中3のコズエです。
土曜日、私は中学の制服を着たままで塾に行ってきました。
寒いからスカートは長いままで、自転車のサドルにはスカート越しで座るので、漕いでいる途中でパンチラ出来なくて面白くありません。
こんなのでは痴漢は期待できません。
パンツもブラも、今日はピンク色です。

電車に乗ってからしばらくして混んでくると、スカート越しに感触がありました。
珍しく長いスカートでも触られることに嬉しくなりました。
後ろの人は息が荒くなり、まずスカートのプリーツを動かして、お尻全体に広がるように触られます。
ドキドキしてきました。

次にお尻を揉まれました。
右も左も恥ずかしさが込み上げてきます。
後ろの人の息がさらに荒くなり、今度は違う手つきで揉まれました。
スカートの中のパンツを食い込ませようとしてるみたいです。
気持ち良くなってきました。
スカートの上から強くパンツの端を掴もうとしてるみたいで、手の力が強くてお尻で感じてしまいました。
私の息も荒くなります。
でも、何度触っても、スカートの厚さと重さでやりにくいみたいです。
あっという間に駅に着いてしまいました。

仕方がなく、火照ったお尻のまま乗り換えます。
しばらくしてから、混んできました。
今度はおじいさんが近づいてきました。
満員電車の中でこの近づき方は、間違いありません。

思った通り、電車が動き出すとスカートが引っ張られる感じがしました。
何度か引っ張られ、スカートの中が冷たくなりました。
長いスカートなのにたくし上げられたんです。
お尻に冷たい感触が来ました。
思わず息を呑みます。
今日は雪が降るほど寒い日で、外の空気で冷やされた手で、このおじいちゃんは私のナマのお尻を触ってきたんです。
カラダが震えました。

(痴漢はされたいけど・・・)

痴漢されるのが嫌だったからじゃなくて、冷たかったからです。
ナマでお尻を触られたことはあったけど、何倍も感じました。

そして駅に着き、いつも通りに勉強して、午後に友達のカナコとゲーセンに行って、寒そうだったから普通に帰ってきました。
帰りの電車は、痴漢されるほどは混んでもいませんでした。
乗り換えて、痴漢されそうなところに乗り込むと、いきなり腰を引き寄せられました。
あとはその人に任せました。
スカートが捲り上げられ、両手でお尻を揉まれました。
腰に手が動いていきました。

(やっぱりこうでなくちゃ!)

そう思った次の瞬間、パンツが切られました。
腰の部分の両側が切られました。
ショックでした。
技術者のお父さんは、物を破ったり壊したりすることを嫌う人で、私は目の前で物が壊されることを嫌うように育ちました。
自分の穿いていたパンツが切られて、ショックでした。
股間をパンツが滑り、感じてしまいました。
怖くなった私は、とにかく自分のあそこを押さえました。
すると手の甲に、やっぱり男の人のあれがぶつかりました。
右手であれを、左手であそこを押さえながら次の駅に着くのを待って、ドアが開いたらバッグを持って降りました。

自分の穿いていたパンツが切られた時はとても怖かったです。
いい痴漢を見分ける方法、誰か知りません?
もし知ってたら教えてください。

ウチに帰ってから見てみると、スカートの裏地に汁がべっとり付いてました。
クリーニングとかに困って、今は夏用の生地の薄いのを穿いてます。
なのに今日は寒くて最悪です。
露出どころじゃありませんでした。
だからとても欲求不満です。

いつも私に色々な快感を与えて満たしてくれるのは、近所のお兄ちゃんです。
でも今日はお兄ちゃんのとこにも寄ってきませんでした。
春から工業系の大学に行くけど、音楽が好きで部屋が防音されてたり、関係もないのに心理学を自分で勉強したりしてます。
頭が良くて勉強も教えてくれます。
『はみパンがブルマの真髄』だって教えてくれたのもお兄ちゃんでした。

こんな事がありました。
中学の体育祭に、お兄ちゃんが好きだった憧れの先輩がはみパンをしてて、それを注意したら、先輩はブルマを引っ張ってはみパンを直したそうです。
でもブルマと間違ってパンツを引っ張っちゃって・・・。
それを見たお兄ちゃんは、それ以来、はみパンが好きになったそうです。
私も見られたい気分の時は、お兄ちゃんに何度もはみパンを見てもらいました。
(そのとき穿いたブルマは、こっそり持ち出したお姉ちゃんのです)
高校は、今もブルマを使ってるところに入って、電車で通学して、毎朝痴漢されたいです。
恥ずかしければ恥ずかしいほど気持ちいいです。
私はそんな、クラスで一番エッチな中3です。

<続く>