僕は19歳の大学生、ママは42歳です。
優しくて美しいママは幼い頃から僕の憧れでした。
僕は高2の夏に年上の大学生の彼女と初体験を済ませていましたが、ママとセックスしたくて仕方がありませんでした。

5日前に意を決して、「ママとしたい」と告白しました。
やさしすぎるママは、意外にも僕の願いを快く受け入れてくれました。
ただ、家ではパパがいるからセックスはできないということで、2人で渋谷のラブホテルに行くことにしました。

翌日の朝、起きると、普段はすっぴんなのですが、ママは僕のために念入りに化粧をしていました。
そして真っ赤なミニのワンピースに着替えました。
その姿に僕は興奮しました。
ママと僕は渋谷に出かけました。
僕は彼女との初体験とは比べ物にならないくらいママとの初体験に緊張し、興奮していました。
電車の中でも、サラリーマンは会社に向かっているのに、僕とママは朝から親子でセックスするべくラブホテルに向かっているのだと思うと妙に興奮しました。
渋谷駅に着くと、親子でラブホテルに直行です。
ラブホテル街では、ママと2人でこんな所にいるのを知り合いに見られないかとドキドキしました。

無事に親子でラブホテルに入ると、ママは緊張する僕を優しく抱き締め、なでなでしてくれました。
僕もママのことを愛撫しました。
ママは僕の愛撫テクニックの気持ちよさに喜んでいました。
親子で服を脱がせ合い、バスルームに入ると、ボディソープを使ってお互いの気持ちいいところを丹念に愛撫しあいました。
この時点でママは気持ちよさそうに喘いでいました。

いよいよベッドに行くと、まずはママにテクニックを認められた僕が、「ママ、素敵だよ。大好きだよ」と囁きながらママの体を丁寧に愛しました。
ママは特にクリトリスが敏感で、腰を激しくグラインドさせながら、「タカシちゃん、すてきよぉ」と僕の名前を叫びながら絶頂を迎えました。
僕はさらにママを攻め続け、都合6回もママをイカせました。
後で聞いたところによると、この時のママは、僕のテクニックのあまりの気持ちよさと、実の息子にイカされる嬉しさで、涙が出ていたそうです。

ママを十分に満足させた後は攻守交替。
今度はママが僕の体を愛する番です。
ママのテクニックも素晴らしく、今まで付き合った元カノとは比べ物になりませんでした。
タマもアナルも丁寧に愛撫されました。
ママのフェラチオは絶品でした。

僕は、「ママー、気持ちいいよぉ」と叫びながら、ママの口の中に放出しました。

激しすぎる親子の前戯でお互いの体を十分に満足させ合った後、しばらく休憩してイチャイチャしました。

「遺伝子が同じだから、お互いの気持ちいいところが分かって、こんな素敵なセックスになるんだね」

そんなことを話しました。
再び相互に気持ちいいところを愛撫し、母子での濃密な69を堪能した後、ママが僕の上に乗り、挿入しました。
僕にクリトリスを擦り付けながら僕の上で喘いでいるママの姿はとてもきれいでした。

その後、体位を変え、僕がママに突き立てながらクリトリスを愛撫する必殺ワザを繰り出すと、「タカシちゃん、すごい、すごいよぉ」と僕の名前を呼びながら、何度も絶頂を迎えました。
イクときにママのあそこが収縮して締め付けてくるので、僕もたまらずママの中に放出しました。
終わった後も長い時間ディープキスをして、親子で舌を絡ませ合いました。

フリータイムで入って時間はたっぷりあるので、その後も何度も愛し合いました。
僕は、さらにママの口に1回、あそこに1回放出しました。
ママは何度でもイケる体質だそうで、数え切れないくらいイキまくっていました。
連続して10回以上イカせた時は、30秒くらい失神してしまいました。

「1日でこんなにイッたのはタカシちゃんとのセックスが初めてよ。どこでこんなすごいテクニックを覚えたの?」

僕はママに感心されました。

「僕がママのことをたくさん気持ちよくできるのは、それだけママのことを愛しているからだよ。セックスは愛情表現だからね」

僕がそう言うと、ママは顔を赤らめていました。

ラブホテルから出ると、ママは上機嫌で、人目をはばからず僕に腕を絡ませ、キスを迫ってきました。
渋谷の街の真ん中で親子で濃密なキスをしました。
知らない人からは、年の離れたカップルにしか見えないだろうけれども、知り合いに見られたらと思うとドキドキしました。
それは家の近くに着くまで続きました。

ママとのセックスを終えた感想ですが、とにかくとても幸せな気持ちになりました。
もう僕の頭の中はママのことでいっぱいです。
そして今日も朝からママとラブホテルに行ってセックスを楽しむ予定です。

ママ、今日も気持ちのいいことを親子でたくさんしまくろうね。
ママ、心から愛しているよ。