彼と出会ったのは20歳の頃。
勤務先のパブスナックで遊びに行こうと誘われました。
10歳も年上な男性でしたが、強引な誘いに負けてご飯に行くことに。
顔はかっこよくはありませんが、優しくて面白い彼との時間は楽しかったです。

彼はおしゃれなダイニングに連れて行ってくれました。
彼は車だったのでノンアルコール。
そこで一度自宅に戻り、車を置いて近くのバーに。
帰るときにコートを着せてくれて、「いつもはこんなことしないんだからな」って照れた彼にキュンキュンしちゃいました。

そこからラーメン屋。
3軒もハシゴしたのに、まだ飲み足りない私たちは彼のお家で飲み直すことにしました。
彼の部屋はキレイに片付いていて好感度アップ。
薄暗い中、酔っ払った私たちはイチャイチャしながらバカラのグラスでウイスキーを飲んでいました。

じつは私、当時はウイスキーが飲めなかったんです。
そこからは記憶がありません・・・。
気付いたら朝になっていて、セミダブルの彼の隣で下着姿で寝ていました・・・。

(えー!エッチしちゃったの?!)

焦っていると、彼が起きました。

「したかったけど、なんにもしてないよ。昨日のこと覚えてる?」

「・・・ごめん、記憶がなんにもありません・・・」

「えーっ!(笑)」

話を聞くと、付き合うことになったらしいです(笑)

とにかくよかったのが、彼とのエッチの相性でした。
キスから何から本当に私好み。
胸やあそこを触られる前に、気持ちよすぎて濡れてしまいます。

何回目かのエッチのとき。
私は明るいのが苦手なのでいつも暗くしてもらっていました。
でもその日は彼が電気を消してくれなくて、恥ずかしくて抵抗しても筋肉質な彼には敵いません。

「じゃあこれしたらいいよ」

そう言って渡されたのがアイマスク。
初めての目隠しプレイに興奮度はアップ!
その日の彼はいつもより強引で、両手を頭の上で押さえながら、私の首や背中に唇を這わせます。
私は特に背中、肩甲骨を甘噛みされるのに弱くて、それだけであそこがトロトロになってしまうんです。

もう欲しくて欲しくてしょうがなくなったところで、彼の太いオチンチンを入れてもらいました。
入る瞬間が本当に気持ちいいんです。
彼のオチンチンは本当におっきくて、たぶん今までで一番だと思います。
最初は避妊をしたがらない彼でしたが、私がスキンを買っていったらサイズが小さくて入りませんでした(笑)
そんな大きいオチンチンだからなのか、彼の攻め方が良かったからか、私はおしっこがしたくなりました。
当時まだ中ではイッたことがなくて、『潮を吹く』という言葉も知らない私。

「トイレに行きたい」

「大丈夫大丈夫」

優しく言いながら彼は腰を送ります。
私、本当に我慢できなくなって、恥ずかしさいっぱいの中、漏らしてしまいました。
それが潮だと知ったのは終わってから。
ベッドがべちゃべちゃになるくらい潮を吹いて、彼は大満足そうでした。

彼とのエッチは何年経っても忘れられません。
今でも思い出しただけで、心もあそこもキュンとしちゃいます。

(あー、また彼としたい)

お金を払ってでも抱いて欲しくなる、元彼との話でした。
別れたあとも半年くらいは彼とのエッチが恋しくて、禁断症状みたいになっていました(笑)