昨日、母とセックスしました。

私は弟と母と3人で秋田で暮らしています。
その日、弟は泊まりで仙台に出張に行きました。
会社を定時で終わり帰宅したら、母も仕事から帰ってばかりらしく、居間で着替えていました。
この日はとても寒い日だったのです。
何も知らずに私が居間に入ったとき、母は下はパンティ1枚で、上はブラジャーという姿でした。
綺麗でした。
とても48歳とは思えない体でした。
母は慌てて着替えを終えました。
その場はそれで終わりました。

数時間後、2人ともパジャマ姿で居間でテレビを見ていました。
自分の部屋に行こうとして母の後ろを通りました。
母は入浴した後でいい香りがしました。
その時、私の脳裏に先ほどの母の裸体が思い出されました。
私はパジャマの上から母の胸を両手で掴みました。
母は驚いた顔で私を見て怒り、抵抗をしました。
私のペニスはもう硬くなっていて、母のお尻に密着していました。
ペニスとお尻の間には薄い布しかありません。

私は母のパジャマの上着を破いて脱がせ、押し倒しました。
私は乳首にしゃぶりつき、右手はパジャマのズボンの下のパンティの中に忍ばせクリトリスを弄びました。
一気にパジャマのズボンとパンティを引き剥がしました。
明るい所で見る母のおまんこは濡れていませんでした。

自分もパジャマを脱いで真っ裸になり、母を強く抱き締めました。
母は泣き顔で私から離れようと抵抗しています。
私は母の唇に無理やりキスをし、さらに舌を入れようとしました。
それと同時に足を母の股の間に入れることに成功しました。
母は私の顔をビンタしました。
藻掻いて離れようとします。

私は母の腰を持ち上げ、ペニスを強引におまんこに挿入しました。
10回くらい腰を使うと、母は声をあげて泣き出しました。
私はペニスを抜きました。
母は泣くだけで、もうなすがままでしたが、念の為に手を後ろでパジャマの切れ端で縛りました。

私はおまんこを弄り、舐め回し、完全に濡れるまで攻撃しました。
そして再度おまんこにペニスを挿入しました。
正常位で腰を使いました。
そしておまんこの中に射精しました。
多量のザーメンが出ました。
これほど大量にザーメンを放出したのは初めてでした。
母は切ない声をあげました。

挿入したまま母にキスをしました。
ペニスは硬いままでした。
ペニスを抜かずに、そのままバックでもう一度セックスしました。
2回目の放出が終わりペニスを抜くと、ザーメンが大量に母のおまんこから溢れました。

手を解くと、母はぐったりしていました。
私は母にキスをし、抱えあげてお風呂へ連れて行きました。
そしておまんこを綺麗に洗いました。
母と一緒に湯船に浸かりました。
湯船は狭いので、母の尻の割れ目がペニスに当たりました。
そのまま湯船でセックスしました。

母をレイプという手段で自分のものにしました。
後悔などしていません。
セックスがこんなに気持ちいいとは知らなかったので、またいつかしてやろうと思っています。