコとお尻、同時なんて無理だよぉ~、お尻になんか入れたことがないのに~」

騒ぎながら耐える。
そして限界の時が訪れた。
深くバイブを挿入したその瞬間、イッてしまった。
身体はビクンビクンと間を置きながら震えている。
最後の力を振り絞って、時計を見ると14分40秒だった。
あまりにも激しくイッたせいで、すぐに動くことができない。
それでも私はカメラを意識して、足を大きく開いた。
イッたばかりのアソコを見てもらうために、アソコの向こう側に顔が写るような姿勢をとった。
こんなエッチな姿を記録されているんだと思うと、またイキそうになった。

しばらく余韻に浸った後で起き上がると、私は正座してカメラに向かった。

「頑張ったのですが、◯◯は14分40秒でイッてしまいました。それじゃ、先ほど約束しましたお浣腸を実行します。でも、お尻のバイブは許してください。まだ経験がないので、ちょっと怖いんです」

そう言って深々と頭を下げた。

「そのかわりじゃないんですけど、今回も罰を用意します。早く出しちゃわないように・・・」

まずさっきと同じで、30分以上耐えられたら罰はなしとします。
今回はお浣腸なので、細かく分刻みで罰を決めます。
まず30分以内に出してしまったら、明日のブラの着用を禁止します。
29分以内なら、パンティも禁止。
28分以内なら、ノーブラノーパンでミニスカートを着用します。
27分以内なら、ストッキングの着用も禁止。
26分以内で、ブラウスは透けた素材のものを着ることにします。
これは罰ですので、誰が訪ねてきても、この格好でいることを誓います。

25分以内だと、外出時のブラも禁止します。
24分以内なら、パンティも禁止。
23分以内なら、外出する時もノーブラノーパン、ミニスカートとなります。
22分以内で、生足。
21分以内で、胸も透けるブラウスでお出かけします。

20分以内なら、さらにきつい罰が必要ですね。
ここからは服装以外の罰を決めます。

20分以内ならノーパンノーブラ、ミニスカートに薄いブラウスでデパートに買い物に行き、更衣室で全裸になって試着することにします。
19分以内なら、全裸になってから少しだけ顔を出します。
18分以内なら、一度カーテンやドアを全開にします。
17分以内なら、試着室内でオナニーもします。
16分以内なら、さらに浣腸を。
15分以内なら、デパートを出た後、大人の玩具屋にも行くことにします。
14分以内なら、そこでエッチな衣装を購入。
13分以内なら、バイブも購入。
12分以内なら、さらに媚薬も。
11分以内なら、店内で買った服に着替え、媚薬を塗ります。
10分以内、ここからはもっとエッチな罰です。
10分以内なら、アソコの毛を剃ります。
9分以内なら、剃ったアソコの写真を撮って、外出時にどこかに置いてきます。
8分以内なら、アソコだけじゃなく全身の写真も撮って、置いてきます。
7分以内なら、置く場所を男子トイレにします。
6分以内なら、男子トイレ内でオナニーもします。
5分以内なら、全裸オナニー。
4分以内なら、スカートを置いてきます。
3分以内なら、ブラウスも。
つまり3分以内なら全裸で帰ることになります。

そして2分以内、ここまで短い時間しか耐えられなかったら究極の罰です。
全裸で会社に行きます。
1分以内なら、会社で全裸生活宣言をします。

罰を言いながらゾクゾクした背徳感を感じていましたが、実際には30分以上耐えた経験もあるので、これは自分を盛り上げるための演出でした。
しかしそれが・・・。
罰ゲームの説明が長かったためか、身体が冷えていて、すぐに便意を催してしまいました。

「え、嘘・・・」

さすがに焦る私。
全裸で帰宅をしなくてはならない3分はクリアしましたが、便意がいつもよりきつい。
私は体勢を変えて耐えました。
身体中に汗が噴き出していました。

(このままじゃダメ・・・)

もうトイレまで歩くのも無理そうです。
ベッドの上で漏らしてしまった時のことを考えると、もう動きはじめないといけません。
そろそろと部屋を出ました。
トイレに座って放出。
時間は8分54秒でした。

(まさか10分も耐えられないなんて・・・)

20分以内の罰は実行はしないことが前提で、無理そうなことをあえて言ったのに。
排泄が終わると悲壮感が漂っていました。
部屋に戻り、一旦カメラの電源を切りました。
シャワーを浴び、冷静になってこれからのことを考えました。

(別にビデオの中だけの話だから従う必要なんてない)

そう思いながら、すでに実行することを決めている自分がいました。
再度カメラの電源を入れた時、シャワーを浴びてから1時間以上が経過していました。
その間に済ませたこと。
それは、難しい部分の剃毛処理でした。
大淫唇や小淫唇、そして肛門の周りを時間をかけて丁寧に処理をしました。
そして再びカメラの前に立つと、剃毛宣言をしたのです。

「それでは約束した罰ゲームです。先ほどの時間は8分54秒でした。ということで、ここの毛を剃ります」

剃りやすい土手の部分だけ残した恥毛。
それをカメラの前で剃り落としてしまいました。
毎日している録画オナニー。
それが、浣腸して、さらには剃毛までしてしまうなんて。
これから私はどうなってしまうのでしょうか?

まだまだプレイは続いていました。
翌朝、きちんとお化粧して、カメラの前に立つ私がいました。
白いブラウスに黒のタイトミニという格好です。
黒のハイソックスを履くと白い太腿が際立っていました。
その格好で大きくジャンプすると、小さな胸が揺れました。
カメラ目線で、「約束通りノーブラです」と言いました。

「下も、ほらっ!」

そう言ってスカートを捲り、ツルツルのアソコを晒しました。

「それでは、この格好でお出かけしてきますね」

ペコリと頭を下げると電源を切りました。

次に電源が入った時、そこはデパートの更衣室の中でした。
狭い空間なので斜め下からしか撮ることができません。
でも、これが思ったよりいやらしくて・・・。
ツルツルのアソコの後ろに胸、そしてその後ろに顔というアングルでの脱衣シーンとなりました。
全裸になった途端、エッチな気分が高まり、アソコに指を這わせました。
すっごく濡れていたんですが、結局イクまで弄り続けることはできませんでした。

次の罰はドア全開です。
さすがに緊張しました。
五感を働かせて周囲の状態を探ります。
物音がしなくなったその瞬間、ドアを開けました。
周囲を見渡す余裕はありませんでしたが、きっと誰にも見られなかったと思います。

更衣室内の最後の罰、お浣腸を済ませてデパートを後にしました。
駅のおトイレで間違えたふりをして男子トイレに駆け込みました。
個室に入り、排泄。
カメラは間に合いませんでしたが、その後、また服を脱ぐところから撮影を開始しました。
全裸になってオナニー。
今度はイクまで弄りました。
溢れた淫液は拭わずに太腿を伝わせました。
プリントしたアソコの写真をペーパーホルダーのカバーの上に置くところまで録画して、電源を切りました。
また五感を働かせて周囲を窺い、猛ダッシュで男子トイレを後にしました。

大人の玩具の店では撮影をすることは出来ませんでしたが、ちゃんとバイブ、セーラー服、そして塗るタイプの媚薬を購入しました。
それを持って公園へ。
人気のない山道に入り、カメラをセットします。
買ってきた商品の説明をすると、「お店の中で着替えることができなかったのでここで着替えます」と宣言しました。
屋外での生着替えです。

全裸になった時、上の展望台で家族連れの声が聞こえました。
慌てましたが、逃げることもできないので、ただじっとして、いなくなるのを待っていました。
声が聞こえなくなってからアソコと乳首に媚薬を塗りました。
バイブオナニーをしようとも思ったのですが、一度綺麗に洗いたくて、これはやめました。

そしてセーラー服への着替え。
サイズの小さいセーラー服はなんとか着れたのですが、スカートの丈が極端に短くて、少し動いただけでアソコが丸見えになるほどでした。
その格好にまた発情してしまった私。
屋外で立ったまま激しくオナニーをしてしまいました。
太腿を伝う淫液、それは足首にまで達していました。
媚薬のせいか、イッたのに疼きが収まりません。
セーラー服を脱いでまた全裸になった私は、結局、バイブを洗わないまま突き立てていました。

「エッチな美帆は、今お外で裸です。あぁ~、またイキます。美帆のいやらしい姿を見てください。あぁ~」

屋外で全裸になり、自分の名前を言いながらイキまくった私。
カメラには、買ったセーラー服と着ていた服を山麓に投げ捨てる姿が映っていました。

「エッチな美帆は服なんて着て帰ったらいけません。全裸でマンコを弄りながら帰ります」

そう、潤んだ目で宣言した私。
最後のシーンは全裸で帰る後ろ姿でした。

これが、これまでで一番感じたオナニーです。
今でもこのDVDを見ると、その時の羞恥が蘇ってきます。