看護師の京子さんに最初に会ったのは、mixiの某コミュでの忘年会。
その時はマイミクの友達で来た。
その後、新年会に来てマイミクになりアドレス交換。
毎日、朝から晩までメール。

最初はいきなり『2人で酒』って言うと警戒すると思ったから、『ファミレスとかでご飯』って言って待ち合わせ。
その後、居酒屋に誘ってお酒を飲ませて、少し気持ちを大きくさせて、「魅力的」とか「女性として可愛い」とか「抱きたい」みたいなことを少しずつ言って気持ちを盛り上げて、そのままホテル。

抱き合ってキスをして風呂からベッド。
ディープキスして、乳首や全身を舐めて、あそこを舐めるときはグショグショだった。
スキンをして挿入。
ずっと中で動いていたが、なかなかイケず、それでもかなり長く京子さんの中に。
だけどさすがに30分以上動いて、疲れて中折れ。
そんな俺に、「気にしないで。ちょっと休憩しよう」と言ってくれたやさしい京子さん。
俺が「◯◯くんと呼んで」と言ったら、それ以降そう呼んでくれたんで、決して酔っ払って意識をなくしてたとかではないのは確か。

休憩後は再びディープキスから。
今度は積極的にフェラで立たせてくれて、「来て」の一言で自分から騎乗位になり、生のまま挿入。
それから俺がイクまで、積極的に腰を振ってくれた。
激しい腰振りと締め付けに我慢できなくなり、「イク」って言った瞬間、京子さんの中に出した。
すぐ抜いたが、半分くらいは中で射精した。
残りはお腹にかかったが、かなりの量が出たのは、すごく気持ちよかったからだと思う。

今から思うと、そんなに俺の精子が欲しかったのかと・・・。
怖い女だ。
そもそも食事だけでホテルまで来る女って初めてで、看護師だから軽いのかと思った。

その後メールでラブラブ状態となり、毎日朝から晩までのメールが続いたが、嫁にバレそうでなかなか会えなかった。
だけどマイミクは切れないしメールはあるし、嫁や友達に対して、2人だけでしょっちゅう会ってたら怪しまれるから、気遣いかと思った。
向こうも嫁に気を使って、『バレないように』とのメールもあったし。

京子さんが俺のセフレなんだと確信したのが、その後うちのコミュのツーリングに来てくれて再会したとき。
そのときは周りに知り合いが沢山いたので知らん顔をしていたが、何気に目で合図してる様子だった。
昼飯の時に俺がいるテーブルに座ってくれて、彼女の食べ残しをわざわざ俺に食べさせてくれた。
自分の口を付けた物をくれるっていう行為をみんなの前でしてくれたことで、俺と切れたくないって意思が伝わってきて嬉しかった。
もちろん京子さんの唾が付いた天ぷらを味わいながらみんなに見せびらかして堪能した。
その時の興奮は最高で、正直あの夜のキスした味や細やかなフェラで立たせてくれた記憶が鮮明に甦り、食べてる最中もずっと立ちっぱなしだった。

最初はヤリマンを疑ったけど、よく考えたら誰にでもすぐ股を開くわけじゃない。
俺に惚れて、俺としたいから自分からフェラして立たせたり、騎乗位でイカせてくれたりして、よく考えれば可愛い。
そんなに俺が好きで俺を喜ばせたいんだって。
好きでもない相手なら、頼まれてもエッチなんかしないし、自分が上になんてならない。
俺に惚れてるんじゃなければ、それは真性のヤリマンだけど(笑)

また京子さんとセックスしたい。
キスの味もあの息遣いもフェラのテクニックも忘れられない。
何よりも、すぐに濡れる感じやすい身体と、よく締まるアソコの感触が忘れられない。
俺のペニスに絡みつく京子さんのいやらしい愛液も好きだ。