俺が小5の時、俺には2つ上の中1の可愛い姉がいました。
近所でも学校でも人気で俺の自慢でした。
俺は姉とは大の仲良しで、いつも一緒にいました。
ある日曜日、姉が俺の部屋に来ました。

姉「あのさぁ、ちょっとお願いがあるんだけど」

俺「どうしたの?」

姉「・・・」

姉が急に黙ったので、何かなと思っていると・・・。

姉「私、フェラしたいの」

いきなり姉に言われて驚きました。

俺「フェラって、あの?」

姉「うん、だめかな?」

内心とっても嬉しかったです。

俺「俺でいいの?他にいないの?」

姉「う~ん、だってパパはちょっと嫌だし、クラスの男子には頼めないし。一番頼みやすいから」

俺「別にいいけど」

姉「じゃあ早くやろう。気づかれる前に」

俺はズボンとパンツを脱いでアソコを出しました。
でも姉はいざとなると躊躇したようでしたが、思い切って口に咥えました。
姉はそのまま口を動かしてフェラをはじめました。

姉「どう?気持ちいい?」

俺「うん、とってもいいよ」

姉は口の中で舌を動かしたりして舐めてきたりしました。
俺は姉の頭を持ち、もっと奥まで入れさせました。
姉は抵抗せずに奥まで咥えてくれました。

俺「俺、本当はお姉ちゃんとしたかったの。ありがとう」

姉「私も好きだよ」

俺「気持ちいいからどんどん大きくなっていくよ」

姉「口がパンパンになるね」

姉が俺のアソコを咥えたまま言いました。

姉「ねぇ、私が初体験なの?」

俺「うん。お姉ちゃんが初めてだよ」

姉「私以外とはしないでね」

俺「えっ?」

姉「また出したくなったら私がしてあげるから」

俺「うん。わかった。お姉ちゃん、俺もう出そう」

姉「いいよ。私の口の中に出して」

俺は姉の口の中に一気に射精しました。
姉は俺の精液を全部飲んでくれて、「おいしいかった」って言ってくれました。

姉「このことは誰にも言わないでね」

俺「うん、わかってるよ」

それからも姉は、たまに俺にフェラしてくれました。