放送部に入部した俺が、中学時代から憧れの茜先輩と初めてエッチした時の話です。

10月にある放送大会に向け、練習をして居残りをしていました。
茜先輩は英語でスピーチ(もちろん本番は完全暗記)で、俺は1年生だったので、先輩方のお手伝いでした。
放送部に入るきっかけは、中学時代の時から放送委員会をしていて、茜先輩とそこで出会って、高校でも放送委員会をやりつつ放送部に入ると決めてたから。
茜先輩は部長を務めてるとは思っていなかったけど、引退した先輩方の意見が満場一致でなったらしい。

この日のも茜先輩は英語でのスピーチ練習を何度も繰り返し行なっていて、俺は茜先輩の声を録音したり、細かいところのチェックをして欲しいと言われていた。
放送室で練習をしているのだが、先生も来ることはなく、いつも2人っきりだった。
茜先輩とはエッチまではないが、この放送室でキスはしていた。
もちろん触りあったりもない。

(今日こそは茜先輩と!)

そうは思っていても、やっぱりいざとなると手が出ないものだ。

だが、この日は違った。
夏休みで先生方も職員室にちょっとしかいなくて、職員室は1階、放送室は3階なので、まず来ることがない。
3階は放送室と美術室とパソコン室くらいしかない。

茜先輩「◯◯君、おはよう!」

俺「茜先輩、おはようございます」

茜先輩「ごめんね、忙しいのに」

俺「いやいや、大丈夫ですよ」

茜先輩「私、この大会、成功させたいんだよね!」

俺「うちの学校からは、茜先輩とA先輩(茜先輩と同級生の男の先輩)が出るんですよね」

茜先輩「そうなの。A、いつも家で練習してるらしいけどね。さて、鍵を借りてくるから、先に放送室行ってて!」

俺「わかりました」

俺は先に3階に行った。

茜先輩「◯◯君、遅くなってごめんごめん!」

俺「大丈夫ですよ」

茜先輩「今日の職員室、先生少なかった」

俺「そうなんですね。茜先輩、今日は何時までやりますか?」

茜先輩「◯◯君、お昼持ってきた?」

俺「いえ、午前中だけかなって思ってて、持ってきてないです」

茜先輩「そっか~、じつは私、◯◯君のも作ってきたんだ」

茜先輩は俺のためにお弁当を作ってきてくれていた。

俺「いいんですか?!ありがとうございます!」

茜先輩「じゃあ久々に夕方まで頑張ろうか!」

俺「そうですね!頑張りましょう!」

茜先輩「◯◯君、目を瞑って左向いてて!」

俺「あ、はい」

茜先輩はいつものキスをしてくれた。

俺「先輩・・・早いですよ!」

茜先輩「気にしない!気にしない!」

俺「じゃ、録音からですか?」

茜先輩「だね!じゃあ、あっちの別室で操作して、合図出すから」

俺は録音ボタンがある隣の部屋に行き、茜先輩の合図を待った。

茜先輩の右手が上がった。

茜先輩「(英文・・・英文・・・英文・・・)」

黙々と読んでいる茜先輩を俺はただ見つめていた。
茜先輩のおっぱいをまじまじと見たり、先輩の髪を見たり、もしかしたら変態だと思われていたかも。

2回目の合図、停止の合図だ。

茜先輩「そしたら、ここまで聞いてみるから再生してみて」

俺「わかりました」

茜先輩の流暢な英語が聞こえ、とてもよかった。

茜先輩「もうちょっとここを・・・」

先輩は赤ペンで書き込んだり、上手くいったところは丸をつけたり、自分の原稿が真っ赤になっていた。

茜先輩「◯◯君、次は暗記して読むから、ダメだったと思うところがあったら正直に言って!」

俺「わかりました!」

再び合図が出て、先輩の暗記録音がはじまった。
動くたびに、若干だけど茜先輩のおっぱいが揺れる。
俺はそれを見てるうちに軽く勃起してきていた。

合図が出て、先輩の暗記録音が終わった。

茜先輩「どうだった?」

俺「今日は大丈夫でしたよ!」

茜先輩「本当?◯◯君、細かいところも言っていいんだよ?」

俺「いえ・・・大丈夫ですよ!」

さすがにおっぱいの揺れは言えないって思った。

茜先輩「◯◯君、いつも私が読んでいるとき、どこ見てる?」

俺「え?どこでしょ・・・」

茜先輩「隠さないで言いなさい」

俺「どこも見てないですよ」

茜先輩「ふぅーん・・・」

俺「な、なんですか!www」

茜先輩「そっか?じゃこれは何?」

茜先輩は俺の股間を触ってきた。

俺「茜先輩!ちょっと・・・」

茜先輩「なんで立たせてるの?」

俺「立ってないです・・・」

茜先輩「嘘つかないの!」

そう言うなり茜先輩は俺の手を取り、おっぱいに持っていった。

俺「茜先輩、さすがに・・・」

茜先輩「私のおっぱいばっかり見てるんだから」

俺「な、なんで・・・」

茜先輩「あ、正解なんだ?」

俺「だって・・・茜先輩大きいし、たまに揺れるから」

茜先輩「やっぱりね!正直に言ったからご褒美」

茜先輩はそう言うと放送室のカーテンを閉めて制服を脱ぎ始めた。

俺「本当にいいんですか?」

茜先輩「いいよ、◯◯君の好きなようにして」

俺は茜先輩のおっぱいを軽く揉んだり、ブラの上から乳首を触ったりした。

茜先輩「◯◯君って童貞?」

俺「はい。まだエッチしたことないです」

茜先輩「私もないんだけどね、◯◯君、触り方ぎこちないから」

俺「茜先輩、直接触りたいです」

茜先輩「いいけど・・・私も◯◯君の大きくなったのを見たいな」

気がつかなかったが、いつもより大きくなっていた。

茜先輩「パンツからはみ出てる。・・・大きいね」

俺「恥ずかしいです。・・・先輩」

茜先輩「じゃ、◯◯君の舐めてあげるから、あっちの部屋行こうか」

鍵を閉め、放送室の奥にある防音室に行くことにした。

茜先輩「◯◯君のおちんちん、とっても大きいね」

俺「茜先輩のおっぱいも、とっても大きいですよ」

茜先輩「こういうのってどう?」

茜先輩は手コキを始めた。
俺は気持ちよくて出そうになった。

俺「茜先輩、出そうです」

茜先輩「まだだーめ」

俺「茜先輩・・・!」

俺は茜先輩のおっぱいを揉みながら、乳首を触ったり舐めたりした。

茜先輩「◯◯君、女の子のアソコ、見たことないでしょ?」

俺「はい!」

茜先輩「じゃ、私は◯◯君のおちんちんを好きなようにしちゃったから、◯◯君も好きにしていいよ」

俺は茜先輩のオマンコをどうしようかって考えていた。

俺「じゃ・・・ここに指入れていいですか?」

茜先輩「あっ・・・ああーだめ・・・」

俺「すごい濡れてますね」

茜先輩「◯◯君、そこだめ・・・私、そこ好きなの・・・」

そのときは、クリトリスを触っていることに気がついていなかった。

茜先輩「だめ・・・だめ・・・イク・・・イッ・・・」

俺「わー」

茜先輩は潮を吹いた。

俺「茜先輩、拭かないと大変ですね」

茜先輩「初めての人に潮を吹かされるとは思わなかった・・・」

俺「すごい出ましたね」

茜先輩「もう我慢できない・・・◯◯君、そこに寝て」

俺が横になると、茜先輩は跨がり俺のちんこを挿入した。

茜先輩「◯◯君のことが好きだから生で入れちゃった」

俺「俺も中学時代から茜先輩が大好きでした」

茜先輩「じゃあ両想いだね!付き合おうか」

俺「こんな俺ですがよろしくお願いします」

茜先輩「よろしくね!◯◯君!そうだ、茜って呼んでいいよ。2人っきりの時だけ!」

俺「あ・・・茜、大好き」

茜先輩「私も大好き、◯◯」

茜先輩とエッチをして俺は童貞を卒業、茜先輩も処女を卒業した。
その後、夕方まで先輩と練習とエッチ、練習とエッチと繰り返した。
その日は先輩と一緒に帰り、次の日は先輩の家でエッチをした。
俺の高校時代の最高の思い出だ。