クラスメイトたちに初めて性的いじめを受けてから1年と少し経った、高校2年の10月。
修学旅行に関西方面に行きました。
覚悟はしていましたが、初日から想像を絶する旅行になりました。

修学旅行だからといって許されることはなく、バスへ乗車する前に、いつもの朝と同じようにストッキングを穿かされ、亀頭と根元は輪ゴムで締め付けられ、コンビニで買ったフランクフルトを肛門に入れられました。
初めは少し痛みがありましたが、毎日の調教で緩んだ肛門は腸から分泌された粘液で濡れ、加えてフランクフルトの油分によって、クラスメイトらの前で簡単に飲み込みました。

バスでは一番後ろに座るように命じられました。
乗車後すぐに制服のズボンを脱がされ、後ろに回した手首に手錠をされました。
上着のボタンを外され、シャツを胸の上まで捲り上げられ、今では小指の太さほどに肥大し、敏感に感じてしまう乳首には洗濯バサミをつけられました。

直腸に入れられたフランクフルトの圧迫感と乳首の激痛に耐えながら、股間と乳首を恥ずかしげもなく勃起させている自分。
代わる代わるクラスメイトが来ては、小声で屈辱的な言葉を浴びせられます。
命令された通り、「チンポと乳首を勃起させている恥ずかしい◯◯をもっといじめてください、お願いします」と懇願させられ、勃起した股間をストッキングが伝線するほど強く繰り返し引っかかれたり、思いっきり乳首の洗濯バサミを引っ張られたりしました。
気を失いそうな激痛と快感に涙を流しながら、女声で喘がされるという行為が、最寄りの駅に着くまでの2時間近く繰り返されました。

駅に着き、一旦は過酷な行為から開放されたものの、バスを降りて特急列車に乗るまでの歩く道のりは、今、自分が服の下でされている行為が周囲の人たちに気付かれないか、そしてまた少しでもお腹に力を入れると緩んだ肛門からフランクフルトが抜けてしまわないか、生きている心地はしませんでした。
なんとか緩んだ肛門からフランクフルトが抜ける前に、自分の座席に辿り着きました。
フランクフルトを押し戻すように座面に尻を押しつけると、肛門付近まで押し出されていたフランクフルトを再び直腸内にねじ込むことができました。

車両1両は自分のクラスの貸切で、ほぼ全ての座席がクラスメイトで埋まりました。
自分は列車中央部の席に連れて行かれ、窓側に座るように命じられました。
発車から20分ほど経ち、車掌や先生たちの行き来がなくなった頃、自分の周りにクラスメイトらが集まりだし、両端の出入り口付近にはそれぞれ見張り役がつきました。
そしてバスの続きとばかりに、みんなの前で、制服のズボン、そして上着もTシャツも靴下も脱ぐように命令され、いつ誰が来るかも知れない列車内で、上半身は裸、下半身はストッキングのみという姿にされました。

命令されるがままに窓側を向いて立ち、クラスメイトらに背を向け、前屈みになって床に手をつき、みんなに肛門がよく見えるように、できる限り尻を突き出しました。
フランクフルトはなんとか抜けずに済んだものの、緩みきった肛門からはベタついた汚らしい茶色い半透明な腸液が漏れ出し、ストッキングの肛門や股の部分を汚していました。
罵声とともに突き出した尻を蹴り上げられ、床に倒れたところを背後から羽交い絞めにされました。

そして、罰としてこの格好で全車両の通路を端から端まで四つん這いで、自分はマゾ奴隷だと自己紹介しながら往復してこいと命令され、クラスメイトたちは沸き立ちました。
髪を鷲掴みにされて、力ずくで通路に引き出されました。
クラスメイトのみならず、他のクラスや先生、そして他の乗客の乗る車両までこの姿を晒すという信じられない命令に、子供のように号泣しながらクラスメイトの足にすがりつきました。

「お願いします。それだけは許してください。他のことなら何でもしますから許してください・・・」

自分の置かれた絶望的な境遇も考えず、何度も何度も謝りました。
全裸でピンクレディーの歌マネをさせられました。
その後、向かい合った両座席にそれぞれ足を上げて跨がり、トイレで排泄するような格好をさせられ、渡された小さな紙コップにフランクフルトを出すように命じられました。
ストッキングを下げて試みたものの、列車内での恐怖と緊張から、茶色がかった腸液とともにフランクフルトを勢いよく排泄してしまい、紙コップともども床に落としてしまいました。
尻を蹴り上げられ、その罰として床に撒き散らした腸液に顔を押し付けられ、綺麗に舌で舐め取らされました。

バスの中で2時間近く、洗濯バサミで挟まれて形が変わって血まで滲んでいながら、いやらしく勃起している乳首を再び洗濯バサミで挟まれ、それぞれに缶コーヒーをぶら下げられた挙句、床に転がっている今まで自分の肛門に挿入された腸液にまみれで異臭の放ち、そしてまだ人肌ほどに温かい、ふやけたフランクフルトを口で横に咥えさせられました。

四つん這いで尻を突き出す格好をさせられ、命令通りに狂ったようにいやらしく尻をくねらせ、女声で喘ぎながら座席のギャラリーに蹴られ、小突かれ、罵倒され、今にも千切れそうな乳首の激痛と、これ以上ない屈辱感とマゾ奴隷としての快感に涙を流しながら、乗っている車両の通路を何度も往復させられました。

四つん這いでの往復が数回目に差し掛かったとき、あまりの昂りに心も体も耐えることができなくなり、亀頭を輪ゴムで締め付けられているにも関わらず、女声で叫びながら全身を痙攣させ、コンドームの中に射精して倒れてしまいました。
ストッキングの中では、力なく緩んだ肛門からフランクフルトが数センチも飛び出してしまいました。

薄れていく意識の中で、クラスメイトに「変態」「臭い」「信じられない」といった罵声を浴びました。
クラスメイトだけでなく、こんな恥ずかしい姿をもっと多くの人に見られたいと思いました。
白い眼で見られ、罵倒されたいと、心から望んでいる自分に初めて気付きました。

ずっと肛門に入れていたフランクフルトを、「美味しいです」と繰り返しながら食べさせられました。

「自分は変態のハードマゾです」と何度も言わされ続けながら、いつもの昼休みのように四つん這いにされ、クラスメイトの椅子代わりにされました。

降車駅に着く数分前にようやく制服を着ることを許され、なんとか特急内での長い調教は終わりました。