この間、勤務が終わって帰ろうとしたら、パートの熟妻・真須美さん(50歳)が、「忘れ物した。帰るの待って」と言うので、女子更衣室前の長椅子に座って待っていた。

「まだですか?」

「もうちょっと待って」

更衣室の外から真須美さんの様子を窺っていたが、しゃがんだ時の尻の形、大きさに興奮してしまい、更衣室に入り真須美さんを抱き締めた。

「何するの?やめて。こんなオバサン相手に・・・」

「真須美さんのことが好きなんです。もう我慢できない」

俺は真須美さんを犯し始めた。
抵抗する真須美さんの胸を服の上から揉みだした。

「やめて!」と叫ぶ真須美さん。

年齢の割には大きく張りのある胸に興奮した。
服を破り、直に胸を揉み、舐め回し、強引に唇を重ねた。
ジーンズの上から尻を揉みまくってから脱がし、マングリ返しの格好にしておまんこを舐め回した。

「そんなところ舐めないで、こんなオバサンの」

「真須美さんのおまんこ、すごく綺麗だよ」

舐めながら指を突っ込んで掻き回した。
指を動かすと、絶叫しながら潮を吹いて昇天した。
息の上がっている真須美さんの髪の毛を掴み、チンポを口に捻じ込んでフェラさせた。
唾液を垂れ流しながら、「もう、やめて」と涙目で訴える真須美さんを見ていたらたまらなくなった。
壁に手をつかせて立ちバックで挿入した。

「お願い、もうやめて!」

泣き叫ぶ真須美さん。
構わず腰を振り、胸を揉み、顔を振り向かせて強引にディープキスをした。
それから床に寝かせ、正常位、対面座位と体位を変えて楽しんだ。
胸を揉みながらディープキス。
泣き叫ぶ真須美さん。

「真須美さん!真須美さん!」

名前を連呼しながらピストンして、最後は顔にぶっかけた。

犯した後、真須美さんは顔を拭きながら泣いていた。
一瞬の罪悪感を感じたが、胸を見ていたらまた催してきたので、再び覆い被さった。

「もうやめて、お願い!」

そう訴える真須美さんの顎を持ち、強引にディープキス。
正常位で挿入すると、顔を舐め回しながら狂ったように腰を振った。
真須美さんは「やめて」と何度も叫んでいた。
僕はまた名前を連呼しながら攻めて、再び顔射した。

その後、服装を直して更衣室から出たが、また出したくなって、真須美さんをしゃがませてイラマチオで口にザーメンを放出した。
また真須美さんを犯したい。