今29歳の嫁は、子供が1歳になる頃から腰痛を訴えだし、3歳を迎える頃には車の運転も辛いと言い出した。
そこで俺(34歳)は、学生時代の友人が最近始めた鍼灸院に嫁を連れて行った。

友人に、「なぜ、こんなになるまで連れて来なかった!」と言われるほど、嫁は酷い状態だった。

しかし友人のマッサージと針治療のおかげで、2ヶ月ほど通う頃には、ほとんど痛みもなく日常生活を送れるようになってきた。
料金も通常よりかなり安くしてくれている。

俺はお礼がてら、友人を飲みに誘った。

「嫁もだいぶ痛みもなくなったって言ってるし、本当に助かったよ」

「でも、もう少し通ってもらって完全に痛みを取った方がいいぞ。そうしないと年取ってから苦労するぞ!」

「わかったよ。しかし鍼灸師ってのはすごいんだなぁ!ついでに嫁の性欲も強くしてくれないかなぁ」

「嫁さんの性欲?」

「そう、あいつさぁ昔から性欲少ないみたいで、誘ってもほとんど断られるし・・・。そういうツボはないのか?性欲の強くなるツボ!」

「お前・・・女性というのは、そもそもホルモンバランスがだなぁ・・・」

「そういう難しい話はいいの。あるの?ないの?」

「速効性はないが、あるにはある」

「マジか!これからさぁ、腰痛の治療と一緒にそのツボも、なぁ頼むよ!」

「わかったけど、一つだけ言わせてくれ。セックスを拒まれるのは嫁さんの性欲だけの問題か?お前は嫁さんを喜ばせるために、努力しているのか?そのへんを少し考えた方がいいかもしれないぞ」

友人からの鋭い指摘に、俺は何も言い返せなかった。
そんなこと、考えたこともなかった。
確かに俺は嫁のことなど考えず、ただ自分が気持ち良くなることだけ考えて・・・。

友人との飲み会の後、俺はインターネットを使い、女性の身体のこと、生理周期や排卵日、一番セックスしたくなる時期、そしてセックスのテクニックについて調べまくった。
そして自分の今までのセックスがいかに幼稚で、いかに愚かだったかを思い知った。

友人との飲み会から2ヶ月近く経った頃、嫁の腰痛はすっかり良くなり、子供を抱いて歩き回れるほどに回復した。
そして鍼灸院への通院も完全に終わり、夫婦で友人にお礼を言い、その帰り道・・・。

「たまには若い頃に戻ってラブホテルにでも行ってみるか?」

いつもの嫁だったら、「いい年してバカじゃないの!」だったろう。
しかし、友人のツボによる性欲増強の効果なのか、嫁は・・・。

「・・・」

無言は肯定ととらえ、ラブホテルの入り口まで車で行った。

「本当に入るぞ」

「・・・うん」

ホテルの部屋に入り、シャワーを浴び、互いの身体を洗いあった。
そして俺は2ヶ月間、性について学んできた知識を実行すべく、嫁と裸でベッドの上に。
そこから俺は2時間以上、嫁と愛し合った。
嫁の頭を撫でながら、唇を優しく吸った。
耳元で「愛してる」と囁きながら、指で首筋をそっと撫で回す。
鎖骨のくぼみに舌を這わせながら、指で唇をなぞる。
脇の下を舌先で舐めながら下乳を弄り、焦らす。
そして、おっぱいの周りを乳首に触れぬように焦らし続けると、嫁が自ら俺の口に乳首を近づけて愛撫をねだってきた。

「ハァ・・・ウウウッー」

責めは下半身に移る。
足の指を順番にしゃぶりながら、くるぶしと膝の裏側を指先で弄る。
嫁の息遣いはだんだんと荒くなってきた。
アヌスを舐め、皮の上からクリトリスを弄った。

「ハァン・・・イヤ・・・ダメ・・・ダメ・・・ハァンーー」

乳首を両手で転がしながらクリトリスを下から舐めあげると、嫁はぴくっぴくっと身体を震わせた。
そして中指をヴァギナに挿入してGスポットを刺激すると、嫁は背中を反らせ、俺とのセックスで初めて潮を吹いた。
嫁自身もかなり驚いたようだ。

「えっ!何コレ、どうしよう、アッ・・・アッ・・・アッ・・・アッ・・・ウワァーーー!」

それからの嫁はすごかった。
ペニスを挿入して上壁を突き上げるたびにプシュプシュと潮を飛び散らせ、ヴァギナの奥のポルチオをペニスの先で刺激すると、「ウワァー・・・グッ・・・ガッ・・・ガッ・・・ガッ!」と痙攣しだした。
やがて俺も限界が近づき、子宮口にペニスをくっつけて大量に精子を注ぎこんだ。

その日から嫁は毎日のように求めてくるようになった。
このままでは俺が腰痛になり、友人の鍼灸院に通うことになりそうだ。