夜中にふと目が覚めた。
隣に寝てたお姉ちゃんがいない。
あたしは寝ぼけた目で部屋を見回した。
常夜灯にぼんやり浮かんだ姉の姿を見つけた。
姉は、ふすまの隙間から兄の部屋を覗いているようだった。

「お姉ちゃん、何見てるの?」

「しっ」

怖い顔で姉は口に指を立ててあたしを戒めた。
どうも兄の部屋で何かがあるようだった。

兄は受験生でいつも遅くまでお勉強をしていた。
だから、ふすまの隙間を通して、兄の部屋からは赤々と光が漏れていた。
あたしは姉が覗いているものを見たくって、そばに寄り、頭を割り込ませた。

「ちょ、ちょっと、だめだってば、みっちゃん」

姉は慌てて、あたしを隙間から遠ざけようとする。

「何よー」

こそこそ声で2人は争った。

「声を出さないで静かに」

「わかったから、見せて」

あたしは姉の許しを得て覗くことができた。
兄は勉強机に座って、手でなにやら揺さぶっている。
机の上には女の人の裸の写真の本が立っていた。
兄はそれを見ながら忙しく右手を動かしているのだ。

「何してんの?兄さん」

「みっちゃんにはまだ早い。知らなくっていいの」

中学生の姉は偉そうにそんなことを言い、あたしを引っ張った。

「ううーん、まだ見るの」

あたしはまた頭をふすまに近づけた。

「あ、おちんこを弄ってる・・・おっきい」

パンとあたしは姉に頭をはたかれた。

「いったーい」

「こっちに来なさい!」

「うあっ」

そのとき、大きな兄の呻きともつかないダミ声が聞こえた。
同時に白いものがびゃーっとおちんこから飛び出て、写真の女の人の胸の辺りに当たって垂れた。

「な、何?あれ」

「うわ~、出したよ兄貴・・・」

兄はというと、ティッシュを乱暴に何枚も引っ張り出しておちんこを拭って、写真の女の人も拭いていた。
そして大きなティッシュのボールが出来て、ゴミ缶に重い音を響かせた。

「ほら、こっちに来て」

姉にパジャマの袖を引っ張られてあたしは布団に引きずり込まれた。

「お姉ちゃん、兄さんは何してたん?」

お布団を被ってあたしは聞いた。

「そんなの言えないよ」

「兄さん、エッチな本を見てたね」

「アレをするときは、男はみんなエロ本を見るの」

「アレって何?」

「あれはアレ」

あたしは訳が分からなかった。
どうやら姉も兄も知っていて、あたしだけが知らないことみたいだった。
生理もまだ来ないあたしには何がなんだかわからないのも当然だった。

ただ姉からは、「このことは、兄貴にも、お父さんにもお母さんにも内緒だからね」と念を押された。

あたしは、なんだかとんでもない兄の秘密を知ってしまったようで怖くなった。
しばらくして眠気が襲ってきて、あたしは寝てしまった。
でも眠りは浅かった。
姉は寝られないらしく、何度も寝返りを打っていたようだった。

「はあ」

姉のため息が聞こえた。
そして、お布団の中でもぞもぞと動いている。

「お姉ちゃん、寝られへんの?」

「え?ううん・・・」

そう答えてから、ごそごそと起き出して、「ちょっと、おしっこ」とか言って出ていってしまった。
兄の部屋はもう真っ暗になっていた。

兄は、あれから大阪の大学に受かって、そのまま下宿するとかで家を出た。
姉はというと、今は吹奏楽の部活でほとんど家にいないし、帰ってきたらきたで、バタンキューと寝てしまう。
あたしも思春期という甘酸っぱい時を迎え、兄や姉のしていたことがおぼろげながら分かるようになった。
かくいうあたしも勉強に疲れたときにはしてしまう。
つくづく兄妹だなと思う。
おませな友達は、「健康な証拠よ。みんなしてるよ」と、あっけらかんと言ってくれた。
そしてあたしに色んな1人エッチの仕方を教えてくれた。