28歳の時、妻が妊娠して禁欲状態に置かれた俺は、中学時代の恩師と不倫してしまった。
当時、先生は48歳。
女優の山下容莉枝さんに似た感じだった。
それまで50前後の女性は、おばさんでしかなかったが、先生は素敵だった。
先生とならセックスしたいと思った。
先生の喘ぐ顔が見たいと思った。

「奥さんが妊娠中じゃ彰伸君も辛いわねえ。こればっかりは、先生が代わりにってわけにはいかないしね」

「先生にご主人がいなければ、お願いしたいくらいですよ」

「何言ってるの、こんなおばちゃん」

「先生はボクの初恋の女性なんですよ」

それは嘘だったが、先生はとても喜んだ。
そして・・・。

「1回だけよ。いいこと、絶対に誰にも言っちゃダメよ」

こうして俺は中学時代の恩師とラブホに入った。

先生の体は若干線が崩れていたが、当時23歳の妻にはない艶やかさがあった。
ドドメ色のアソコを広げると、恥ずかしそうに顔を真っ赤にして可愛かった。
クンニしたら、「恥ずかしい、恥ずかしい」とよがった。
先生の吸い込むようなフェラは、時にジュルルといやらしい音を立てた。

先生は何も言わないので生で入れた。
真面目で慎み深い女性だと思っていた先生も、こうなると1匹の牝で、教え子の肉棒に浅ましく悶絶した。
いくらなんでも中に出すわけにはいかないので、最後は先生の胸に白濁液を撒いた。

「抱かれたの、半年ぶり・・・」

1回だけの約束はどこへやら、俺と先生は激しく求め合った。
淫情に狂った先生は、「彰伸君、中に、今日は先生の中に出してえ~」と、ついにご主人を裏切る背徳な懇願をした。
さすがに一瞬躊躇したが、たっぷりと先生の蜜壷に注入した。
ドドメ色のマンコから流れ出た教え子の精液を内股に伝わせながら、先生はヨロヨロと浴室へ消えた。
美貌の才媛だった先生は、不倫に疼くマンコを広げて教え子の子種を懇願する1匹の牝成り下がった。

今年、俺は41歳になった。
そして今年の3月、13年間続いた先生との不倫を、先生の定年退職をきっかけに清算した。
3月、60歳の先生と最後の逢瀬を楽しんだ。
使い込んだ恩師のマンコの感触を脳裏に刻み込みながら、腰を使った。
先生は最後の絶頂に身を捩った。

「長いこと付き合わせちゃったわね。これからは奥さんを大事にしなさい」

「先生も、ご主人とお幸せにお過ごし下さい」

ラブホを出て、駅前で別れた。
車を降りた先生はニコッと笑って、「元気でね」とだけ言ってドアを閉めた。
去っていく先生の後ろ姿をいつまでも見ていたが、先生は一度も振り返ることなく改札へ消えた。

昨日、仕事帰りに先生を見かけた。
ご主人らしい紳士と並んで歩いていた。
俺は慌ててコンビニに入った。
雑誌の向こうのガラス越しに、先生が通り過ぎようとしたとき、こっちを見て微笑んで手を上げた。
思わず「あっ」と声を出した俺を、隣で立ち読みしていた女子高生が不思議そうな顔で見ていた。
俺は心の中で、3月に言いそびれた『さよなら』を言った。