昨夜のバイト仲間での飲み会にて。
後輩の女の子が20歳になってので、初めて飲みに行った。
見た目も中身もかなり純粋系の娘で、酒を飲むのは初めてだったらしい。
ちなみに俺はあまり酒飲みではないので、酒に詳しくない。
だから手頃なところでカルアミルクを勧めた。

すると、「ジュースみたいですごく美味しい」と言って、カルアミルクばかりをガンガン飲みだした。

案の定、ぐでんぐでんに酔い潰れた。
完全に俺のせいw

仕方なく俺のアパートに連れ帰った。
するとしばらくするとマシになったようだけど、まだ酔っていたようで、俺に抱きついたりしてきた。
なんだか俺も興奮してきて、胸を揉んだりキスしたりしまくった。
『彼氏いない歴=年齢な娘』(聞いた話では)なので、さすがに酔った状態でいただくことはしたくなかった。

そして、まだ俺の部屋で寝ているw

(起きたらどんな反応するんだろう?)

いや~、泣きわめかれて大変でしたw

「私、情けないです!先輩にご迷惑をかけて!もう・・・最低だよ、私・・・」

なだめるのに大変だった。
起きた時のことを書く。

「よぉ起きたか」

「えっ・・・ハイ。あれ、ここどこ?」

「俺ん家。昨日酔い潰れたから、仕方なく連れて来たんだよ」

それで全てを悟ったようで、かなり動揺しているようだった。
普通の女なら、「うわー、もう最悪~」で済ませそうだが、やはり純粋だけあってかなり動揺していた。

「大丈夫だよ、落ち着けって。なぁんにもしてないから」

「で、でも私・・・ちょっとだけ記憶あって・・・先輩に抱きついたりしたのとか・・・薄っすら覚えてて・・・いやだぁ・・・もう・・・私、なんてことしたんだろ・・・」

髪を掻き乱して泣き始めた。

「俺は別に気にしてないから!それに俺が飲む量を制してあげれなかったのも悪いし・・・」

「先輩は悪くないです!私が浮かれて飲みまくって・・・。もう馬鹿としか言いようがないです・・・」

「そんな事ないって。これを教訓に飲み過ぎないようにすればいいだろ?だから・・・泣くなよ」

「先輩・・・やさしいですね。ありがとうございます・・・。私、ラッキーだと思わなきゃ。一緒にいたのが先輩じゃなきゃ、何されてもおかしくなかったと思います・・・。やっぱ先輩はいつも紳士ですから・・・」

「んなことないよw」

「私、先輩とキス・・・しちゃいましたよね?薄っすら覚えてるんですけど・・・」

「あ、まぁ・・・うん」

「初めてだったのに。酔い潰れてたとか・・・もう最悪・・・」

「スマン・・・正直に言う・・・。拒めなかった俺にも責任ある。本当にごめん・・・」

「いえ、そうじゃないんですよ。ハッキリしない意識でしちゃったのがなんかなぁ・・・って」

苦笑いではあったが、やっと笑ってくれたので、ひとまず俺は安心した。

「先輩、今度お詫びにご飯でも奢らせてください。あ、お酒は抜きで!」

「そんな気を遣うなよ。でもまぁ行きたいな。また俺も声かけるよ」

「はい♪じゃあ・・・そろそろ帰ります。本当にご迷惑おかけしました」

「いやいや、気にすんなよ!」

「はい・・・。あの・・・先輩、また遊びに来てもいいですか・・・?」

「えっ・・・?あッ、あぁ・・・別にいいよ!」

「ありがとうございます!」

そう言って後輩は帰っていった。
数年ぶりに女の子にドキドキした俺がいたw