今から4年前のことです。
当時、僕は高校の1年で、休みの日は親戚の建設会社でバイトをしていました。
夏休みも毎日のようにバイトに精を出し、休み前の日は、家から離れた所にあるレンタルショップでアダルトDVDを借りていました。
借りるのは決まって熟女もののAVばかりで、(あぁ、こんなオバサンとやりてぇ~)と思いながら抜いてました。

そんなある日のことです。
バイトをしてる会社には近所のオバサンも働きに来ていたのですが、いつも他のオヤジたちからからかわれていた僕に、「なんね、タケちゃんはまだ女の人を知らんとねぇ」と言われてちょっとムカつき・・・。

「じゃあオバサンが教えてくれんね!」

と、言い返したのです。
しばらくして・・・。

「帰りに寄っていかんね」

僕は、(まさか!)と少し期待しました。
帰りにオバサンの家に行くと・・・。

「お疲れさん。何か理由をつけて、帰りが遅くなるって家に電話しときなさい」

言われるまま、家に電話をしました。
ちなみにオバサンは独り暮らしで、旦那さんとは離婚したそうです。

シャワーを浴びるように言われて浴びていると、オバサンも入ってきて身体を洗ってくれました。
僕より少し背が低いのですが、少しふっくらしていて、大きめのおっぱいがそんなに垂れていなかったのは意外でした。
洗ってくれている間、時々オバサンの白くて柔らかい肌が当たるのでチンポはギンギンになってしまいました。

(AVに出てくるようなオバサンが・・・)と思うだけで爆発しそうです。

そんな僕を見て最初は笑っていたオバサンでしたが、洗い終わった後、お風呂のイスに座る僕の前に回り、フェラしはじめてくれました。
ぬるっとした感じと一緒に、チュパというAVで見たようないやらしい音がします。
オバサンは自分でもアソコを弄っているように見えました。
僕は3分もしないうちにオバサンの口の中で爆発しました。
オバサンは全部飲んでくれて、「若いねぇ・・」と言ってチンポを眺めていますが、なかなか小さくなりません。

そんなチンポにオバサンも興奮してきたのか、お風呂から出て寝室のベッドに僕を寝かせると跨がってきました。

「今からタケちゃんを男にしてあげるからね」

そう言うと、ギンギンのチンポをマンコに入れて腰を振り出しました。
さっき咥えてもらったのとは違うヌルっとした感じがして、オバサンのマンコが僕のチンポを咥え込んで出し入れしている様子がよく見えます。

「気持ちいい?」

そう言いながらオバサンが腰を上下させるペースがだんだん速くなっていきます。
僕も無我夢中でオバサンの柔らかくて大きいおっぱいに手を伸ばしました。
オバサンも、「んっ」とか喘ぐような声が出て気持ちよさそうです。
さっき出した後なので今度は少しは長持ちしましたが、あえなく爆発。
オバサンの中で出してしまいました。

僕に倒れ込んできたオバサン。
汗ばんだ白い肌がぴたっと重なっていい気持ちです。

「タケちゃん、いっぱい出したね」

マンコから垂れてきた精子を拭きながらオバサンが笑います。

「まだできそうね」

チンポが柔らかくなる様子もなかったので、少し休んでからオバサンがまた僕のチンポを舐めてきました。
結局、その日は帰るまでに5回も出してしまいました。

それからは毎日のようにオバサンの家に寄ってセックスをするようになり、色々とオバサンに教えてもらいました。
4年経った今も週末は家には帰らず、オバサンの家でセックス三昧で過ごしています。